お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老人保健施設 その1
2006年 07月 26日 (水) 00:51 | 編集
ある平日の午後。
母の病室を出たところで、吉岡さんの奥さんと
珍しく車椅子に乗った吉岡さんに会いました。
「今から隣の老人保険施設を見に行くの、一緒に行かない?」

七月のカンファレンスで、うちの母も吉岡さんも
九月初旬の退院後は、併設の老人保険施設をすすめられていました。

母の場合は
・絶対に帰れないことも無いけれど、もう少しリハビリを続けた方が
 帰ってから楽だと思う。
・老人保険施設は沢山あるけれど、うちの併設の施設だとリハビリのやり方を
 直接引き継げるので、その点で安心してもらえると思う。
・どこの老人保険施設も、入居待ちの方が沢山いるので
 申し込みだけでもしておいてはどうか。
・もしも退院後すぐに空きがなければ、リハビリ病棟の入院期間を
 少し伸ばして待機して頂けます。

という事で、父と母と私は一度見学に行こうと思っていた所でした。
予約がしてないと見学は出来ないのですが
私だけでも一緒に行こうと言われ、吉岡さん夫妻について行きました。

その時の印象は
・リハビリ病棟と棟続きとはいえ、全く雰囲気が違って暗い。
・年齢層が高い。ほとんどが80代以上ではないかと思われるほど。
・個室が無い。
・寝たきりの患者が多い。
・活気が無い。
・スタッフの数が少なく、看護師はほとんど見かけない。
・設備が古い。
でした。

吉岡さん夫妻がアレコレ質問をし、老健のスタッフが答えるのをうっすらと聞きながら
私はすっかり気分が落ち込んでしまいました。

”老健は家に帰る準備をするための場所なので入院期間は三ヶ月単位である”
”そのため、近い内に家に帰れる見込みのある比較的状態の良い患者が入る所”
”特養や老人病院とは違い、基本的に医療が必要の無い患者しか入れない”

という予備知識で行ったのですが、全て覆されたような印象でした。
とにかく暗くて活気がありませんでした。
リハビリを続けてやってもらうために、入所するつもりなのに
リハビリが出来そうな患者さんは、あまり見当たりませんでした。
それに、三ヶ月後に家に帰れそうな患者さんも。

吉岡さんの奥さんも次の日には
「行くの辞めた。他を探すか、無かったら家に帰るよ」
と私に言われました。吉岡さんが嫌がったそうでした。
吉岡さんは母よりも二つ若い58歳です。

私も母があそこに行かなければならないのかと思うと
母の顔を見るのが辛くなりました。
「ココとは感じが違うよ。まあお年寄りが多いかな」
としか母には言えませんでした。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
う~~ん
なんだか、根本的に間違ってる感じがする施設だね
私の母が入ったリハ棟も同じ病院の中の棟続きで、まさにwoolさんの考えていた通りの所でした。
だから、いつかはそこに入らせて欲しい!って願ってたのね
なんせ予約待ちが多くて、なかなか入れないらしいから
でも、同じ病院だから、優先的に入れて貰えたみたいで助かったよ
確かに、病人に対する対応はいまひとつだったけど、何かあれば隣棟に医師が居るし、多少安心だったわ
ただ、日曜祭日は どんとスタッフが減るよ。リハもお休みだし
高齢者も多い
なかなかこういう施設は難しい問題が沢山あるよね
2006/ 07/ 26 (水) 11: 55: 49 | URL | ウルル # -[ 編集 ]
施設。
こんにちわぁ!!
やっとこお邪魔できました。

バーちんが退院するにあたって・・もうワンクッション別の病院か、老人保健施設の入所も考えては?って言われたことをwoolさんとこに来て思い出しました。
リハ病院で・・見えない部分が沢山あって・・もうこれ以上病院や施設はイイヤァ・・って、自宅介護に入りましたが病院と、自宅の違い・・いいこと、悪いこと・・比較すればキリが無いですねぇ。
私が元気なうちはいいけれど・・心配もキリ無いし。
バーちんは、今日行っているショート先・・土曜日のディにも利用させていただいてる施設が特養を併設しているので・・万が一の為に申し込みをするつもりでいます。今申し込んでも3年から5年待ちだそうですけどね。
ケアマネさんの所属する施設でもあるし、今申し込んでも、200人以上が待ってる状態だそうで、本当に万が一の保険。
やっぱり・・「老人ホーム」的感覚はぬぐえないけど・・。

もっと、利用する人のニーズに合った・・多種多様な施設があればねぇ。
なんだか、この先の高齢化社会はどんなになるのか不安ですねぇ。
2006/ 07/ 26 (水) 17: 05: 30 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
ウチのママンが通っている通所リハビリ、
老健なのですが、
一番最初の面接の時に、デイ以外の施設も見学させて戴いたのですが、
正直、そちらの方は、woolさんと同じ様な印象を受けました。
ゲームのバイオハザードを思い出しちゃったよ(笑)
デイはママンも気に入って、とても楽しみに行ってるんだけど、
そこでのショートは「やだー」と言います。

イケイケのイカス老健ってないのかなぁ・・。
2006/ 07/ 26 (水) 23: 52: 47 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ウルルさん
そうなんです。
”家に帰る準備をする施設”だとはちょっと思えませんでした。
後日、リハビリ内容などを詳しく聞きに伺った時も。

老健もリハビリ病院と同じく、本当にイロイロあるようで
実家の近くに新しくて良い老健があったのですが
入所待ちが長蛇の列でした。

お年寄りが入る施設や病院は、種類が沢山あるけれど
実態は境界がとても曖昧になっている気がします。
2006/ 07/ 27 (木) 02: 17: 47 | URL | wool # -[ 編集 ]
>久美子。さん
そうですねー。
病院には病院でいい所はありますよね。
家に帰りたいのは当然だけど、本人が実は病院の方が
楽に生活できると言う事もあるかもしれないですし。
私も老健がリハビリ病棟並みに明るかったら
母にすすめていたかも知れません。

久美子。さんのブログを読むと、頑張っているんだなーと
私も勇気が湧いてきます。
頑張るなと言っておいて、無責任な話でスミマセン。
2006/ 07/ 27 (木) 02: 43: 49 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ゼリーさん
うちの母も、入院していたリハビリ病棟やこの老健と同じ敷地内にある
通所リハに通っています。
私は見たことは無いのですが母によると、キレイで明るいそうです。
同じ経営なのに不思議です。

イカス老健が無いなら、自分達で作るしかないかも知れない・・・
ゼリーさん作ってくれませんかー?


2006/ 07/ 27 (木) 03: 02: 13 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。