お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最善は?
2006年 08月 04日 (金) 00:05 | 編集
九月以降母をどうしたらいいのか、あては全くありませんでした。
やっと杖でリハビリができるようになった母。
やっとポータブルトイレから卒業した母。
やっと自分からやる気になった母。
せっかくここまで来たのに、あと一ヶ月でリハビリができなくなるなんて。

私は九月になったら実家を引き上げて、元の生活に戻ることになっています。
父は全くあてにはなりません。
八方塞りでした。
考えれば考えるほどお先真っ暗な気がして、私は現状を見つめるのを止めました。
その代わりに、何が今の母にとって最善か
できるできないは拘らずに、とにかく挙げてみることにしました。

・ 毎日、今と同じ量と質のリハビリができる。
・ 今とあまり環境が変わらない。
・ 母が安全に生活できる。
・ 離れてからも、私も安心できる。
・ 娘がいなくてもやっていけると、母が自信を持てるまで時間が欲しい。

そう考えると、答えは一つしかありませんでした。
“この病棟であと三ヶ月くらいリハビリを続けたい”
誰でもそう思います。
吉岡さんだって、もうここには居られないから、併設の老健はダメだから
別の病院に、家からリハビリに通う方向で検討中なのでした。
吉岡さんくらい回復していれば、それも可能でしょう。
過剰アピールをしたとは言え、要介護1なのです(母はこの時点で要介護4)。
吉岡さんは、もう自分でできないことは何も無いのです。
私は師長さんに直訴しました。
「やっとここまで来たので、なんとかもう少しこちらでお世話になれませんでしょうか」
「無理は重々承知です。医療保険が問題なら、自費でもかまいません」
師長さんの答えは
「決まりですので、どうしようもありません」
「私にそういう権限はありません、事務方が決める事です」
予想通りの答えです。
それでも粘って、事務方へとりあえず聞くだけ聞いてみる、と言うお返事を頂きました。

次は担当医の先生の所へ行きました。
お返事は師長さんと全く同じです。まるでマニュアルでもあるかの如く。

次はリハビリ責任者のOTの先生です。こうなったらヤケクソのダメ元です。
「お気持ちは痛いほどわかります」
「本当の事を言うと、私も○○さんをもっとみたいです」
「でも法律で決まっているのです」
「三ヶ月と言うのは、どう考えても無理です」

OTの先生は現場の責任者らしく、最も雄弁でしたが
最終的な答えは、先の二人と同じでした。
それでも私は
”やれる事は全部やった。他に直訴する相手はいない”
と憑き物が落ちたみたいに、スッキリしました。

翌朝私が病室に行くと、母は歯を磨いていました。
“この病棟で母は、歩けるようになったし、トイレにも行けるようになったし
 自分で歯も磨けるようになったのだな…“
朝からしんみりしていると、母は急いでブクブクして私に何か言います。
「先生が○“%&▲×@~!!!」
母は私に担当医の先生の所へ行けとジェスチャーで示しました。

「昨日あれから皆で検討した結果、二ヶ月だけ延長できることになりました」

ミラクルでした。
担当医の先生は巡回中で、ほんの立ち話しか出来なかったのですが
私はこめつきバッタのように、頭を下げまくったと思います。
十回は“ありがとうございます”と言ったはずです。
放置自転車をゲットした時に続いて、神様がプレゼントをくれたみたいでした。

(これは二年前の出来事で、現在はこのような例外は認められない思います。
 リハビリ病棟は最長で六ヶ月まで、と決まってはいましたが、家の改装が
 遅れているなどの理由で、二~三週間退院が遅れる方もおられたので
 実質は”一ヶ月延長してもらえた”という所だと思います。)

↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
woolさんの誠意と頑張りの成果だね!
確かに決まり、決まりと言われる。。。うちのばぁのときも言われたよ
リハ棟の延長は出来ませんって。 正直途方にくれて 泣いてしまったのね
じぃの入院と重なって、どうしていいか解らなかった
でも、どうしようもないって解って 頑張るしかないさって思ったわ
2006/ 08/ 04 (金) 21: 37: 16 | URL | ウルル # -[ 編集 ]
>ウルルさん
「法律で決まっている」「私にその権限はない」
救急病院からリハビリ病棟まで、いったい何度言われたかわかりません。
なんだか、みんなして「自分のせいじゃない」
と言っているように聞こえた時もありました。

「法律で決まっているので延長できません」では途方にくれますよね。
そこで頑張るしかないって思って、実行されたウルルさんはスゴイわ。
母はラッキーでした。
何気に運が強いのかな?
2006/ 08/ 04 (金) 23: 16: 30 | URL | wool # -[ 編集 ]
たしか180日でしたか、法定の入院期間があるとリハ病院の規約や説明にもありましたが、うちも身障の居宅介護の受給決定などが遅れて、結局1ヶ月近くは延びたのですが、今はムリでしょうね。。。法に反しているということでうるさくなり、病院の診療報酬などに影響が出ると聞きました。
2006/ 08/ 05 (土) 16: 35: 32 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
暑いですネェ・・熱風が吹いています。

バーちんもリハ病院にいる時に「法律でうんぬん・・」回復期の病棟で何度も聞かせられて。
こっちだって、早く退院したいわさ!って・・なんだかイカイカした後半でした。
療養型はそれでも少しは余裕があるような話しでしたけど・・結局の所、病院も経営していかなきゃなんないってかなぁ・・。
もう二度と・・あの病院だけは入院させたくないなぁ・・・と思ってしまうところに入院していたのが・・今なんとも切ない気持ちです。
woolさんの気持ちが伝わったんですネェ。で・・その後は・・。
2006/ 08/ 05 (土) 16: 36: 54 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>タケノコさん
そうそう。
結局は病院の診療報酬の問題なんだと思います。
営利団体なので仕方が無い部分もありますが
なんとも淋しい話ですよね。
今はきっともっと厳しくなっていると思います。

2006/ 08/ 05 (土) 20: 22: 43 | URL | wool # -[ 編集 ]
>久美子。さん
「法律で決まっているからダメです」ではなくて
「こういう方法もありますよ」とか
「あの施設でこういうリハビリをしましょう」とか
「在宅で現状に近いリハビリをするには、こういう手があります」
とかの、具体的な提案が欲しいんですよね。家族は。
全く分からないんですから。

バーちんさんはリハ病院はお気の毒でしたね。
患者側はリハ病院をほとんど選べないし
実際に転院してみないと分からないし…

今日なんか死ぬほど暑くて、頭から湯気が出そうですが
夏風邪なんかひかれませんように。
暑くて寒くて最悪ですよ~。
2006/ 08/ 05 (土) 20: 40: 46 | URL | wool # -[ 編集 ]
私の頭の中には完全に
「宗方wool」が出来上がっている(笑)

ウチは「交渉する」とか「考える」とかする時間もなく
ただただ風のように全速力で走りぬけた
発病~退院の時間だったように思います。
woolさんのブログ読んでると「あー、こんなやり方もあったんだー」
って気付かされます。
でも、いつも私達は自分の最善を尽くしてきたね!
その点では「同士よ」という気分で、肩組んで歌でも歌いたい気分よ(笑)
2006/ 08/ 07 (月) 00: 40: 23 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん
wool宗方です。

私も併設の老健がもうちょっと良かったら、そこへ母を入れるのに
依存は無かったと思います。
でもあまりにあまりだったので、もう家に帰らせようと思い
それなら、とダメ元に走りました。
本当に、絶望した末のヤケクソだったのですー。

>でも、いつも私達は自分の最善を尽くしてきたね!
そうそう!
今でも何が良くて何が悪かったのかは、分かりませんが
「やってみようかな?」とちょっとでも思った事は全てやってみたし
後悔はありません。

そのうち、本当に肩を組んで歌でも歌いたいですねー。
えへへへv-392

2006/ 08/ 07 (月) 18: 05: 25 | URL | wool # -[ 編集 ]
お願いに参上しましたぁ~
v-8
えるなぁさんから回って来たバトン、受け取って下さい。
【無条件バトン】

急ぎませんのでヨロシクですv-421
2006/ 08/ 10 (木) 08: 48: 21 | URL | カズP # -[ 編集 ]
>カズPさん
うっ!
【無条件バトン】ですか…v-405

ドキドキ。恥ずかしいです。
でも頑張ってみますよ。近い内に。
2006/ 08/ 11 (金) 22: 10: 47 | URL | wool # -[ 編集 ]
バトン
受けてくれて、ありがと~

そう、チョット、うれし恥ずかしドキドキだと思うけどv-356

まっちょりマスv-426
2006/ 08/ 12 (土) 06: 48: 14 | URL | カズP # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。