お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大江戸捜査網 その2
2006年 09月 19日 (火) 21:21 | 編集
実家に戻った次の日から
私は“弟そのニ”の捜索を始めました。

<アパートの大家さん>
「去年お母さんにも言ったけど、半年も一年も見かけないからねぇ」

<以前のアパートの大家さんの奥さん>
「“弟その二”さんいなくなっちゃったの?まあ大変。どこに行っちゃったんでしょうね…」
前の大家さんは高齢で、“弟その二”の事を覚えていませんでした。

このお二人は母のアドレス帳にあったので、比較的早い時期に連絡が取れました。
母の手術があったりして、ここまでで母が倒れてから
一週間が経っていました。

ここから先は、電話をかける相手すら見つかりませんでした。
“弟その二”と、私と“弟その一”は年が離れていて
元々連絡を取り合うような仲ではありませんでした。
私にしても“弟その一”にしても、友人一人の名前も知りません。

実家の“弟その二”の部屋を捜索しても
昔の年賀状も、中学高校の生徒名簿も卒業アルバムも見当たりません。
それどころか、数年前まで在籍していた
大学の資料さえ、どこにもありません。
でも、無いはずはないのです。
母が去年、自分で“弟その二”を探したはずなのですから。
『弟その二、手がかり資料』として
母がきっと、どこかにまとめて仕舞っているはずなのです。

でも母は声が出ません。
筆談をしようにも、こちらの言う事が分かっているのかもハッキリしません。

『弟その二、手がかり資料』の捜索を諦めて
私は弟が在籍していた大学に電話をかけました。
以前母から
「“弟その二”は大学のテニス部に入っていて
 大学を辞めてからも、その人達とは交流がある」
と聞いた覚えがありました。

<学生課その一>
「学生さんの情報は、お教えできません」
「退学された方の情報は残っていません」

女の人がテキパキと応対してくれました。
家族だと言っているのに、母が倒れて緊急事態だと言っているのに
相手は全く動じません。
情報を外部に教えられなくても、数年前のテニス部の関係者に事情を話して
私に連絡をくれるようにお願いしても

「そういう事はできないことになっています」

さすがです。
大勢の大事な学生さんを預かる身としては、こうでなくてはいけません。

“やっぱり捜索願いしか無いかも”
“でも父は未だに首を縦に振らない”
“こうなったら、姉として私が警察に行くしかないか”

二三日悶々として
私はもう一度、大学に電話をかけました。
また同じ女の人が出たら速攻電話を切るつもりでした。
そして、すぐに最寄の警察署に駆け込むつもりでした。

<学生課そのニ>
「それは大変だ。でも昔のテニス部の名簿はもうないんですよ…」
「でも現在のテニス部の部長と副部長の携帯の番号なら、教えてあげられますよ」

今度電話に出たのは、年配の男の人で
硬式と軟式テニス部の部長と副部長さん、計四名の携帯番号を教えてくれました。
私は“弟その二”が硬式なのか軟式だったのかさえも知りませんでした。。

「弟さん見つかるといいねえ。お母さんが可哀相だもんねえ」

<現役学生四人>
男女四人の現テニス部の学生さん達に連絡し、事情を話しました。
“OBの方を知らないか”
“OBと交流のある人を知らないか”
“何でもいいので、手掛りがあったら教えて欲しい”

「何か分かったらすぐに連絡します」
「私はOBに知り合いはいないけど、知ってそうな人もいるので聞いてみます」
「ちょっと分かりません」
「部員に聞いてみます」

みんな良い若者でした。
情報は持っていなかったけど、いきなりの見知らぬ女の話を
真剣に聞いてくれました。
アホな姉も兄も父も、“弟その二”が所属していた学部と専攻さえも
正確には知りませんでした。
私には、もう切り札はありませんでした。

「軟式テニス部のHPがあって、そこは現役の学生よりもOBの出没率の方が高いらしいです。
 掲示板に書き込んでみてはどうでしょうか?」

少し経っても、進展は無く
やはり捜索願いかと、変な興奮でドキドキし始めた頃
四人の学生の内の一人の女の子が、電話をくれました。

私はネット環境が無かったので
東京にいる“弟その一”のお嫁さんに速攻で電話をし
HPを探して掲示板に書き込んでくれるように、お願いしました。

それから三日程経った日の夜の九時半。
実家の電話が鳴りました。
「もしもし俺。母さんどうしたの」

***

ごめんなさいー。長いですー。でも次で終わりますー。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
またまた引っ張る~~~
woolさん、いいところで切るのがウマイ~~

で、本人が電話してきたの???掲示板みて?

うーん・・・

あ、私は急かしてなんかないからね~~( ▽|||)
2006/ 09/ 19 (火) 22: 29: 20 | URL | こうばこ蟹 # mQop/nM.[ 編集 ]
オッー
弟さん、電話くれたんだー

良かった!

それにしても、ガンバったネ、woolさん。

最終回、楽しみにしてます (^^)
2006/ 09/ 20 (水) 01: 14: 31 | URL | カズP # -[ 編集 ]
宗方woolのウラでは
名探偵woolだったのか!

んーっ!もうっ!
woolさん、うますぎる~~っ!



2006/ 09/ 20 (水) 01: 39: 01 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
あ~よかった・・。
連絡あったのね。
ネットって凄いものなんですねぇ・・。
で・・・?
2006/ 09/ 20 (水) 09: 52: 44 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>みなさまへ
つっ…次も、私としましては
速攻(当社比)でアップする予定ですので
しばしお待ちを…v-404
2006/ 09/ 20 (水) 23: 38: 28 | URL | wool # -[ 編集 ]
お~~~~~~~~~~~~!!!!!!!

その時電話がなった!!! そして、woolさんは!???

次号 お楽しみに!   じゃないですぅう
早く聞きたいですぅう
2006/ 09/ 21 (木) 00: 03: 21 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
i-84 チラッi-203

ここでカズPさんがお元気なのがわかるのもうれしいかもi-229
2006/ 09/ 21 (木) 14: 34: 33 | URL | こうばこ蟹 # mQop/nM.[ 編集 ]
ドモッ、
元気してます^^;^^;^^;
2006/ 09/ 21 (木) 22: 03: 29 | URL | カズP # -[ 編集 ]
すごい・・
woolさん・・ドラマみたいな、本当の話ですものね。
(T-T )( T-T)ウルウル

大変だったでしょう・・

でも、冷静に、弟さんの手がかりをつかんでいくところが、お姉さんだな。と、思いました。
2006/ 09/ 21 (木) 22: 16: 52 | URL | たーちゃん # -[ 編集 ]
すごく文章が面白くて
一気にこれまでの内容を読ませてもらいました(^^)

弟さんのこの後がとても気になります。
更新を楽しみに待っていまーす♪
2006/ 09/ 22 (金) 16: 11: 52 | URL | ネコ # -[ 編集 ]
捜査網1~2読ませて頂きました。
そうか年が離れているせいもありましたか。

いいとこでCMに入っちゃう番組みたいだ~。
引っ張ってますね^^)

2006/ 09/ 23 (土) 13: 55: 23 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>またまた、みなさまへ
ウルルさん、こうばこ蟹さん、カズPさん
たーちゃんさん、タケノコさん

はぁはぁ…
なんとかアップしました…
お待たせしました…v-399


ネコさん

ようこそいらっしゃいましたe-266
全部読んで頂いたんですか!?
ビックリです。
ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

2006/ 09/ 25 (月) 00: 17: 10 | URL | wool # -[ 編集 ]
昔1割負担だった医療費。今は3割です。40歳からの介護保険料、小額でもバカになりません。保険料を払わされ、医療やサービスを受ければさらなる実費。あなたの年齢では、老後に年金がいくらもらえるでしょう。年金保険料を払えど払えど、不安はつのるばかり。こんな社会保障、どうかんがえたっておかしいですよ。すべての言い訳は、財政難。しかし本当に財政難でしょうか?皇族1人あたり870億円の維持費が、毎年かかっているのです。23人で2兆円。この国は財政難なんかではないですよ。使い道が間違っているのです。同じ人間なのに、おかしいですよね。レベルゼロの視点で、これからの国のあり方を問いませんか?福祉国家にするために。
【たろと蜂の巣】http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
2006/ 10/ 02 (月) 12: 14: 22 | URL | 蜂の巣 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。