お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当の気持ち
2006年 05月 11日 (木) 19:34 | 編集
私が母を酷い言葉でなじって泣かせた日から
母は車椅子に乗るたびに、右足を自力でステップに乗せようと努力し始めました。

本当はそんな事はやってはいけない事でした。
そんな事ができるようになっても、歩行に関して何の特にもならないし
それどころかリハビリの障害になるだろうという事は
それまでに読んだ沢山の本や、リハビリの先生方のお話で十分に分かっていました。
でも私はその時、本気で引き上げるつもりだったので
三日間くらい母が無理をしても、少々足が痛くなってもどうでもいいと思っていました。
出来ないと分かっていて、ムリな課題を出したのですから。

「イヤー。帰ったらイヤー」
顔をくしゃくしゃにして泣きながら、フンッフンッと足を上げている母は
冷静に見ていると滑稽でさえありました。
半月も前なら、私も一緒に泣いていたかもしれません。

そもそも、母はこんな人ではありませんでした。
三人いる子供達に、自分の望みを言ったことはありませんでした。
「私は何も欲しいものは無いよ」
「お盆には帰ってこなくてもいい。お金がかかるから」
「電話代がかかるからもう切るよ。そんなにかけてこなくてもいいよ」

自分の母親の葬式の時は、長男には帰ってこなくてもいいと言い
次男には知らせもしませんでした。
私は怒って、母に連絡だけはさせました。

そんな母が泣きながら”帰っちゃイヤー”と言っている姿を見て
”本当はこういう人なのかもしれない”
”きっとずっと淋しかったのかもしれない”
”病気のせいでいつもは隠してる気持ちが、全部出ちゃっているのかな”
”どうしてもっと前から自分の気持ちを外に出さなかったんだろう”
”だからこんな病気になってしまったんだ”
と思いました。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
病気って
病気って残酷なものですよね
体だけでなく、心も病にしてしまうから・・・
父が母の3回目の脳内出血で一番嘆いたことは、やはり性格が変わってしまった事でした
たとえ体が不自由になっても、生きていてくれた事への感謝。
でも、その代わりに母の心がドンドン変わって・・・その姿を見るたびに悲しそうな父の目。
その父を私が見て 更に悲しくなって
でも、母には変わりないし、時折見せる顔はまぎれもない母の顔で・・・病気のせいだから、と思うことで頑張ってきたんですよねぇ
2006/ 05/ 11 (木) 19: 50: 01 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
うちの妻もどちらかというと負けず嫌いで勝ち気な方だったのに。。。涙を流していたり、謝られたりすると、病のせいで性格も変わっちゃうのかなとも思いました。最近では思ったことを何でも口にしちゃう(批判とかも)ので危なっかしい感じもします。失語症のせいもあるので適切な表現ができない、言動をコントロールできないのかもしれませんが。
2006/ 05/ 11 (木) 23: 44: 21 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
もう今日は泣けるぜ、オイ!

どの話もさぁ!
2006/ 05/ 11 (木) 23: 59: 11 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>コメントありがとうございます。
>ウルルさん
本当に残酷ですね。
私もあんな母の姿は見たくなかったです。
そうさせているのが頭がはっきりしていないせいだとしても。
私が酷い事を言ったせいだと分かってはいても…


>タケノコさん
あやまられると困ってしまいますよね。
あやまって欲しいわけじゃないのに。
あやまってもらってもどうしようもないのに。
それでもあやまってしまう母が不憫でした。


>ゼリーさん
うわ~ん!
泣けますか~?
私も泣いています~!!!
2006/ 05/ 12 (金) 01: 00: 27 | URL | wool # -[ 編集 ]
(┯_┯) ウルルルルル
お母様は強い方だったんですね。
ずっと自分の気持ちを抑えて、周りに気を使ってばかりおられたんでしょうね・・・
そう思うと、たまらないです・・・

最後の7行・・・
どばーっ (┬┬_┬┬)
2006/ 05/ 12 (金) 12: 00: 40 | URL | ツナ # -[ 編集 ]
>ツナさん
母は強いというより「やせ我慢の横綱」って感じでしょうか?
自分の気持ちを出さない抑えると言う事は、人を大事にしているようで、実は自分を粗末にしていると言う事なんだと思います。
「憎まれっ子世にはばかる」の逆ですね。

泣いて下さってありがとうございます。
私も書きながら泣きました。
この当時はキレまくっていてさっぱり泣けなかったんですけど…
2006/ 05/ 12 (金) 23: 25: 56 | URL | wool # -[ 編集 ]
こんばんは、
>本当はこういう人なのかもしれない
娘さんにそう気付いてもらったのは、
良い事じゃないでしょうか。。。

私も同じような事ありました。。。兄弟と。

私も一度、死と対面して弱い自分を許す事も
絶対に許せないと思っていた相手を
許す事ができるようになりました。。。

woolさんが感じている事が、
私の兄弟の言葉のようで響きます。

それでは、また。
2006/ 05/ 13 (土) 02: 15: 25 | URL | yun # -[ 編集 ]
>yunさん
yunさん、こんにちは。
ありがとうございます。私も母が感じている事が分かって良かったと思います。
現在は頭も随分クリアになったみたいで、また強がりを言うようになりましたが、もうダマされません。

>絶対に許せないと思っていた相手を許す事ができるようになりました。。。

うう~私はまだ出来ません~。
2006/ 05/ 13 (土) 11: 36: 55 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。