お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またね その1
2006年 08月 25日 (金) 23:30 | 編集
私が実家を引き上げる前の日。
いつもは病院に行かない土曜日でしたが、
今日で最後なので、私は朝から病院へ来ていました。
午後、母に三人連れのお客様がありました。

「あなたはどこかへ行っていなさい」
私は病室を追い出されました。
「色々お話があるのよ」
なんて言われて。

私は買ってきたお昼をまだ食べていなかったので
食事の時間が終わって、誰もいない食堂で一人
大画面テレビを見ながら、サンドイッチを食べました。

“追い出されちゃった”
“大丈夫なのかしら”
“ずっと座りっぱなしだと足が痛くなるのに”
“途中でちゃんとお茶飲むんでしょうね”
アンニュイなテレビドラマの内容は、全く私の頭には入って来ませんでした。

「明日帰られるんですよね」
「ふがっ!?」
今日はお休みのはずの、PTの先生(25歳男性)にいきなり話しかけられました。
「長い間ごくろうさまでした。向こうに帰られてもお元気で」

普段とても無口で、リハビリ中も人見知りをする母の方が
沢山しゃべっている位のPTの先生に、そんな事を言われて
驚いたのと有り難いのとお礼を言いたいので
私は立ち上がって、口をサンドイッチでモゴモゴさせながら
何度も頭を下げました。

もう昨日までに病院スタッフの皆さんには、ご挨拶は済ませてあったのですが
私の姿を見かけて、わざわざ話しかけてくれたのでした。
「あと二ヶ月間、ヨロシクお願いします」
私が言うと、PTの先生はちょっとニッコリしてくれました。

私は一時間も食堂にいたでしょうか。
母のお客様が帰って行かれました。
母はいったいどうなっているのかしら、と病室を覗くと
ちゃんとベッドに寝ていました。
「途中で疲れたから、寝て話していたの」

母はちゃんと自分からお客様に断わって、体勢を変えていました。
お茶も飲んだそうでした。
「ハイ」
と私に、貰ったお見舞いを渡します。

個室に移ってから一ヶ月半。
私はもうほとんど、母に何かをしてあげることはありませんでした。
全て母は自分で出来るようになってました。
長い間の私の一番の仕事だったトイレは、見守りだけになりましたし
私が病室にいれば、母は勝手に病室内を杖で歩く練習をしていました。

この一ヶ月半の間、私が母の病室でしていたことは
毎日桃を一個剥いてあげることと
お茶を入れてあげることくらいでした。
それと、アテネオリンピックを一緒に見ること。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
感慨深いですね・・・
アテネオリンピックの頃だったんだぁ・・・
お母さん、本当によく回復されましたね。
woolさんの見守り方も実感こもってて、読んでいると自分のことも思い出せます。私もそんな心境だったなーって。

woolさんとお母さんの別れが近づくとドキドキしてきます。
でもどんななのか読んでみたい・・・
2006/ 08/ 26 (土) 13: 29: 28 | URL | こうばこ蟹 # -[ 編集 ]
ほんとに。。。ここまでよく頑張ってきたよね

PTさんの言葉にも 重みがあるよ
2006/ 08/ 26 (土) 18: 23: 56 | URL | ウルル # -[ 編集 ]
ずっと読ませて頂きましたが、ホントに個室に移られて、ここまで良くなられて。。。うちの妻も水頭症の再発等がなければ、もっとリハビリも早期からきちんとできて、回復も早かったのではと思われてなりません。
いよいよ入院生活のお話も終わりが近づいてきましたね。
2006/ 08/ 26 (土) 21: 57: 52 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>こうばこ蟹さん
そうなんです♪
あの、アテネオリンピックの夏でしたv-411

「勝ったね!」
「金取ったね!」
と言うのが、毎朝の挨拶でした。
あの夏、日本勢が大活躍してくれて、本当によかった。
母も私もとっても勇気付けられました。

ドキドキしてくれてありがとうございますー。
私もなんだかドキドキします。
えー多分あと一回で、リハビリ日記は終わる予定です。

それから今更なのですが
こうばこ蟹さんのHPをリンクさせて頂きました。
これからもどうぞよろしくお願い致しますー。
2006/ 08/ 26 (土) 22: 27: 31 | URL | wool # -[ 編集 ]
ウルルさん
ウルルさん、ありがとう。
確かに、二年前の私は人生で最高に頑張っていたかな?
過去形じゃダメじゃん!!!

PTの先生は無口で、私とはほとんどしゃべった事が無かった人なので
本当にビックリしました。嬉しかったです。
2006/ 08/ 26 (土) 22: 32: 33 | URL | wool # -[ 編集 ]
>タケノコさん
全く意図していなかったのですが
母が倒れた二月にこのブログを始め、もうすぐ母と離れた9月初旬です。
母との7ヶ月間を、二年後にこのブログでなぞった形になりました。

二年前や一年前位までは
「良くなった」とはあまり思えなかったのですが
こうして書く事で、母の初期の頃の様子や、自分の気持ちを思い出すと
確かに今の母の状態は、とても有り難いと思います。

病院での「リハビリ日記」は終わりますが
「実はおかしな奴」な母の事や、書かなかった家族の事など
これからも書いていこうと思います。
2006/ 08/ 26 (土) 22: 43: 46 | URL | wool # -[ 編集 ]
こんばんは!!
そうなんだぁ・・アテネオリンピックの頃ですか・・

お母様も、よく、がんばったんですね!!

リハビリって、ほんとうに大変だと思うんです。

当たり前にできていた動作が、一瞬にして、困難になってしまい、リハビリすることによって、少しずつできるようになるのですものね・・

胸が熱くなってしまいます。
2006/ 09/ 08 (金) 23: 21: 38 | URL | たーちゃん # -[ 編集 ]
>たーちゃんさん
たーちゃんさん、こんばんはー。

そうなんです。
アテネオリンピックの再放送を昼間
母と一緒に見るのは
とても楽しかったですv-238

リハビリも、ヘタレな母にしては頑張ってくれたと思います。
母には私のその気持ちはあまり伝わっていないようですが…

これからは、外伝とその後の出来事になりますが
どうぞよろしくお願いいたします。
2006/ 09/ 08 (金) 23: 41: 13 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。