お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年6月現在の母 その1
2006年 06月 04日 (日) 23:11 | 編集
一週間田舎に帰って来ました。
その間ほとんどインターネットに触れなかったので、更新しませんでした。
のぞいて下さった方、ごめんなさい。

母に会うのはお正月以来でした。
前日は、仕事場でもついニヤニヤしてしまうほど楽しみでした。
母に渡すお土産も全部買えたし、むこうのお天気は良さそうだし
『えへへへ…』
ってな感じでした。
なので母の部屋に入った時、私はハイテンションだったのに
「タ・ダ・イ・マーッ!!!」
「………おか…えり…」
母は寝てやがりました…
片思いって辛いですね。

髪の毛が伸びていて、以前の母とダブって見えて、今回はちょっぴり切なかったです。
それにお正月はなんだか太って顔がパンパンだったのですが
3kgほど痩せたらしく、目が落ち窪んで老けて見えました。
「痩せなさい」
「足が悪いのに太ってどうする」
「もうご飯は食べちゃだめ」
とお正月には言っていたのに、今回はバシバシ食べさせました。
“世界で一番料理が嫌い”な私ですが、頑張って毎日作りました。
外食とお惣菜で生きてきた私でしたが、母が倒れてから
“母に食べさせる”という目的のためだけに、時々自宅で料理をするようになりました。
才能が無いのと、経験浅くカンが働かないため
未だに肉じゃが一つレシピが無いと作れないのですが…

母は月水金と、週に3回“通所リハビリテーション”という名目で
入院していた病院と同じ敷地にあるデイケア施設に通っています。
朝9時にむかえが来て、帰りは5時になります。
月曜日と金曜日はお風呂に入れてもらいます。
最近やっと一人風呂では無く、広いお風呂に入れるようになったそうです。
もちろんマンツーマンでケアワーカーさんについていてもらうそうです。
この四月から介護保険などが変わり、水曜日はリハビリが無くなったそうです。
その変わりに、一人一人に細かいリハビリメニューが作られて
リハビリの無い水曜日は、看護婦さんが建物のあちこちを
母について歩いてくれるようになったそうです。
(母は一人で車椅子から離れるのは禁止されています)
減ったリハビリ分を少しでも補おうと、施設側も色々と努力をしてくれているらしいです。
母は水曜日は行くのを辞めて、整形外科などでリハビリを受けようかと
考えていたそうなのですが
取りあえず当分は、今の施設にこのまま通う事にしたそうです。

お風呂がある月金は、同時にリハビリもある日なので忙しく
あまり他の事は出来ないらしいのですが、水曜日にはスケッチをしたりするそうです。
施設に色鉛筆と水彩絵の具が置いてあり、花などを描くそうです。
母は絵を描くのが好きらしく、私にスケッチブックと24色鉛筆を所望しました。
月に二回、俳句のお稽古があるそうで
「難しくてなかなかできないの」
「一番頭が疲れるのよ」
「いい言葉が浮かばないの」
ちょっとしょんぼりしていました。
“沢山の言葉を忘れてしまった”
“思い出せない”
と実感するのでしょう。

母は多趣味な人でした。
三つも習い事をしていました。一つは二十年続けていて師範級でした。
その全てが出来なくなりました。
家に帰って一年半。
家でも左手で庭の花をスケッチをしたり、辞書片手に俳句をひねったりしています。
読書も大好きだったのに、今では一冊本を読むのにとても時間がかかります。
俳句の言葉が浮かばなくて、しょんぼりしている母を見ていて
人が人にしてあげられる事の少なさに、私は”プチ絶望”しました。
生き甲斐を与えてあげる事は誰にも出来ないなと。
でもウルトラ飽きっぽい私は、コンマ何秒かで無事立ち直りました。

帰省日記はもうちょっと続きます。

↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
おかえりなさ~いい!
よかったですぅ!(*⌒▽⌒*)ご両親に会いにいってらしたんですね
心配だったんですよ~どうしたのかなぁと
喜んでいたでしょうね。片思いなんかじゃないですよ 顔に出さなかっただけ?

>人が人にしてあげられる事の少なさに<
私もそうでした。何度自分の不甲斐なさに泣いたことか
母も沢山頑張って資格を取って来た人でした
でも、全てが一つずつ無くなっていって・・・
それをどうなぐさめていいか言葉が出ませんでした。
でも、とにかく今できる何かを見つけて 一緒に楽しもうって思ったんです
リハビリも頑張ってますね  凄いです
これから まだまだ出来ることが増えてきそうで楽しみですよ
2006/ 06/ 05 (月) 01: 03: 00 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
楽しみにしてました。
お元気そうで、よかったです~。

「してあげたいこと」が多すぎるから、
「してあげられない」と悩むかもしれないけど、
痩せたお母様に、食べて欲しいと
きらいなお料理をがんばってみたり、
お母様に「元気になって欲しい」と願うこと、
おいらから見たら、ほんとうに、
十分、お母様は幸せいっぱいな気がします。

そうはいっても、やっぱり
なんでもできた人が、ひとつずつ
なにかができなくなっていくこと、きっと、
ほんとうにお辛いだろうと思います。
うちの父みたいに、辛い気持ちなんかも
すっぽり抜けて忘れてしまえば、
周囲はほんのちょっとだけ楽になります。
本人の苦悩がきっと軽くなったろうという意味で。

けど、woolさんのお母様には、
「今、できること」がたくさんありそう。
それから、こうして、woolさんがお母様の
素敵な面を紹介してくださることで、
ああ、ほんとうに、きっとすごく背筋が
しゃんとした、キリリと充実した日々を送って
いらしたんだろうなぁ~~~って、
なんだかおれも一緒にうれしくなります~。
2006/ 06/ 05 (月) 14: 03: 17 | URL | scallops # 1/Tnkcgo[ 編集 ]
お帰りなさいwoolさん!私も待ってましたよぉ~。一人娘の本名です♪
顔を見れて、同じ空気を吸いながらのお喋りは、電話とはやっぱり違っていろいろ想いがあったようですね。
それでも・・お母さん、ずいぶんと回復されている様子が伺えて、本当に良かったです。
ご両親も娘に会えて・・何よりも嬉しかったと思いますよ。
それに、自分のために料理をしてくれるなんて・・きっと物凄~く嬉しかったと思います。
料理は私もあんまり好きではありません。「私・・食べる人!」なんてセリフありましたっけ・・モロそっちでした。
ナカナカ上達しなくて、要領も悪くて悩みの種ですけどね。誰も作ってくれなくなっちゃったし・・渋々と。この歳で・・全く情け無い~妻と母と娘です。役目が多くて大変よぉ。
でもきっとこの調子だと、ご両親にとっての良い娘のwoolさんが・・良い奥さんになっちゃえる!間違いないですねぇ。修行修行♪
woolさんのご両親も、楽しみなんじゃないでしょか??へへ・・。私も楽しみぃ♪

あんなこと・・こんなこと・・一生懸命に乗り越えてこられたんですものね。頑張っちゃいましたね、お母さんもきっと!きっと、ますます頑張っちゃうんでしょうね。

お疲れ様、体調・・気をつけ下さいね!

2006/ 06/ 05 (月) 15: 14: 37 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
woolさん、お帰りーv-81

>人が人にしてあげられる事の少なさに、私は”プチ絶望”しました。
>生き甲斐を与えてあげる事は誰にも出来ないなと。

コレ、すごいよくわかるぅぅ。
きゅぅぅぅ(>_<)

>でもウルトラ飽きっぽい私は、コンマ何秒かで無事立ち直りました。

コレもすごいよくわかるぅぅ。
アハハー(^◇^)
2006/ 06/ 05 (月) 21: 17: 01 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
お帰りなさい
woolさん、お帰りなさい、
お母様の顔を見て、甘えてきましたか~

得意でない料理を頑張って作ってきたのですね、きっとお二人喜んで食べたことでしょう。
お母様は絵を描くことがすきなのですね、いいですね、何かしようとする気持ちだけでもスゴイです。ぜひぜひ描いて貰ってくださいね。

家の母に今はやりの「大人の塗り絵」とやらをあずけたのですが、んん~なかなか描いてもらえません・・・・どうも好きではないようです。
お疲れでしょう、ゆっくり休んでくださいね。
2006/ 06/ 05 (月) 23: 56: 44 | URL | camel-1952 # -[ 編集 ]
>コメントありがとうございます。
みなさま、ごめんなさいです。
「一週間留守にします」という日記を書いておけばよかったと思いついたのは
こちらに帰ってきてからでした。
ホントにマヌケでした。許してください。



ウルルさん

エヘヘ。片思いじゃないかな?
「神様が”もう違う事をやれ”と言っているんだよ。きっと」
と言ってずっと母を慰めていたのですが、これまでの何十年かの努力や蓄積が全て無くなってしまった事に対する絶望感は、やはりはかりしれませんよね。

ウルルさんを見習って、今できる事を探して、一緒に何かやってみようかなと思います。



scallopsさん

>十分、お母様は幸せいっぱいな気がします。
そうかな。そうだったらいいなと思います。
母が倒れて初めて
「娘を泣かせるような事だけはしないで欲しい」
とかなんとか婿さん候補に言う、世の父親の気持ちがわかりました。
「母が障害を負った」から辛いのではなくて
「母が泣く」ことが私は辛いのだなと。

>きっとすごく背筋がしゃんとした、キリリと充実した~
キリリとしていたかどうかは分かりませんが、母は後ろから見ると
「なんで肩にハンガー入れてるねん!」
とツッコミたくなるほど肩が張っていますよー。

嬉しくなって下さってありがとうございます。
実は「妙なヤツ」な母の現状日記も、少しづつ書けたらいいなと思っています。



久美子。さん

オー!!!お名前が変わっているー!
それになんだかブログでプチカミングアウト(?)されていますね。
では私もチョッピリ…
私は神奈川県の東の端のK市に生息していますよー。
O急線沿線ですよー。ドキドキ。

>良い奥さんになっちゃえる!間違いないですねぇ。
田舎の友人に「それで、出会いは?」と聞かれて
”彼氏”の事だと気付くのに3秒くらいかかりました。
そんな私でも大丈夫でしょうか???



ゼリーさん

わかってくれますかー!
やっぱりプチ絶望しますよねー!!
そして忙しくてどんな感情も長くは続かない…

たった一週間で、やりたい事が多すぎて、母の話しをゆっくり聞く時間がなかったです。
本末転倒でした。反省。
2006/ 06/ 05 (月) 23: 57: 52 | URL | wool # -[ 編集 ]
>camel-1952 さん
ただいまですー。
そうですね。甘えてきたかもしれません。
母の話を聞くより、私が喋ったほうが多かったかもしれません。
「あー私は母に甘えられて幸せだなー」と今思いました。
camel-1952 さんどうもありがとうございます。

母は自分でスケッチして、それに色を付けるのは好きでやっているのですが、塗絵は嫌いだそうです。
camel-1952 さんのお母様もですか?
不思議ですねー。
私には何が違うのかさっぱり分からないんですけど。
2006/ 06/ 06 (火) 00: 08: 32 | URL | wool # -[ 編集 ]
親のちょとした変化でも、気になる気持ち、わかります。
んーでも良かったね、お母様も元気そうで。
それに、お料理の腕も上がったようだしv-8

・・・あれっ、近所かもv-237
2006/ 06/ 06 (火) 00: 54: 25 | URL | カズP # -[ 編集 ]
>カズPさん
>親のちょとした変化でも、気になる気持ち、わかります。
何ヶ月も会わないと、余計に気が付くし気になるんですよね。
父がさっぱり無頓着なのにも腹が立ったり。

き…近所ですか?ドキドキ。v-291


2006/ 06/ 06 (火) 10: 18: 35 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。