お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビロロ~ン
2006年 03月 01日 (水) 10:01 | 編集
父は思ったいたよりも気丈にふるまっていました。
交代でICUの母の枕元に陣取り、母の左手を握り続ける私と弟を尻目に
親戚の相手をしたり、買い物をして来たりと忙しくしていました。
私たち姉弟にとっては、不幸中の幸いでした。

話しかけても返事が無いので、わかっているのかわかっていないのか
確信が持てず、一日中眠っているように見えた母でしたが
看護婦さんに耳元で大きな声で
「○○さーん、左手を上げてくださーい」
と言われると、私の手を振り解き、手を垂直に上げるではありませんか。
「今度は左足上がりますかー」と言われると
ビロロ~ンとまた90度に。
そこまで上げなくても、お母さん足が丸だしだよと
思わず笑ってしまいました。

声は出せないけれど確実に意識はあると言う事がわかりました。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。