お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の帰省にて
2006年 06月 29日 (木) 21:48 | 編集
今回、五ヶ月ぶりに母に会って色々感じました。

・身体はともかく中身の方は、ほぼ元に戻っている。
・但し、細かいことで忘れている事、思い出せない事はある。
 (その殆どは、こちらが言えば思い出せる)
・性格も元に戻っている。
 (だから言い訳や、口ごたえもするようになった)
・私にあたることが何度かあった。
・何故か今回は、お正月よりも構音障害がひどいような気がした。
・体力がついてきた。(外出してもヘタレない程度に)

構音障害については、何故だか分からないのですが
良く無かったです。
一週間私と喋っていれば、良くなるかとも思ったのですが
あまり変化はありませんでした。
母が自分で慣れてきて、ゆっくり喋らなくなったからかも知れません。

何と言っても、一番変化を感じたのは
母が私にあたったり、意義を唱えたりするようになった事です。
とにかく扱いにくくなりました。
家事や色んな事が私の勝手にはできなくなりました。
父と母の家なのですから、当然と言えば当然なのですが
これまでは二年以上、誰に何を言われることもなくやってきたので
私としては、とてもやりにくかったです。

とうとう母も”病人”を脱したと言う事でしょうか?
それならそれで、嬉しい事なのですが
近い将来、母の側で暮らすことを考えている私にとっては
ハードだけでなく、ソフト面でも
まだまだ超えなくてはいけない山があるな、と感じました。
近くにいる事によって、お互いがストレスになるようでは
意味がないと思うからです。

えーと、今回の帰省で一番しんどかったことは
毎日の食事作りもそうですが、実は障子張りでした。
生まれて初めてやったので、勝手も分からず苦労しました。

そして母よ。
大小六枚の障子がほぼ張り終わった頃にノコノコやってきて
「あら、障子は下から張るのよ。埃がつかないように。知らなかったの?」
と涼しい顔で言うのはやめて下さい。
キレそうになりましたよ!!


次回から、2004年のリハビリ日記に戻ります。

↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
なるほど~~
障子は下から貼るのですかぁ
私も気が付かなかった! そうですよねぇ
なるほど・・・
でも、始めから教えて欲しかったですよね(^^;)
大変でしょうが・・・でも、なんだかそこまで快復されて嬉しいですぅ
2006/ 06/ 30 (金) 00: 27: 32 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
ウチの親父もおんなじ。
病人を脱しつつ有る頃の親父も難しくなって、私を困らせること多々ありましたよー。

嬉しい事ではあるけど、葛藤も。
本来持っている自我が出るんでしょうね。
病人扱いすると怒るし、でも、しないと不機嫌になるし。
『甘えるなぁー』って、心の中で叫んだ事も。

どうすべきか医者に聞いても、完璧な正解は有りませんって言うし。
『そりゃそーなんだけど…』だから家族が看るみたいな感じになってしまう・・・

この辺の事は最後まで答えが出せませんでした。

障子貼り。
似た様なコト、うちもありましたヨv-8

2006/ 06/ 30 (金) 05: 30: 24 | URL | カズP # H6hNXAII[ 編集 ]
>ウルルさん
ホント。やめて欲しいです!
「今から障子張り替えるからね」
と宣言してからやったのにv-406
母や祖母が張り替えるところを見た記憶もないので
全く知りませんでした。
そして壁などに立て掛けてやるんだそうです。
私は思いっきり床に置いてやりました……
2006/ 06/ 30 (金) 23: 01: 40 | URL | wool # -[ 編集 ]
>カズPさん
>病人扱いすると怒るし、でも、しないと不機嫌になるし。

その通り!
病人並みに世話をして欲しいけど
病人扱いはして欲しくないっていう感じ。
そんな器用なマネができるかーv-412

カズPさん、ごめんなさい。
最近はカズPさんのブログにいけていません。
遺産相続のお話は、妙な弟を一人持つ私には生々し過ぎるのです。
でもだからこそ、メチャメチャ応援しています。
「絶対勝つぞダンス」を踊るので、許してください。
2006/ 06/ 30 (金) 23: 13: 39 | URL | wool # -[ 編集 ]
お母さん、woolさんにしか甘えられないんでしょうかね。
woolさんといれて嬉しいと思いますよ。。。
2006/ 07/ 01 (土) 12: 14: 07 | URL | yun # -[ 編集 ]
ほほ~・・。
こりゃまた・・我が家も親子喧嘩勃発しますかねぇ・・。
今は、可愛いばかりのバーちんですが・・なんだかwoolさんのブログ読んでたら、バーちんが元気でバリバリ主婦だった頃の・・いやぁ~な「親子喧嘩」を思い出しちゃいました。
親子ゆえ・・ね。遠慮がなくなるときもある。
本当に・・同じ家にいて、口をきかない日もありましたっけぇ・・。
親はいつまでも親だけど・・・子供はいつまでも赤ちゃんではないのですよねぇ・・。
障子貼り・・今回の部屋移動で・・何箇所か破りました・・もう父と母の部屋じゃなくなるので、カーテンに替えちゃいます・・。
woolさんは、ご苦労さまでしたね!!偉いそぉ☆
2006/ 07/ 01 (土) 12: 40: 15 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>yunさん
yunさん、ありがとう。
そうかな、やっぱり私に甘えているのかな。
母と親密な関係になった事がないので
不思議な感じです。
これが仲が良いって事なのかな?
2006/ 07/ 01 (土) 22: 55: 18 | URL | wool # -[ 編集 ]
>久美子。さん
ねー!
まだまだ病気中の頃は、不憫だけど同時に可愛いですよねーv-238

でもきっとバーちんさんも憎たらしくなりますよー。
それは嬉しい事でもあるんですよね。
分かってはいるけど、腹が立つものは腹が立ちます。
離れていると、こんなにも優しい気持ちになれるのに~?

2006/ 07/ 01 (土) 23: 01: 21 | URL | wool # -[ 編集 ]
お久しぶりぶり~i-80
エヘヘ・・(^^ゞ

お母様、新しい自分の生活ペースが出来たんだね。
woolさんが「キーッ」ってなってるところ、想像できちゃう(笑)

ウチのママンも憎たらしい時、あるよ!
でも
ムコウも同じ様に思ってるんだろうなー(笑)

障子貼りって、したことないや、私。
2006/ 07/ 05 (水) 00: 42: 19 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさんへ
ゼリーさん、こんばんはーv-238

ほんっと憎たらしいです~。
そう言えば『母はさりげなく意地悪だった』と
久しぶりに思い出しましたよ。
弟たちには意地悪しないんですけどねー。
プンプン。

障子張り。何枚もやると疲れます。
ピンと張るのがまた難しいんですよー。
きっとこれから毎年やることになると思いますー。
2006/ 07/ 05 (水) 23: 53: 29 | URL | wool # -[ 編集 ]
はじめまして
先週、うちのハハが脳出血で倒れ
集中治療室を先日出たばかりです。

同じく右手足麻痺(言葉はしっかりしている)
状態です。

また、ゆっくり読ませていただきますね。

ハハ子、ケンカできるうちが花かなぁ。

うちなんか、「もうあんた今日は帰り」って
追い出されましたがな~。ちっ。

お母様
ご回復して本当によかったですね。




2006/ 10/ 01 (日) 00: 01: 09 | URL | KK # -[ 編集 ]
>KKさん
KKさん、はじめまして。woolです。
コメントありがとうございますv-351

お母さまが倒れられたばかりとのこと。
ご心配ですね。
右麻痺でも言葉は大丈夫なのですね。
良かったー。

倒れられて間もないので
まだまだこれから大変かと思いますが
ムリせず気長に頑張って下さいね。

2006/ 10/ 01 (日) 22: 09: 29 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。