お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくってめくって
2006年 10月 31日 (火) 01:28 | 編集
二年前の二月に、母は出先で倒れました。
オシャレをして、いつもと違うバッグを持って出掛けていました。

私たち家族は、いつも母が持ち歩いていたバッグに
とっても用があったのですが
何故かそのバッグが見当たりません。
母が倒れた翌々日、“弟その一”と父と私とで
散々家捜ししたのですが見つかりません。

父は自分の趣味以外の全ての事を、母に任せていたので
お金の事も家の事も親戚の事も
何一つ分かりません。
身動きが取れません。
全ては母のいつものバッグに入っていました。

ちょっと探しても見つからないという事は
母が“念のために隠した”という事なので
ICUで横たわる母に聞いてみました。
倒れてすぐ(一週間くらい)は
意識があるのか、人の言う事が分かっているのか
確信が持てませんでしたが、他に方法がありません。

「いつもの茶色いバッグはどこにあるの」
「…………」
「伯母さんとお揃いのバッグよ。アレが無くて困ってるの。
 どこに隠したの?」
「…………」

起きているんだか、寝ているんだか
意識が無いのか、あるのか
さっぱり分からない様子の母でしたが
話し掛け続けると、左手をなにやら動かし始めました。

体の横に下ろしてある左手を
“あちらへどうぞー”
と案内でもするみたいに、斜め上に上げました。

「うん?上?左?」
「違う部屋?私の部屋かな」
「茶の間の左側の方角って事?」
「まさか二階に隠したのか」
“弟その一”と父と私は
母の枕元で、様々な推理を繰り広げました。

すると母は、目はつぶったまま
口元だけで半笑いのような表情を浮かべて
何度も何度も
“こちらへどうぞー”
を続けます。
どうやら私たちの推理は、全部間違っているようでした。
でも母は喋れないどころか、声も出せないので
これ以上は、どうしようもありません。

その日の夜も、家捜しは続行しましたが
やっぱり見つかりません。
仕方が無いので、母と意志の疎通ができるようになるまで
バッグの捜索は延期にしました。

三人で茶の間に戻り、コタツに入りました。
私もいつもの場所に足を突っ込むと
何かが足に当ります。

「…………???…… あったー!!!」

母はご丁寧にも、コタツの中にいつものバッグを隠していたのです。
“こちらへどうぞー”は
“コタツ布団をめくれ”
というジェスチャーだったのです。

「そうか、あれはコタツ布団をめくれって事だったのか…」
「なんでこんな所に隠すかな、おかしいよねあの人」
「ちょっと笑ってたもんな」
「コタツの一言がなんで言えないかなー」
「言えたらICUにいないから」

母が倒れて三日目くらいだったと思います。
私たち家族は、初めて笑いました。
ホントに人騒がせな母でした。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
アハハ!灯台下暗しってヤツですかい?
コタツの中かぁ!それまで誰もコタツ入らなかったのね。めくって、めくってね!
woolさんのセンスも好きだぁ~~!

ウチもハハが倒れた後、実家を留守にするので
空き巣並みに叔父と家捜ししました。
1人暮らしだった為、どこに何があるかより以前に
何が大事なものなのかもわからずに、苦労したよー。
2006/ 10/ 31 (火) 10: 18: 15 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
コタツとは!!
お母様お茶目すぎますっ\(^o^)/
つい私も手でお母様がした手話(腕話)を再現してしまいました。
「めくってめくって」
ですねっ♪
2006/ 10/ 31 (火) 13: 48: 02 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
うーん、私も思い出すな~
倒れて何ヶ月もたってからだけど、母がそういうこと言ったことあった。他のことはわからないのに、貯金通帳の仕舞ってある場所は細かく覚えてたことにびっくりしたよ。
woolさんのお母さん、すごく頭の中はしっかりしてたんだね。すごい。
2006/ 10/ 31 (火) 16: 00: 43 | URL | こうばこ蟹 # mQop/nM.[ 編集 ]
うちのばぁはねぇ 私に自分のへそくりの場所をコッソリ教えてくれたんだよ
で、預かっていてくれぇって
なぜかって言うと、自分が入院してるうちにじぃに見つけられたくないから。
コツコツと少ないお小遣いから貯めてきたお金だったのね
でも、凄いよねぇ ちゃんとそういうことは覚えているのだから。
任せられた私も困ったけどね(^^;)
誰にも言えないし、 だって信用して預けてくれたわけで。
結局 空に昇ってからじぃに渡したんだよ。
2006/ 10/ 31 (火) 16: 48: 51 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
>ゼリーさん
コタツには入ってたんだけど
なんでだか、その日まで気が付かなかったの。
きっと”弟の足だ”とか思ってたかも…v-388

ホント、意志の疎通が出来ないって苦労するよねー。
他の大事なモノも、何ヶ月も放置状態だったなー。

>woolさんのセンスも好きだぁ~~!

ありがとーe-266
でも変なのは、母ー!!!
2006/ 10/ 31 (火) 23: 42: 32 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ネコさん
>「めくってめくって」

そうなんです。
絶対に、誰も意味が分からないと思います。
あのジェスチャーはv-406

母は全く覚えていなんですよー。
その変なジェスチャーも、コタツの中に隠した事も。
2006/ 10/ 31 (火) 23: 45: 51 | URL | wool # -[ 編集 ]
>こうばこ蟹さん
>woolさんのお母さん、すごく頭の中はしっかりしてたんだね。

コタツの時はそうだったんですけど
それ以降、通帳の場所とかを筆談で聞いたりした時は
あんまりダメでしたね。

やっぱり手とか声とかって言うよりは
頭の中自体が不安定だったのかな。
2006/ 10/ 31 (火) 23: 53: 32 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ウルルさん
おおー!
やっぱりそうなんですね。
ヘソクリは娘に託すんですね。

うちの母はヘソクリは無かったんですけど
お見舞いに来た親戚は言っていましたね。
「今のうちに教えておかなきゃ」って。
でもそこは息子三人なので、誰にしようか迷ってました…
2006/ 10/ 31 (火) 23: 56: 27 | URL | wool # -[ 編集 ]
こたつの中でしたか~。それまで誰も入らなかったのですね^^
うちも倒れて意識は全くなしだったので、保険証(妻も働いていたので別々だった)、診察券、手帳(持病の記録を書いていたのは知っていた)とかは探すと、バッグの中に入ってましたね。着替えとかはだいたいわかったのですが、うちの蓄えとしていた妻名義のキャッシュカード、通帳はホントに困りました。
2006/ 11/ 02 (木) 23: 07: 20 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
キャッシュカードは困りましたね。
カードが出てきても、暗証番号が分からなくて…
父は通帳と印鑑でなんとかしたようでした。
印鑑がどれか分からないものは、もう放置でしたね。

今でも、どうしていたら一番良かったのか
困らなかったのかは良く分かりませんv-16

2006/ 11/ 03 (金) 02: 15: 55 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。