お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デビュー
2006年 07月 17日 (月) 10:29 | 編集
母はずっと、ピンク色の足首を固定する装具を右足に着けて
リハビリを行ってきました。
毎回リハビリの最初に、PTやOTの先生が装着してくれるのですが
「ちょっとコレ無しで歩いてみましょうか」
ある日リハビリ責任者のOTの先生が言われました。

リハビリシューズのみで病室を歩いて、廊下に出てみました。
時々右足の先が床に引っ掛かって、歩みが止まります。
ハタから見ていると、そのまま転ぶんじゃないかと、ちょっと危なっかしい感じです。
OTの先生は、後ろから母の腰を圧迫しながら支えて
少しの間、母を歩かせながらじっと母の足元を見ていました。

「つま先が上がっていて、足の甲と足首で調節できるタイプのサンダルを買って来て下さい。
 できるだけ軽いのがいいです」
病室に戻ってから、OTの先生が私に向かって言いました。
それならなんとか装具無しで歩けそうだと言うのです。
私は母が装具を外せる日が来るなんて思ってもみなかったので、心底驚きました。
そんな立派な歩き具合だとは思えなかったからです。
大体、長い距離は歩けません。
それも杖で、まるでペンギンのようにチマチマと進むだけです。
先生は、装具はそれ自体の重さもあるし
つま先がちょっと上がってるだけで、かなり歩き易くなると言われました。

私が探して来たサンダルは、赤と黒のツートンでした。
女性モノで、先が上がっていて二ヶ所調節可能のタイプは
それ一足しかありませんでした。残っていてラッキーでした。
男性モノは沢山あったのですが
七月も後半に入って、もう夏物は残り少なかったのです。

「コレコレ。こういうタイプがいいんですよ」
OTの先生が、サンダルの甲と足首のベルトをきつめに調節して
サンダルで母を歩かせてくれました。
リハビリシューズの時よりは、断然つま先の引っ掛かりは少なくなりました。
「軽くて、足にピッタリくっついていいよ」
母も、そう言ってくれました。
「このまま、このサンダルで練習して行けば
 つま先の引っ掛かりも無くなると思いますよ。
 それにこれなら、○○さんが自分で履けます」
OTの先生はそう言って
母に左手だけで、右足にサンダルを履かせる方法を教えてくれました。

その日から母は、OTリハビリの最初に
自分でサンダルを履く練習をするようになりました。

装具が外れたからと言って、歩き方が良くなったわけでも
長く歩けるようになったわけでもありませんでしたが
こうして少しずつでも
“~が無いと歩けない”
“ご飯を食べる時は、コレが無いとダメ”
などの、特別なモノが必要無くなっていけば
それだけでも、充分嬉しい事だなーと思いました。

「○○さん。ナイキじゃないですか!僕とお揃いですね」
PTの時間が来て
25歳の先生は、母のサンダルのベルトを調節してくれながら言いました。
ビックリして私もしゃがんでみると
確かにちっちゃいナイキのマークが、ベルト部分にありました。
私とした事が全く気が付きませんでした。
母のナイキデビューでした。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
うちのばぁも自分の足にピッタリの靴じゃないとすぐつまづいてしまってダメでした。
ほんの少しの、カーペットの段差でさえひっかかってしまうんですよね
こういうとき、やっぱ専門の方の目って凄いと思うわ
2006/ 07/ 18 (火) 02: 04: 58 | URL | ウルル # -[ 編集 ]
>ウルルさん
サンダルなんて全く思いつきませんでした。
そう言われてみれば、先が上がっていれば私たちでも、歩きやすいですよね。
うちの母もカーペットはダメです。
キレイにめくって歩いてくれますー。
ね、何ミリなのにね。
2006/ 07/ 18 (火) 22: 50: 24 | URL | wool # -[ 編集 ]
そうなのそうなの!
>特別なモノが必要無くなっていけば
>それだけでも、充分嬉しい事だなーと思いました。
コレなんですよねー。

ナイキのサンダル、お母様おされ~(^^)
2006/ 07/ 21 (金) 16: 08: 40 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん
足のサイズがほぼ同じなので、母が履かなくなったら
私が履こうと思いました。
ナイキと知った瞬間に…
でもまだ母が履いてます…
2006/ 07/ 21 (金) 23: 58: 25 | URL | # -[ 編集 ]
サンダルは初めて聞きました。たぶんしっかり固定できるやつだと思いますが。。。尖足ぎみだとかかとが上がっている方が歩きやすいそうで。
いわゆる体育館シューズ(バレーシューズ?)で皆さんやっていましたね。
妻は入院時は装具までだったので、装具のかかとが底上げされたものを
使っていました。
2006/ 07/ 22 (土) 22: 53: 17 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
そうです。そうです。
夏によく男性が履いているような
足の甲と足首をマジックテープで調節できるタイプです。
もちろん、先生がキッチリ締め上げてくれていました。

体育館シューズはうちの病院では履いている人はいませんでした。
本当に、病院や施設によってやり方は色々ですね。

2006/ 07/ 24 (月) 11: 01: 53 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。