お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまたヤングが
2006年 04月 19日 (水) 22:18 | 編集
お隣にぼうやが入院してから一週間後くらいに
今度は続けて、二十代の女性と三十代の女性が入院しました。

二十代の女性は歩けるし喋れるのですが
言われてみれば、右側が若干不自由そうでした。
最初から個室に入りました。
三十代の女性は坊主頭で頭の前の方に、痛々しい手術痕がありました。
そして最初は車椅子に乗っていました。
この女性は私の母と同じように、二人部屋に一人で入りました。

入院患者さんの情報は、看護師さんや介護士さんが何かの折に
話してくださる(前述のぼうやの騒ぎのような時など)以外は
基本的には知りようが無いのですが
二十代の女性とは、少ししてからお話をするようになったので
彼女自身の事や三十代の女性の事情を知りました。

二十代の女性が言うには、彼女は子供の頃から”てんかん”を持っていて
頭に小さなチップのようなモノを入れる手術をした。
その手術は大学病院で二度に分けて行われ
二度目の手術から目覚めた時には、不自由な身体になっていたとの事でした。

毎日旦那様が仕事帰りに来られて
旦那様が帰る時彼女は、病室のドアの所で旦那様が見えなくなるまで
左手を振っていました。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
さっきねー
woolさんが私のブログに下さったコメント、お風呂に入りながら、ずっと考えていました。

私、親を看れるって、幸せなことなんですね。

そんなの当たり前だーって思うかもしれませんが、近すぎて意識してませんでした。

気付かせてくれて、どうもありがとう!
2006/ 04/ 21 (金) 01: 29: 25 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん
うわーん!
ありがとうございますー!
コメントのお返事も読みました。
ゼリーさんは一番最初の賛同者です!
あー書いて良かったー。

私も幸せです。
家を建てるお金も、旦那様もいないけど
夢に向かって努力できるくらいの健康体と機会が与えられていますから。

なんだか勇気がわいてきました。
田舎の友達にも言ってみようかな。
2006/ 04/ 21 (金) 02: 10: 58 | URL | wool # -[ 編集 ]
おー。今、ゼリーさんとこのコメンツ読み返してきたー。そうそう。おれも思った。親を看られるって、ほんと幸せ。実家に戻ったとき、友達(仕事仲間)は、「都落ち」って思ったみたい。すごく同情されたし、中には「自分の人生を大事にして」「帰る必要ない」ってはっきりいう人もいた。それはそれで、おいらのキャリアを心配していってくれることだったから、ありがたいとは思う。けどね、やっぱ決断したときに「揺れる思い」はあって、正直後ろ髪がっつり引かれました。しごとはあきらめなくちゃかなぁって。でもね、2年経っていえることは、ほんっとに戻ってよかったとです。しごとには正直支障があったけど、そんなんこの2年の苦労&幸せに比べたら、なんでもねーです。自分の知らなかった親のこと、こんなに知ることができた。この2年の思い出は、おいらにとってかけがえのない宝物です。って、まだ両親どうにか元気ですけどね。あはは。おれはこのまま驀進しますよ! woolさんの望みはきっとかなうと思うし、思うとおりにすべきだし、そして結果として、woolさんもご両親も幸せになるですよ~~~。v-218
2006/ 04/ 21 (金) 12: 36: 58 | URL | scallops # 1/Tnkcgo[ 編集 ]
scallopsさん、私もね、介護知らない人のままだったら、多分scallopsさんの友達と同じコト言うと思う。今なら「やりな!辛いけど。大変だけど。でも新しい扉が開いちゃうよー。」って言うかなー。手放したものもたくさんあるけど、ぜーんぜん質や輝き方の違う何かが、手の中に入ってきたかも。浪漫ちっくに言いすぎかな(笑)
ということで、また他の人のブログで熱くなってしまいましたが(woolさんごめーん!)、夢に向かって努力できる機会も健康体も、親からもらったものだもんね!一緒に驀進しましょ~~!えいえいおー!
2006/ 04/ 21 (金) 20: 36: 29 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん、scallopsさん
お二人ともありがとうございますー。

母が倒れる前は、田舎に帰るなんてましてや一緒に住むなんて考えた事もなかったけれど、今は母が気になってしようが無いんです。
兄弟との兼ね合いとか色々あるけれど、とにかく自分の気持ちに従おうと思っています。

そしてピンチをチャンスにするぞー!!
2006/ 04/ 21 (金) 21: 45: 54 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。