お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またね その2(ひとまず終了)
2006年 08月 30日 (水) 10:43 | 編集
私が病院を出る時間になりました。

「ほんとうに、ほんとうに、忘れものはないの?」
「あったら送って」
「ムリ!」

いつものように軽口を叩きながら、いつものように慌ただしく帰り支度をしました。
しめっぽいのはキライです。

荷物を抱えて、ベッドに座る母の前に立って
「じゃね!」
と言うと、母はとたんに変な顔になりました。
「また明日!」
とは、私ももう言えません。
しめっぽいのはキライなのに、自分がしめっぽくなりそうだったので
私は手を振りながら、思い切って母から離れました。
病室を出る時に振り返ると
母はこちらを見ていませんでした。
動く左手で、口を押さえて俯いていました。

いつもは夕食の準備で、割と慌ただしいはずの廊下に
不思議なことに、その日は誰もいませんでした。
長い病棟の廊下を、突き当たりまで歩いて
エレベーターに乗って外に出るまで、私は誰にも会いませんでした。
泣いている顔を見られなくて済むように
神様が配慮してくれたのかもしれません。

病院から駅まで自転車で十分程度。
電車で通い始めてから四ヶ月。
毎朝毎夕通った道ですが、もう通る事はないと思いました。
夕方五時を過ぎると無人駅になる、小さな駅にも
もう降り立つことはないでしょう。
二ヶ月前にゲットした、白くて働き者の可愛い自転車は
小さな駅の、駐輪場に置いてきました。
もちろんカギは外して。

“また誰かに拾ってもらえるといいね。お疲れさま、ありがとう”


翌日、私はお昼前の便に乗るために空港にいました。
七ヶ月の間に実家に溜まった私の荷物は、宅配便で送ってあったので
私はとても軽装でした。
長袖の黒Tシャツにジーンズにスニーカー。
ヒップバッグにリュック一つ。

お盆を避けた少し遅い里帰りから、一人戻る女に見えたかもしれません。
誰も私を、母の看病のため七ヶ月間実家に帰っていたとは思わないでしょう。
昨日までと今日からとで、全く生活が変わってしまうんだ、という事も分からないでしょう。
とても不思議な気がしました。

人は外から見ただけでは、全く分からないものだわ。
あそこで涼しい顔をしているお兄さんは
実はものすごい過去の持ち主かも知れない。
あのおばさんだって、実はこれから不倫相手に会いに行くのかも知れない。
向かいの美人さんなんて、自己破産した事があるかも…

アホなことを考えながら
空港ビル内のファミリーレストランで、たらこスパゲッティを食べ
そして母にメールを送りました。

“毎朝必ず電話してね。足プクプク(足のマッサージ器)とPTまでの間に”
“食堂まで、絶対に自分で車椅子をこいじゃダメ”
“吉岡さんか清水さんが通りかかって押してくれるまで、廊下に出て待っていなさい”

など、最後の最後の念押しです。
私はしつこいのでした。

返信は

『ながいあいだありがとう』

でした。

まだまだ平仮名&ワンセンテンスが精一杯の母でしたが
気持ちはバッチリ伝わりました。

二年前の九月の初旬でした。
真冬の二月に、弟その1と一言も言葉を交わさず、身動きもせずに座っていた
一時間半のフライトから、丸七ヶ月が経っていました。
この度の私は、淋しさとちょっぴり幸せな気持ちが半分半分で、飛行機に乗りました。


この後、母のメールテクは大幅にアップするのですが
そのお話は、またの機会に。
(実は、私が上達させたんじゃないのが、少々クヤシイのですよ!!!)


* **


今回で、七ヶ月間にわたる「母と娘の脳卒中リハビリ日記」は、ひとまず終わります。
読んで下さった皆さま、本当にありがとうございました。

書き上げられるとは思わなかったし、書き上げなくてはと思ったら
きっと始められなかったと思います。
“読んで下さっている人がいる”という思いが
この上無くズボラな私を、なんとかPCに向かわせてくれました。
感謝しています。

これからは、流れの中では書ききれなかった出来事や気持ち。
母が倒れた事によって起こった、良いこと悪いこと。
こうなって初めて分かった、自分や周りの人のこと。
もちろん「へんな母」のことも書いていこうと思います。
これからも、どうぞヨロシクお願いいたします。

そして近い将来、母の側に帰り
「母と娘のちょっと変な毎日」というタイトルのブログを、ぜひ書きたいと思います。
出来るだけ早く実現させたいと、日々邁進しておりますので
その日まで、お付き合い頂ければ嬉しいです。

それにしても、このブログのタイトルどうしよう…


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
お母さんの病院を出る気持ち、
駅のホームの気持ち、
空港での気持ち(なぜか)、
もう、ホントにホントにホントによ~~~くわかります。
思い出すと
ほんのり泣けてきちゃうね。
ウチもリハ病院が遠くて、頻繁に行けなかったので
毎回そんな感じで帰って来ていました。
新幹線のホームで、妄想してたよ、私も(笑)

リハビリ記録、お疲れ様でした。
宗方wool、肩組んで、歌、歌おうね!

外伝も楽しみにしてるね!
もちろん「ヘンな毎日」も(笑)

2006/ 08/ 30 (水) 11: 43: 43 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
woolさんにご苦労様といいたい。。。
お母さんもずっと一緒にいられた事は、
嬉しかったのじゃないでしょうか。

私も入院期間は、家族の違った面を
見た気がしますし、
濃い時間を過ごした気がします。

今はしょっちゅう喧嘩する家族でも
入院中してもらっていた事は
忘れないと思います。。。

きっとお母さんもそうですよ。
2006/ 08/ 30 (水) 12: 59: 36 | URL | yun # -[ 編集 ]
人生の中で この7ヶ月間は とっても長いようで、短い、
そして一番大変だったけど、とても大事な時間だったね
読みながら 目頭がジーーーンと痛くなってきちゃった

『ながいあいだありがとう』

この言葉の中に、本当に切ないほどのお母さんの気持ちが込められているね

woolさんも お母さんも そしてそれを見守る家族のみんなも
ほんとによく頑張ったよ  
ここからはまた 新たな人生の始まりなんだねぇ
2006/ 08/ 30 (水) 17: 23: 13 | URL | ウルル # -[ 編集 ]
もちろんお付き合いしますよぉ!
これからももっと楽しみです。
リハビリ日記お疲れ様でした。
私たちからも、ながいあいだありがとう
ですね
2006/ 08/ 30 (水) 22: 18: 01 | URL | こうばこ蟹 # 2Ck1dPOk[ 編集 ]
>ゼリーさん
書きながら思い出して、じんわりきてました…
二年前は毎日がいっぱいいっぱいだったなーって。
もう出来ないなーなんて。
でもきっと、また何かあれはやっちゃうんだろうな…

ゼリーさんも妄想したんですね!
しますよねー、普通。
よかった。私だけじゃないのね。

自分が”宗方コーチ”だとは、夢にも思っていませんでした。
ホント、自分でも知らない事って沢山あるんだなって思いました。

これからも、どうぞヨロシクーv-238
2006/ 08/ 31 (木) 00: 50: 27 | URL | wool # -[ 編集 ]
>yunさん
yunさん、ありがとう。

そうか。
病気になった当事者も、家族の違う面を見ているわけですよね。
そうですよね。お互いにとって非常事態ですものね。

本当に私も濃い時間を過ごしました。
もう経験したくは無いけど、すごく大切な思い出です。

yunさんには、これからもまだまだお聞きしたい事が
山ほどあります。
これからも、ヨロシクお願いいたします。
2006/ 08/ 31 (木) 00: 57: 23 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ウルルさん
はい。
悲しかったけど、大変だったけど、とても貴重で大事な経験でした。

私にとっての「グラウンドゼロ」です。
コレ以前とコレ以後では、全身の細胞が入れ替わっているんじゃ
ないかって気がするくらい。

これからも、書き続けたいと思っていますので
ウルルさん、どうぞよろしくお願いいたします。
2006/ 08/ 31 (木) 01: 06: 08 | URL | wool # -[ 編集 ]
>こうばこ蟹さん
ありがとうございます、こうばこ蟹さん。

とりあえず終わってしまったものの
次にどこから始めればいいのか、迷っています。
痛い事とか、嫌な事とか…
いや、そうじゃなくて、楽しい事から書き始めようとか…
自分でも、ちょっと楽しみです。

末永くヨロシクお願いいたしますー。
2006/ 08/ 31 (木) 01: 11: 28 | URL | wool # -[ 編集 ]
そして今ですね!
なんだか、私も・・いろんなこと思い出して神妙になってしまいました。
woolさんのお母さん、そしてwoolさん・・頑張ってきたなぁっ~。
それが・・今に繋がってるのですネェ。
去年の今頃は・・能天気に母に家事を任せて仕事に明け暮れてた私。
来年の今頃は・・どうしてるかなぁ?介護生活一年生で、少しは余裕よ!なんて言えてるかなぁ・・。
woolさんの今を未来の励みに・・私もガンバロっと。
今度はwoolさん自身の話も・・読めるかなぁ。楽しみ楽しみ☆
2006/ 08/ 31 (木) 15: 06: 15 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
woolさん、こんばんは。
「母と娘の脳卒中リハビリ日記」長い間お疲れ様でした。
また新たに書き始めるのですね、楽しみにしていますよ~。
2006/ 08/ 31 (木) 21: 59: 09 | URL | camel-1952 # -[ 編集 ]
>久美子。さん
一年前とか二年前とか、考え始めると
しんみりしちゃいますよねー。
時々はいいかなって、自分で思っています。

私の話は…あるかな?無いかな?
ドキドキ。

これからもどうぞヨロシクー。
2006/ 09/ 01 (金) 00: 21: 41 | URL | wool # -[ 編集 ]
>camel-1952さん
camel-1952さん、こんばんはー。

はい。
書こうと思います。
母以外の家族の話とか、当時の私の話とか。
考えた事とか、そこから生まれた夢とか。

これからも、よろしくお願いいたします。
2006/ 09/ 01 (金) 00: 27: 03 | URL | wool # -[ 編集 ]
woolさんのブログを見つけ、拝見してまいりましたが、いよいよラストですね。
当初とは比べものにならない位のお母様の回復振ぶりとwoolさんの奮闘振りが伺えました。ケータイのメールもできるんですか。
あっ、タイトル、そうですね。。。。
2006/ 09/ 02 (土) 23: 00: 17 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
長い間お付き合い頂きまして、ありがとうございました。
本当に書き上げられるとは思っていませんでした。

母はケイタイメールもPCメールも、なんとかできるのですが
一週間も使わないとあやしくなります。
その度に、私に怒られています。可哀相に…

そうなんです。
タイトルどうしましょう。考え中です。
せっかく馴染んだのにすっかり変えるのも惜しくて…

まだまだ続けるつもりですので
これからも、ぜひぜひよろしくお願い致します。
2006/ 09/ 03 (日) 16: 52: 33 | URL | wool # -[ 編集 ]
介護日記、お疲れ様でした。

って、私の方は穴だらけの日誌。
これが全然埋まりませんで…
はずかしい。。。

その後の日記も楽しみにしてますヨ
んー、タイトル、私も気になるなー。
(変えようかとチョット思ってるもんで)
2006/ 09/ 07 (木) 11: 19: 12 | URL | カズP # H6hNXAII[ 編集 ]
>カズPさん
タイトル、なんとか決めました。
全然思いつかないので、もういいやと…

介護日記、なんとか書き上げられてホッとしています。
とりあえず終わらせないと、次に進めない気がして。
これも皆様のおかげです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2006/ 09/ 08 (金) 00: 17: 20 | URL | wool # -[ 編集 ]
ごめんなさい・・ドラマのようなお話で、でも、本当のことで・・お母様もwoolさんがいてくれたから、頑張って、治そうと思ったのでしょうね!!

娘って、いいですね!!

うまくいえないのですが・・

ほんとうに、お母様の、メールにウルウルです。


2006/ 09/ 08 (金) 23: 27: 43 | URL | たーちゃん # -[ 編集 ]
>たーちゃんさん
ドラマみたいですか?

でも最初「母は倒れた」と聞いたときは
確かに「ウソでしょ?ドラマでは良く見るけど」
と思いましたねー。

「事実は小説より奇なり」は本当です!!!
2006/ 09/ 09 (土) 20: 41: 31 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。