お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転院の日
2006年 03月 26日 (日) 20:17 | 編集
転院の日、朝10時にA病院の救急車が迎えに来てくれることなっていました。
病室の私物は全て父の車に積んで、父は後からA病院に一人で来る事に。
私は母と一緒に救急車に乗ります。

そろそろ迎えが来るかなと思っていると
ハァハァと息を切らした社会福祉士の男性が病室に来られました。
退院までにお知らせしておかなければいけなかった事がまだでした
お時間を下さい、との事。
近くあるカンファレンスルームに行くまでの間にも
何度も何度もお辞儀をしてお詫びを言われます。
とても腰が低くて熱心な方なのです。

その時言われたのは
・ 障害者手帳は症状が固定してから半年後からなど、申請日に制限があり
  申請しても三ヶ月位かかるが、介護保険は今すぐに申請でき、一ヶ月くらいで届くので
  すぐにでも申請する事をおすすめします。
・ この病院の治療費は高額療養費制度を使うと、普通の家庭であれば
  自己負担は7万円位になります。それ以上は市が支払ってくれます。
・ 最初に全額病院に支払って、後から市に払い戻してもらってもいいですが
  貸し付け制度を使えば、最初から自己負担分だけで済みますので
  そちらをお奨めします。

それから
「ご実家とは市が違うので、もしかしたら少し違う部分もあるかも知れませんが
  何かありましたらどんな事でも、いつでもご相談下さい」
と言ってくれました。

高額治療費制度の事は知っていましたが、貸し付け制度は知らなかったので
とても助かりました。まとまったお金を一時的にでも用意する必要が無くなりました。

父はこの社会福祉士の方をとても気に入っていて、本当にどんな事でも相談していました。
後から聞いたら"そんな簡単なことまで?"と思うような事まで。

母は実家から車で45分かかるこの病院に、今でも定期的に検診に通っています。
家に帰ったら、家から近い病院に主治医を替えるのが普通です。
それに担当医は大学病院からの派遣なので、もう何人も代わってしまっているのです。
でも父がこの社会福祉士さんを気に入って、病院を替えたがらないのです。
「仕方が無いの、お父さんがね」と言って母ももう諦めているようです。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。