お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらしのひる
2006年 08月 20日 (日) 23:00 | 編集
2004年の夏。
西日本は何度も超大型台風に見舞われました。

私は何度も、膝から下をグショグショに濡らして母の病室にたどり着きました。
電車が動かない日もありました。
そういう日はバスで通いました。
どうしても、バス停までも行けない日もありました。
あまりの暴風雨で歩けないのです。
物も飛んでくるので危ないのです。

病院も二度ほど停電しました。
もちろんすぐに復旧しましたが、その日のお風呂が無くなったりしました。
台風で何人もの人が亡くなった夏でした。

そんな、台風で私が病院に行けなかったある日
私は実家の二階でブラブラしていました。
ネットの掲示板で、地域の台風の状況を見ていたのですが
あちこちで
「もう雨戸がもたない」
「マンションの前の道路が河になって車が流されている」
「実家の地域に避難命令が出たけど、電話が繋がらない」
などなど、恐ろしい書き込みがいっぱいでした。

外は暗くて、風がゴーゴー鳴って、家もミシミシと音を立て始めました。
私は怖くて仕方がありませんでした。
ゴキブリも幽霊も怖くない私ですが
カミナリとか大きな音は苦手なのです。
私は携帯メールで、母にこの状況を訴えました。
このボロ屋は壊れるかもしれない。あなたが帰る場所は無くなるかも。
私も一緒に吹っ飛ぶかもよ。

『 もうすこしがまんしてね 』

私は少しの間、台風を忘れました。

「なんで出来ないのっ!!!」
「書いてあるじゃないっ」
「何がしたいの!」
「次はなんて書いていあるのっ!!!」
「そしたら、その通りにしなさいよっ」
毎日毎日、母が半泣きになるまでシゴイた甲斐がありました。

無理は承知の上でした。
それでも、私が帰るまでになんとかマスターさせようと必死でした。
きっと母も一生懸命返事を書いたのだと思いました。
何度も失敗したんだろうなと。

大変な目にあった2004年の台風でしたが
おかげでこんな思い出もできました。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
すげー!
さすがは宗方wool!(笑)

うちのママンもしごきに来てくれよぅ~!
2006/ 08/ 21 (月) 11: 20: 16 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
「母よ!エースを狙え!」・・ですね。

「出来ない~・・シュン・・。」とならなかったwoolさんのお母さんに拍手!!
ちゃんと教えちゃったwoolさんにも拍手!!
我が家の娘達の家庭教師に是非とも迎えたい・・。

私は千葉ちゃんが好きでした・・。お蝶婦人になりたかった・・(無理だぁ)
2006/ 08/ 21 (月) 17: 26: 25 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>ゼリーさん
人様の大切なお母様は、しごけませんですv-404

今思うと、私もよくやったし、母もよくやったなーと
しみじみ思うよ。
2006/ 08/ 21 (月) 23: 49: 10 | URL | wool # -[ 編集 ]
>久美子。さん
自分で思いますが、私は陰険なタイプですね。
出来ない生徒に対してはv-393
だから、私から教わらない方が幸せです。

今思うと、母は「シュン」となるほど、頭がクリアじゃなかったと思います。
何がなんだか分からないまま、私の言う通りにしていたんだと。
今はしょっちゅう「シュン」としますね。

私は宗方の後釜になった、坊主上がりのコーチが好きでしたよ。
あっ坊主だ!
2006/ 08/ 21 (月) 23: 58: 25 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。