お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年6月現在の母 その3
2006年 06月 08日 (木) 19:38 | 編集
帰りは四時頃に通所リハビリセンターを出ます。
たいてい母が最後か、最初から母が一人だけの事が多いみたいです。
母が一人の時や最後に残る時には、助手席に乗ります。
三十分ほどで家に着きます。
父が家にいない日は、ケアワーカーさんと一緒に家の中に入ります。
ちゃんと部屋まで連れて行ってくれて、窓なんかも開けてくれて
時々郵便物も開封してくれるそうです。
母はその日の朝のお迎えの人の名前から、お昼ご飯のメニュー
帰りの車のワーカーさんの名前などを思い出して、日記を書きます。

一人であれやこれやをしていると父が帰って来ます。
家でも一人の時に車椅子から離れるのは、父から厳しく止められているため
父が帰って来るのを待って洗濯を始めます。
洗濯物をトートバッグに入れて左の肩に掛け、杖で洗面所に行きます。
母が倒れてから全自動洗濯機に変えたので、スイッチを一回押すだけです。
洗濯が終わったら脱衣カゴに入れて、カゴを押して廊下にある物干し場に行きます。
脱衣カゴにはコロが付いているので、楽に押せます。
タコ足の洗濯干しに洗濯物を干します。
これなら左手片手でも干せるそうです。
タコ足の真下に頑丈な椅子を置いておいて、それに寄りかかって干します。
終わるとちょうどいい感じで夕飯が出来ています。

実家は居間が畳敷きの茶の間なので、なんとか座椅子に座ります。
父と二人でテレビを見ながら夕食を食べます。
畳に座れるようになったのは、このお正月からです。
(退院して一年以上経ってからです)
それまでは父は茶の間で母は自分の部屋で、別々に食事をしていました。
食事が終わると二人で洗面所に行き歯磨きです。
夜は部分入れ歯を、父が歯ブラシで洗います。
終わると母は一人で洗面台に熱いお湯を溜め、右手をその中に浸けます。
これは家に戻ってから毎日やっている事で、まったく動かない右手を
なんとか柔らかく保とうと、している事です。
効果があるのかどうかは、私にはよく分かりません。
十分くらいやっているのですが、その間母は
「せーんろはつづく~よ~どーこまーでぇーもぉ~♪」
と大声で歌います。
築三十年の小さな家ですが、一軒家で良かったと思います。
構音障害の改善のため、父に゛ヤレ゛と言われて始めた事だそうです。

部屋に戻ると、あとは寝るまでの自由時間です。
明日はリハビリに行かなくてもいいと思うと、なんだかもったいなくて
つい夜更かししてしまうそうです。(子供?)
テレビを見たり、PCでメールを見たり(PCもこのお正月に始めました)
好きなことをして過ごします。
゛オーラの泉゛とか観てました。
そして夜中の一時頃に就寝です。

母、お疲れ様でしたー。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
毎日の生活の中で、ホント頑張っておられるのですね
その努力があったから今の生活があるんですよね
PCもできるなんて 素晴らしい!楽しみが広がっているのですねぇ(^^)
2006/ 06/ 09 (金) 08: 54: 19 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
ウルルさん
家事ができなくなったのは、主婦としてかなり辛いようで、少しでもできる事をやろうと洗濯を始めたみたいです。
年寄り二人分なんて大した量じゃないので、私は父にさせればいいと思うのですけど…

PCはホントにメールを見るだけなのです。
でもまあやる気があるだけいいかなと思っています。


2006/ 06/ 10 (土) 10: 57: 48 | URL | wool # -[ 編集 ]
遅くなりましたが、お帰りなさい。
お母様は現在は随分といろんなことが出来るようになられたようですね。身障の方もリハもやってくれるといいのですが。うちはデイの日は、帰っても誰もおらず、一人では何もできないので、ヘルパーが帰宅時間にあわせてきています。年齢からお察ししてご両親は私の義父と同じくらいかと思います。夕食とかはお父さんが準備されているのですか?うちの義父だってやればできるようになるはず。
すべて、私とヘルパー任せ。。。


  


2006/ 06/ 10 (土) 11: 36: 47 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
こんにちは。
「せーんろはつづくーよ~」
本当に不思議ですよね、
家の母もおしゃべりはスムーズにいきませんが歌はけっこう上手に歌えるのです。
リハビりに歌を歌うことはいいんですね^^
お父様が「ヤレ」と言ったのですか(笑)
ひょっとして、小さな声で一緒に歌っているのかもしれませんね。。
2006/ 06/ 10 (土) 13: 32: 35 | URL | camel-1952 # -[ 編集 ]
>コメントありがとうございます
タケノコさん、ただいまー。

母は料理は出来ないので、父がやっています。
周りの皆さんに「よくやっていらっしゃるわね」
と言われますが、自業自得な面もあるのです。
父は結婚してから徹底的に母の料理を自分好みに仕込み、嫌いなものをいっさい作らせませんでした。
おかげで私たち姉弟は、洋食、豚肉、甘いおやつ、すき焼きなどの甘辛い味の料理、は家を出るまで食べた事がありませんでした。
父は基本的に母以外の人が作ったものがダメなのです。
外食も何軒かの父のおメガネにかなった店にしか行きません。
飢えたくなかったら、自分で作るしか無いのです。

実家に帰った時の私の一番の仕事は、母の食べたいものを作ることです。
その時だけ母は自分の好きな物を食べる事ができます。
そして父は私の作ったものが食べられません。
ホント変な夫婦です。



camel-1952さん

最初の頃、母は歌詞を思い出せなかったので、父が一緒に歌っていたそうです。
でも父は実は、リズム音痴なのです……
今母がちゃんと歌えていて良かった……
2006/ 06/ 11 (日) 11: 35: 00 | URL | wool # -[ 編集 ]
こんばんは、
洗濯とかもされるんですか?
自分もでしたが、
出来る事があると嬉しいんです。
「オーラの泉」私も見ています^^
2006/ 06/ 12 (月) 01: 08: 53 | URL | yun # -[ 編集 ]
yunさん
yunさん、こんばんはー。
母がする家事は、洗濯と床をクイックルワイパーで掃除することです。
掃除は、もちろん車椅子に乗ってです。

「できなくなったって事は、もうやらなくていいって事でもあるんだよ」
と何度言っても、母はやっぱり料理をしたいみたいです。

゛オーラの泉゛面白いですよね。
2006/ 06/ 12 (月) 01: 44: 21 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。