お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リハビリ専門病院
2006年 03月 21日 (火) 14:42 | 編集
次の日父は一人で、隣市のリハビリ専門病院を見学に行きました。
地域医療連携室から連絡してもらい
リハビリの責任者に話を聞いてくるとの事でした。

知り合いに、10年以上前に40代で脳出血に倒れ一週間意識が無く
親戚を呼んでおいて下さいとまで言われたのに、現在は外から見る分には
全く健常者と変わらない生活をしておられる男性がいて、その方とご家族に
「PTとSTとOTの数。そしてそれぞれが毎日リハビリをしてくれるのかどうかが重要」
だと私と父は聞かされていました。

帰ってきた父によると
・ かなり大きな病院である。
・ リハビリは1階のリハビリルームでやる。
・ リハビリは基本的に毎日行う。土日祝日は休み。
・ PT18人、OT16人、ST3人。
・ 病室は2人~6人部屋。
・ 事故などによる若い患者も多い(だからなのか自動車の教習コースもある)。
・ 廊下で会った看護婦、スタッフの対応が良くなかった(挨拶をしなかった)。

父の対応をしてくれた担当者はPTの親玉のような人で
忙しいからと一階のリハビリルームで、患者のリハビリをしながらの説明だったそうです。
それに対しては、父は別段不満には思っていなかったようでした。
実際のリハビリの様子も見ることができた、と言っていました。

“ちゃんと地域連携室を通し、予約をして時間通りに行ったのに仕事をしながら?”
会ってもいない担当者とリハ専門病院に、私はちょっと不満を覚えました。
父が不満の、看護婦さんやスタッフの挨拶の話は気になりませんでした。
父の無愛想でエラそうな態度に敬遠されたか
父の気に入るようなバカ丁寧な挨拶では無かっただけだろうと
気にしませんでした。

その次の日父は、今度は実家と同じ市内にある二つの病院に
見学に行くことになりました。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
うちの妻が受け入れてもらえた病院の規模などに似ています。県下随一(国立、県リハセンターを除く)で・・・ただ、面接はなかったのと、若い人は少なかったです。
先ずはリハ病院の方の担当は、医療相談員(ソーシャルワーカー)だったと思います。
確かに毎日少しでも多くのリハ時間があること、人数も多ければいいのですが、当たった担当者の技量の差も大きいと思います。
コメントなかなかできませんが、毎回読ませてもらっております。
2006/ 03/ 21 (火) 22: 46: 35 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
ああー。件の知り合いは国立に入っていたそうです。
うちは地方なので、県立さえありません。

私もソーシャルワーカーなどがまず担当して、それからリハが見たいとかリハ担当者に話が聞きたいとなったら、PTなどに会わせてくれるものだと思っていたんです。

リハ担当者の能力など、本当にその通りだと今になってみるとそう思います。

いつもありがとうございます。
so-net版いいですね。明るい感じで。
リハビリの記録なんて、どうしても暗くてちょっと書いてて滅入ります。
私も今のファンキーな母の様子を書きたい誘惑にかられます。
2006/ 03/ 21 (火) 23: 34: 23 | URL | wool # -[ 編集 ]
今年の1月主人が脳出血で倒れ救急病院に入院しました
今はリハビリ専門病院に転院し、左片麻痺の訓練中ですが3月末現在、あまり効果があがっていません
私も主人もリハビリに関する知識がないのですが、担当の理学療法士は若く主人の疑問質問に的確な返事をもらえません
私はとても焦っています
リハビリに関する本など教えていただけたらとお便りしました
2006/ 03/ 26 (日) 09: 04: 54 | URL | オリーブ # -[ 編集 ]
>オリーブさん
はじめまして。woolです。
本はかなり読んだのですが、全て実家に置いて来てしまいました。
でも一番役に立ったというか、今でも覚えているのは以下の本です。

「リハビリテーション―新しい生き方を創る医学」
  上田 敏(著) ブルーバックス(新書)

Amazonでも売っています。
なぜ下肢より上肢の方が回復が難しいのか
なぜ体よりも言語の方が、長い時間をかけての回復が望めるのか
など、担当医に聞いても良く分からなかったメカニズムが
詳しく書かれていて、父と二人納得した覚えがあります。
この著者の本は他にも読んだと思います。
御覧になってみてはいかがでしょうか。
他の本なども、分かり次第お知らせします。

ご心配なお気持ちは痛いほどわかります。
何かお知りになりたい事があれば、またいつでも聞いてください。
メールでも結構です。
2006/ 03/ 26 (日) 21: 03: 18 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。