お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天然?
2006年 05月 06日 (土) 21:33 | 編集
母がベッドから車椅子に乗り移るの介助する時
ベッドに座ったままで、まず靴を履かせます。
「これは何?」
毎回履かせる前に靴を指さして、私は母に聞きました。
「う~んとねぇ…」
「……」
「あのねぇ~」
「……」
「もうおしっこが漏れそうだから、連れってって!!!」
大抵こんな感じになりました。

時には
「えーとねぇ…」
「……」
「あのね…」
「……」
「あっわかった!靴下!!!]
「…………」
私が母の足元にしゃがんだままで思いっきり変な顔をしても
母には何故だか分かりません。

そして時には
「うーんとね…」
「……」
「なんだったかな~」
「……」
「私はちゃんと知ってるのよ」
「……」
「あっパンダ!!!」
「…………かわいいね」

今ではちゃんと『靴』と言えます。
時々度忘れしますが、少しすると思い出します。
なので私が”こんなにあなたは面白かった”と言っても母は信じません。
とても都合のいい、母の脳です。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
あー、私もママン入院中、そんなような事たくさんあった気がします。
転院の日にね、私が行ったらちょうど歯磨きしてる最中で、突然「ペケペケポー」とか言うの。そのシチュエーションは「グチュグチュぺ」だろ!
一緒に行ったオットや伯父は大爆笑だったんだけど、私は笑えなかったなー。キーキー怒っていた。笑えるってことは、それだけよゆーがあるんですよね。

ウチも「覚えてなーい」とスットボケます。
都合がいいこと!
2006/ 05/ 06 (土) 22: 38: 11 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさんへ
そう。
なぜ父や弟が私のように憤らないのか苛立たないのか不思議でした。
でも本当に何故なんだろう。なぜ私一人が
「こんな母はいやだ」
「絶対にここまで治すんだ」
とギンギンだったのか。
最後まであきらめられなかったのが私です。
今でも不思議。
2006/ 05/ 06 (土) 23: 48: 59 | URL | wool # -[ 編集 ]
私のバーちんの場合・・物とかの名前はわりとしっかり解ってるんですけど、見えない物が見える・・。
亡くなってしまった人も見える・・。
伯父なんて、ムカつくくらい笑って聞いてるから、キレそうになっちゃいます。
どうしても、わからせようとしちゃったりして・・その度、バーちんを怒らせてたけど。
最近は、バーちんの方が・・なるべく言わないように決めてるみたいで。
でも本当は、まだ見えてるんですよねぇ・・。
しっかし・・同室の95歳のおばーちゃんと孫が同一人物になる・・本当にどうしたもんか困ります・・。
本当に、脳って不思議過ぎ!
早く「覚えてない・・」って、言って欲しいでーす・・。その日を楽しみに待ってます。
2006/ 05/ 07 (日) 00: 04: 02 | URL | 一人娘。 # -[ 編集 ]
>一人娘。さん
家族の側も時間がかかりますよね。
必死だからつい強く言ってしまうし。
娘と母って特別な関係なのかな?
弟達はまた違うんですよね。基本的に母に優しいです。
きつい事も言わないしさせないし。

亡くなった人が見えるんですかー。
それも不思議ですね。
2006/ 05/ 07 (日) 14: 27: 09 | URL | wool # -[ 編集 ]
自然なこと??
ちゃんと覚えているもの(うちの場合は言えるもの)もあれば、人の名前は相変わらず、ヘルパーさんの名前も覚えられない・・・・皆同じ名前になったり^^)箸を取らせると、自分のはちゃんとわかるのに、私やお義父さんのはよく間違っちゃう。。。。色の名前の認識が間違っているのかな。靴、靴下は大丈夫のようですが、まだやっていないのに、もうやったということがよくあります。自分はもう慣れっこですけどね。
2006/ 05/ 07 (日) 21: 29: 52 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
色も最初の頃は凄かったです。
全てを「青」と言っていましたね。
違う色だと見えてはいるのに全部を「青」と言う。
この日記の時も、どうして「靴下」が出て「靴」が出ないのか。
「靴下」と言った時点でどうして「あっ靴だ!」と分からないのか。
私はどういう事なのかと詰め寄りましたよ。

ああーあの頃はホントに私も青かった…
2006/ 05/ 07 (日) 21: 49: 05 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。