お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老人保健施設 その2
2006年 07月 27日 (木) 13:13 | 編集
私があまり老健の話をしないのを変に思ったのか
母が併設の老健を見に行きたいと言い出しました。

父と母と私の三人で、老健の責任者の方とリハビリ担当者の方に
詳しく話を聞きに行く日取りは、それぞれの予定が合わずまだ決まっていませんでした。
先日の吉岡さん夫妻は、どんな感じかちょっと見せて欲しいと
見学のアポイントを取ってグルっと施設内を回っただけでした。

「見学だけでも予約がいるから、今日はムリだよ」
「ムリかどうか聞いてみて!」
どうしても、今すぐ見たいと言って聞かないので
看護師さんに連絡を取ってもらい、見学出来る事になりました。

母を乗せた車椅子を押して連絡通路を渡り
老健の施設に入って、ナースステーションに声をかけました。
前回一緒に施設を回って、説明をして下さったPTの女性が
私の顔を見て、エッ!?と声を上げました。
私は特に何も言わずに、吉岡さんたちと一緒にいたので
吉岡さん夫妻の娘だと思われていました。
当然です。ゴメンナサイです。
別にダマしたわけじゃ無いのですが、吉岡さんたちが何も言われなかったので…
今回は正しく自己紹介をして、見学となりました。

母は、前回の私とは全く違う所を見ていました。
・部屋から杖で廊下に簡単に出られるか。障害物は無いか。
・廊下の手すりは母にも持ちやすいか。
・手すりはずーっと続いているか。途中で切れていないか。
・床は歩きやすいか。材質はリハビリ病棟と同じか。
・廊下で歩くリハビリをしている人はいるか。
・トイレはどの部屋からも近いか。
・トイレは車椅子で使い易いか。

老健に入った途端に、雰囲気の違いにしょげてしまうかと心配していたのですが
全くそんな事はありませんでした。
この老健入所後も、今とあまり変わらない量のリハビリができるかどうか。
自分でやれるかどうか、冷静に見極めようとしていました。
雰囲気にしょげてしまったのは、入所しない私の方でした。

リハビリ病棟の自分の病室に帰って、母に聞いてみると
「暗いとかお年寄りが多いとかは別にいいの」
「病院だから仕方ないの」
「でもあそこの廊下で、私一人で歩く練習はちょっとむつかしいかも」

”母は本当に、まだまだリハビリを続けたいのだな”
そしてそれを叶えてあげたい、と強く思いました。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
すごいね!お母さんの意気込みがビンビン伝わってきた感じです
もの凄く前向きな味方だね
こういう人の気持ちを最大限に叶えられる福祉になってほしいわ!
2006/ 07/ 27 (木) 17: 34: 00 | URL | ウルル # -[ 編集 ]
>ウルルさん
そうなんです。
もうリハビリ病棟は退院だよって頃になって、やっとその気になったんです。
遅すぎだっちゅーに!!!
でも、そんな方は多いと思うんです。
それを叶えてあげられない福祉って。
本当に日本は先進国なのかなって時々思います。
2006/ 07/ 28 (金) 19: 06: 49 | URL | # -[ 編集 ]
お母様、スバラシイ!
本当に治りたかったのですね。
さすがwoolさんのハハって思いました。

そうそう!
ウチなんか、退院しちゃってから
ヤル気満々出てきちゃって、
アンタ、入院中何してたのよ~!モッタイナーイ!
って思っちゃった(笑)
リハビリは頭がクリアになるにしたがって、やりたくなるのかもなー。
2006/ 07/ 28 (金) 23: 53: 05 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリー さん
ゼリーさんのお母さまもそうなんだ!
本人がやる気になった時に「ハイもう終わり」じゃ
可哀相ですよねー。
最初はアタマがボーッとしてるらしいから仕方が無いけれど…

でも本当にこの老健、リハビリしている人いなかったんです。
する場所も無いし。
老健から実際におうちに帰れる人って、一握りなのかな
って思って悲しくなってしまいましたよv-409
2006/ 07/ 29 (土) 19: 40: 18 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。