お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年6月現在の母 その6
2006年 06月 19日 (月) 23:55 | 編集
退院後三度目の外出で、母は初めてショッピングセンターに行きました。
事前に電話をし、車椅子を予約してから出かけました。

母の夏服でも買おうと思っていたのですが
最初に入った書店で、一時間も過ごしてしまいました。
母はとても本好きです。
きゃあきゃあ言いながら、本を選んでいました。
「ついていなくていいから、好きなところに行きなさい」
途中からそんな事を言い出し、追い払われてしまいました。
きっと私の解説がうるさかったのでしょう。
私も母に負けず劣らず本好きなので、語ってしまうのです。
結局、漢字ドリルや俳句の本など三冊の本を、母は選びました。

それから二階のレストラン街に行き
麺類や丼物が食べられる、お食事処に入りました。
「倒れる一ヶ月前のお正月に、ここに二人で来たのを覚えてる?」
私は言いました。
「あなたは自分の”かたヤキソバ”を食べた上に
 私の残したカツ丼まで平らげたんだよ」
「……おぼえてるよ。ホントにあのお正月は、私へんだったの」

母が倒れる一ヶ月前のお正月。
私が帰省していた二週間の間、母はほとんど毎日
”どっか行こう!!!”と私を街に連れ出しました。
田舎のため、そんなに毎日行く所は無いので、同じデパートに何回も行きました。
普段は行かないホームセンターにも行きました。運動と称して徒歩で。
初詣にも三回行きました。そのうち二回は同じ神社へ。
毎日二人で出掛け、ご飯を食べ、テレビで見たケーキ屋さんに寄って帰りました。
そんな世間並みな母娘の行事は、今まで一度も無かった事でした。
私と母は決して仲の良い母娘ではなく、雑談さえした事が無いような
どちらかと言うとクールな関係でした。
「ねぇねぇお母さんー」と言った会話は、一度もした事が無かったのです。

「すべてをやり尽くそうとしていたみたいだったの。今思うと」
母はボソリと言いました。
「だからホントはあの時、死んでるはずだったと思うの」

私もそう思いました。
私も変だったからです。
そのお正月の前の数ヶ月間、何か美味しいものを食べると
”食べさせてあげたいな”
ステキなバッグを見ると
”プレゼントしようかしら”
ふと母の事を思い出しては
”元気なのかしら。本当は淋しいんじゃないかしら”
などと感じていたのです。自分でも不思議でした。

そのお正月、田舎からこちらに戻って来た時
”なんだか淋しい”と思いました。
親元を離れて何十年にもなりますが、初めての事でした。
父の事はハッキリと”嫌い”でしたが、母の事も
”どちらかと言うと嫌い”でしたから。
いい年をした大人が、恥ずかしいのですが。

母がなんとなく、自分の異変を感じていたように
私も虫の知らせを受けていたのだと思います。

母が倒れてから、私は何千回も後悔しました。
思ったことを、たった一つでも実行していれば。
たった一言
「淋しくない?」
と聞いてあげていれば、こんな事にはならなかったかも知れない。
もしも同じように倒れていたとしても
今よりは後悔は少なかったかも知れない、と思いました。
今でもそう思っています。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
v-388不思議ですよね、“親子”って。

うちの親子関係も同じ様な感じでした。

それに倒れる少し前に、“充実した会話”が有ったトコも似ている。
特に、同居の親子は、仲が良いか悪いかのどっちかのになりますしね。

私も“虫の知らせ”だった様に思っています。

それにしても羨ましい。
男同士の父子では、『笑顔で会話』って少ないからねぇーv-388
2006/ 06/ 20 (火) 00: 38: 51 | URL | カズP # H6hNXAII[ 編集 ]
>カズPさん
親子ってホントに不思議。
世間でも、兄弟姉妹の中で一番親を敬遠していた子供が、結果面倒をみたりするし……
私の弟二人もお嫁さんも、父を嫌って実家に寄りつかないのです。v-390

私たち母娘の会話も、さりげなく”ぎこちない”ですよ。
なんたって三十年以上”用件のみ”でしたから。
この日記に書いた私の気持ちも、母には話してはいませんが
そのうち話せるといいなと思っています。
2006/ 06/ 20 (火) 11: 15: 25 | URL | wool # -[ 編集 ]
虫の知らせ・・・
私はそういうのなかったです。
もっとも、倒れてからこうして7年も経ってるんだから当たり前かi-229
でも、脳出血で倒れる半年前から、体の異常を訴えていたことは覚えています。痺れとか、片側だけの冷えとか目眩とか。その時は私にも知識がまったくなかったし、「なにか異変があったらすぐお医者さん行ってね」って念押しするくらいしかできませんでした。今思えば迂闊だったな・・・と。
今だったらすぐに脳梗塞の前触れ?なんて予測できるのに。今言ってもしかたないですねi-230
2006/ 06/ 20 (火) 21: 10: 01 | URL | こうばこ蟹 # 2Ck1dPOk[ 編集 ]
今はwoolさんと一緒にいる時間が
楽しくて仕方ないんだと思いますよ。
表面的には、ともかく内心。

私がリンクしている荻野さんという方も
近い事を言っていました。
私にもそんな感情があったとしたら
気恥ずかしいですが。。。
2006/ 06/ 20 (火) 21: 53: 02 | URL | yun # -[ 編集 ]
母の場合は、やっぱりちょっと違うけど、70歳を過ぎたあたりから・・万が一の時の話はし始めてました。外出すると写真を撮って欲しがって・・今回障害者手帳の写真はちょっとスマシタよそ行き顔の母の写真を使いました。
元気な頃を思うと・・私は立ち止まって悲しくなってしまうばかりなので、今の母の状態だけを見つめるようにしています。
どちらかと言うと・・ベッタリしていた母娘。父は疎外感を持ってたみたいです。
で、喧嘩も沢山しましたよ。
離れてくらしてたら、もっと優しくなれてたろうなぁって、思ったり。
・・後悔はつきものですね・・きっとこれからも。そうしないようにしたいけど。
これから・・があるから、やっぱり今出来ることを、するしかないですねぇ・・。
2006/ 06/ 21 (水) 10: 56: 12 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>こうばこ蟹さん
全ては起こってしまってからですものね…
それに病院嫌いな人に病院へ行かせるのって、ものすごく難しいですし。

本当に痛い痛い経験をしたので
これからは、前向きな良い気持ちは
『隠さず、じらさず、出し惜しみせず』
で行こうと思っています。

2006/ 06/ 21 (水) 22: 42: 26 | URL | wool # -[ 編集 ]
>yunさん
母は最初の頃、本当に何も分からなくなってしまっていたので、私との関係も一からやり直したような感じになっています。
母が私といてニコニコしているのも無かったことだし、私が母に優しくするのもこれまで無かった事なんです。

あーなんだか書いていて、酷い娘だったなと反省しきりです。
2006/ 06/ 21 (水) 22: 51: 51 | URL | wool # -[ 編集 ]
>久美子。さん
うちの母の手帳の写真は、それはもう酷いものなんです。
父が撮ったらしのですが、犯罪者が掴まった時のような写真ですv-406

後悔しまくりですが、母は幸い生き残ってくれたので
やろうかなと思っていた事は、まだ間に合います。
ありがたいなと思います。
神様がもう一回チャンスをくれたのかなと。

久美子。さん、まだまだ悲しくて当然ですよー。
毎日泣きながら考えればいいんです。
泣きながら動けばいいんですよー。
2006/ 06/ 21 (水) 23: 00: 19 | URL | wool # -[ 編集 ]
いつもコメントどうもです^^
最近のショッピングセンターは随分とバリヤフリーになりましたね。
そういえば、妻が倒れる前に、私の実家方面へ出張のついでに実家へ寄るというと、併せてわざわざ休みを取って、実家へ来たりと、妙にいつもより行動的でした。
実の親でも好き嫌いがあるのですから・・・・
「義」が付けば合わないのも当然かな。。。
もしかしたら、妻もあまり義父が好きではなかったのかな~。だからかな~なんて思いをめぐらすことも。(表だってはそう見えませんでしたけどね)



2006/ 06/ 22 (木) 21: 52: 40 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
タケノコさん、こんばんは。

行ったショッピングセンターには、どうやら4台の車椅子があるらしくて、私達が行った時は、他の3台は出払っていたので、常時3~4人の人が車椅子でウロウロしている感じです。
これが多いのか少ないのかは微妙な感じですが…

何か事が起きて、それまでの家族関係が変わってしまうという事も、よくある事ですよね。
それまでなんとなくうまくいっていた関係が、壊れてしまったり。

私がブログを始めて、最初にコメントを下さったのが、タケノコさんでした。
その時のすごく嬉しかった気持ちをまだ覚えています。
タケノコさん。本当にお疲れ様です。
何もできませんが、毎日応援しています。
これからも宜しくお願いします。
2006/ 06/ 24 (土) 00: 08: 29 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。