お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老人保健施設 その3
2006年 07月 31日 (月) 21:28 | 編集
八月に入り、父と母と私の三人で老健に出向きました。
母は二回目、私に至っては三回目です。
我ながら、なんてしつこい性格なんでしょう…
最初の一回はお誘いを受けたため、二回目は母に強制されたのですが…

今回初めて施設の責任者の方(40歳くらいの男性)にお会いしました。
その方とPTの方(20代の女性)が、私たち三人を案内してくれ
その後事務所でお話を伺いました。

施設に関して父も私と同じ事を思ったようでした。
「この建物は、今いる所と比べて暗いな」
「だから例えばこの部屋なら、窓際のベッドにしてもらいたい」
「設備が古い」
「職員が少ない」
「年寄りばかりじゃないか」
「ホントにこの人たちは、家に帰れるのか?」

私は後から母にこっそり喋ったり、心で思ったりしただけですが
宇宙人の父は、その場ですぐに口に出してしまいます。
誰がいようと、それを聞いている患者さんが目の前にいようと。
私は父に怒りまくり、母は泣き出すのがこれまでの常でしたが
今回は申し訳無いのですが、父の非礼は放っておきました。
幸い母も泣き出しませんでしたし。

今回初めて、料金の話や具体的な入所後の生活の事を聞きました。
一番大事なリハビリの話も、母と私でしつこい位に質問しました。
一時間もお付き合い下さったでしょうか。
私たちの不安や要望や疑問点に、誠実にお答え頂きました。
良い人達だなと思いました。

リハビリ病棟の母の部屋に戻ってから、父は
「あそこでなんとか自分でやっていくしかない。
 年寄りばかりだが仕方が無い。
 最後は自分でやるしか無いんだ」
クドクドと母に言って聞かせていましたが
私は三回訪問し、気が済むまで質問し、心を決めました。

母をあそこにはやらない。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
woolさんの決心、なんかとってもわかる気がする。
私もママン関係のことについては
気の済むまで、遠慮なく、いろいろ聞いて、見て、決めるよ。
自分が「安心」って思えることじゃないと
ダメだよね。
2006/ 08/ 02 (水) 15: 07: 52 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん
ホント?
ありがとうー。
我ながら書いていて呆れます。
しつこすぎるよ私。粘着質?
渦中の二年前はそんな風に思わなかったのに。
でもちっとも後悔はしていないので、まあいいかと。
ゼリーさんにも「わかる」と言って貰えたし。

今のところ、自分の次に大事な人なので
仕方がないですね。
2006/ 08/ 02 (水) 23: 59: 09 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。