お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大江戸捜査網 その3(完結編)
2006年 09月 25日 (月) 00:08 | 編集
弟が病室に入って来た瞬間
ベッドの背を起こして座っていた母は、キョトンとしていました。
でも弟がベッドの足元を回って、母の側にやって来た時には
もう顔がくしゃくしゃでした。

母はほどんど声を出せなかったので
顔だけで泣いていました。
弟も泣いていました。

「ゴメン。本当にゴメン」
弟は何度もこの言葉を口にしました。
何度も何度も。
本当にそれしか言いませんでした。

母はその度に、もっと顔をくしゃくしゃにしました。
そして、動く左手で掴んだ弟の手を、グイグイ引き寄せます。
弟も床にひざまずき、両手で母の左手を取ったまま
ぼろぼろ涙をこぼします。
俯いて、自分の袖で涙を拭くのですが
またすぐに
「ゴメン」
と言って泣きます。
そんな“息子その二”の顔を見て、母もまた泣きます。

母が倒れてから二週間が経っていました。
母と弟は三十分近く泣き止みませんでした。



“弟その一”のお嫁さんが、軟式テニス部のHPの掲示板に書き込むと
次の日に
「“弟その二”さんと、割と頻繁に会っていそうな人を知っているので
 その人に伝えておきます」
と書き込みがあったそうです。
そしてその二日後くらいに、実家に“弟その二”から電話が来たのです。

“弟その二“から電話があった、ちょうどその日。
「今週末までに“弟その二”が見つからなかったら、私が捜索願いを出すからね」
と私は父に宣言していました。
まさか本当に“弟その二”が見つかるとは思いませんでした。
前の年に、母があんなに探したのに。

何ヶ月も後になって、母から『弟その二、手がかり資料』の在りかを聞き出す事ができました。
小学校の卒業文集から年賀状から大学の資料まで
ありとあらゆる書類が、一つの箱に入っていました。
母が“弟その二”のアパートに置いて来たものの
結局読まれること無く、母が自分で回収して来た手紙二通もありました。

その手紙を読んで、物置部屋で私は一人で泣きました。
母親の息子を思う気持ちは、並大抵ではありません。
“母の愛は日本海溝よりも深い”
本当です。


「私も帰るつもりだから、あんたも帰ってきて。
 お父さんが嫌なら、一緒に住まなくてもいいから」

母の病室を出てから、
“弟その二”の涙が乾かぬ内に、と私は捲くし立てたのすが

「お父さんが生きてる限りイヤだ」
「もしお父さんが寝たきりでも、喋れたらイヤだ」
「近くで同じ空気を吸っていると思うだけでイヤだ」

盛大に泣いた“弟その二”ですが
目を真っ赤に腫らしていても、そこだけは譲れないとの事でした。
さすが何年も“音信不通野郎”になっただけの事はあります。
姉の負けでした。

”弟その二゛は軟式ではなく硬式テニス部だったそうです。
書き込んだのは軟式テニス部のHPだったのに
見つかって本当にラッキーでした。
(硬式テニス部はHPがありませんでした)


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
読んで思わず泣いてしまいました(ToT)
弟さん見つかって本当に良かった。
お母様も逢えて嬉しかったでしょうね。

>母親の息子を思う気持ちは、並大抵ではありません。
>“母の愛は日本海溝よりも深い”
woolさんのことも同じようにお母様は愛してるのでしょうね。(*^_^*)
母親はどんな偉人さんよりも偉大ですね。

woolさんのページを私のところにリンクさせていただいても良いでしょうか?(^^)
よろしくお願いします。
2006/ 09/ 25 (月) 11: 31: 40 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
家を出るからには、それなりの理由があるんですよね
本人にしか解らない、理解できない理由が・・・
でも、その反面いつも心のどこかには、その影で泣いている自分も居る。
複雑ですよね。
だけど、会えて本当に良かったです
2006/ 09/ 25 (月) 14: 19: 10 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
>ネコさん
ありがとうございます。泣いて頂いて…v-409

ホントに母親って偉大です。
っていうか
「それほどまでに愛せる対象がいるという事は
 それほどまでに幸せである」
って事でもあると思うのです。
私はもう99%母親になることは無いと思うので
ちょっぴり残念です。

私もネコさんのブログをリンクさせて頂きます!
これからもどうぞよろしくお願い致しますe-266
2006/ 09/ 25 (月) 20: 10: 23 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ウルルさん
そうですね。
誰も、好きで家族を嫌いになったり
縁を切ったり、行方不明になったりはしないですよね。
そんな事をしてしまって、毎日平安に暮らせるわけが
ないと思いますもの。

なまじ、気持ちも分かるだけに
姉は複雑ですv-390
2006/ 09/ 25 (月) 20: 16: 40 | URL | wool # -[ 編集 ]
ヨカッタァ・・。
とにかく・・元気でどこかでちゃんと生きていてさえいれば・・。
そう思えるためにも・・所在だけはしっかり知っていたいのですよね。
これからは、弟さんも・・どこにいるかは教えておいてくれますね。
それにしても・・いろいろ、いろいろありますね。
woolさん姉さんも、いいオネエちゃんなんでしょね。
弟か・・生きてて欲しかったなぁ・・。ナンテ思ってしまいました。
2006/ 09/ 25 (月) 23: 57: 02 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
親子って複雑ですよね。考えさせられますね。
母親の息子への愛情ってすごいですよね。
woolさんちの場合お父さんが複雑に絡んでるんですね。
弟さんの決意が固いのもすごいと思う。私だったら父親に対して確執があっても母親を見たら負けちゃうだろうな・・・
でも探し出したwoolさんにこそ拍手です。
本当にみつかってよかったね。

・・・それで、 このあとどうなるの?v-17
2006/ 09/ 26 (火) 15: 27: 25 | URL | こうばこ蟹 # mQop/nM.[ 編集 ]
す、すごい!
なまじテレビのドラマ見るよりも、ハラハラドキドキしちゃったよ~~!

woolさん、入院中のお母様に最高のプレゼントしたんじゃない?
弟その2さんも、お母様のこと、気になっていたんだろうなぁ・・。

いやー、すごいすごい。

で、この後・・?v-17(笑)
2006/ 09/ 27 (水) 15: 55: 37 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
弟その二さんもお母さんを思う気持ちはあったわけですね。お父様との問題、確執のようですね。。。
でも、お父様のお話を伺った(コメントなどで)限りでは、わかるような気もします。もし実の父が義父のようだったら、私も家には寄りつかないでしょう。
2006/ 09/ 27 (水) 23: 02: 54 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>久美子。さん
ハッv-405
そうだったですね。
久美子。さんの弟さんは小さい頃に亡くなったんでしたね。

昔から機能不全的家族なもので、兄弟がいるという事に
幸せを感じた事は、実は一度も無いのですが
じゃあ居なくなってもいいかと言うと、やっぱりそんな事は無くて…
母や父が喜ぶのなら、となんとか連絡を絶やさないように
努力中ですv-393


2006/ 09/ 27 (水) 23: 35: 40 | URL | wool # -[ 編集 ]
>こうばこ蟹さん
父は飛び抜けて普通では無いので、皆逃げ出してしまいます。
もちろん子供は三人とも。
母も逃げたかったのかも知れませんが…

探し出せるとは思っていませんでした。
ホントにラッキーでした。

こ…この後?
ど…どうなったっけv-404
2006/ 09/ 27 (水) 23: 44: 45 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ゼリーさん
自分では、特に何とも思わなかったのですが
友人に弟その二の経緯を話すと、やはり
「スゴーイ!!!」
と言われました。その当時。

「事実は小説より奇なり」です。
自分の身にこんな事が起こるなんてねv-388

えっ?
ゼリさんも、その後?
えーっと、どうしようかなv-404

2006/ 09/ 27 (水) 23: 49: 00 | URL | wool # -[ 編集 ]
>タケノコさん
宇宙人には近寄らないのが利口です。
”弟その一”はうまく逃げました。
長男なのに…

あぁータケノコさんのお義父さまも大変ですねー。
お察しします。


2006/ 09/ 27 (水) 23: 56: 27 | URL | wool # -[ 編集 ]
(T-T) ウルウル
ドラマみたいな、本当の話なんですよね・・

ほんと、弟さん見つかってよかった。お母様も安心したでしょうね・・

言葉じゃなく、気持ちでいろんな想いが、伝わったのですね・・すごい。


woolさん、お父様どんな方なのかな・・

たーちゃんも、父のこと、大嫌いだったけど、今は普通に話せるようになりました。
何か、きっかけがあればいいな。

2006/ 09/ 30 (土) 05: 33: 22 | URL | たーちゃん # -[ 編集 ]
>たーちゃんさん
母は今でも
「よく見つかったねー」
と思い出したように言いますよー。
救急病院での事はほとんど覚えていないのですが
弟そのニが泣いていたのだけは
覚えているようです。

父は…
なんとも言えません。
やはり宇宙人としか…
私ができないものを、弟たちに「ヤレ」と言う事はできないので
まず自分からですね…v-393
2006/ 10/ 01 (日) 22: 13: 56 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。