お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お詫びをここで
2006年 03月 19日 (日) 21:14 | 編集
何人もの方から、ぜひ母のお見舞いに行きたいと言われていましたが
救急病院での一ヶ月とその後のリハビリ病院での最初の何ヶ月かは
「まだあまり意識もはっきりしていなくて
 疲れも激しいので、もう少し元気になってから見舞ってやって下さい」
とお断りしていました。

母には一応毎回お伺いをたててはいましたが
母が正確に判断できないであろう事は承知の上です。
私たちが、こんな状態の母を誰にも会わせたくなかったのです。

みなさんは私たち家族のわがままを受け入れて
「最近のご様子はいかがですか?」
「まだお疲れが激しいかしら」
などと、根気良く何度も電話で尋ねて下さいました。
本当に本当に感謝しています。

いくら家族の一大事とはいえ、私は母の友人やご近所の方々に
「来てくれるな」と言い続けていた訳です。

今になって思うと、私たち家族だけで閉じるのではなくて
もう少し早くから母の具合を知ってもらい
一緒に回復を見守ってもらえば良かったのにと思います。

なんだか必死で余裕が無くて
「他の人には分からないわ放っておいて」
とばかりに、凄く狭量になっていたんだと思います。

あの頃、私がした事言った事、色々失礼があったと思います。
みなさまごめんなさい、許して下さい。
そして、これからも母と私たち家族をよろしくお願い致します。


ランキングに参加しています。


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
やむを得ないのでは。
私も妻の意識がないこと、確認が取れないこと、坊主頭でいろんな管が入って、オムツもしていて、とても元気なころの妻とのギャップが激しく、本人もそんな姿を見られたくないだろうと思いました。友人は理解してくれましたが、親戚や亡き義母の友人なる人たちにはそんな思いが伝わらなかったようでした。
なぜ、夫が意識が戻ってから、妻が返事が出来るようになってからといっているのがわからないのか・・・当時は怒りすら覚えました。ICUに入っているので、会えないといっても勝手に病院まで来て、顔を見るだけでもなんていう無神経な会社の上司(夫婦で同じ会社だったので)もいました。
ホントに心配して来てくれた方、そうでない方、介護をしている今なお気に掛けてくださっている方が真の心をもっている方なのかなって思いました。

2006/ 03/ 20 (月) 21: 27: 53 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
やはりタケノコさんもそういう経験をされているのですね。

ご近所の方や母の友人の内の何人かは、来てもらってもいいかなと思った人もいました。
でも区別をつけてそれが知れるのもまずいので、一律にお断りしていました。
でもリハ病院に移って二ヶ月目位に、突撃して来られた方がいて、結局それ以降はなし崩しになってしまったのですが。

もちろん母のためを思ってやっていた事は確かですが「ひどいの状態の母を誰にも見せたくない」という父と私の気持ちの方が強かったんじゃないかと、後から思う事があるのです。
親戚に対してはともかく、ご近所や母の友人に対して悪者になりたくなかったのかな。
そうやって最初から巻き込んでしまっておいて、母が家に帰ってから何かとお願いしても良かったかな、と現在遠く離れて住んでいる私としては思うこともあるのです。
不愉快な人に腹を立ててもその人は消えてくれないので、それではと利用してしまう手もあったかもしれないなと。
でもきっと、本当に心配してくれている人以外は役に立ってくれる事も無い気もしますね。

あまりにも「入って来ないで下さい」というメッセージを出し続けために、来てもらっても良かった好ましい人達も遠ざけてしまった事をちょっと後悔しているのです。それにうまく人に助けを求められない、見栄っ張りの自分にも。
モチロン「お詫び」はそんな好ましい方々へのみのつもりです(エヘヘ)。

本当に心配してくれている人、自分ではそう思っているだけの人、会う権利口を出す権利があると思っている人、いろんな人がいました。こういう時に人の本性というものがハッキリあらわれるのだなと、つくづく思いました。
他人ならまだしも、親戚や私の友人の中にもそんな人がいたのには、いまだに立ち直れません。
2006/ 03/ 20 (月) 23: 38: 44 | URL | wool # -[ 編集 ]
>またタケノコさんへ
ごめんなさいー。
同じ思いをされた人とお話するのは初めてだったので、つい興奮して凄い長文を書いてしまいました。

えーっと主旨は、イヤな人には「バカヤロ-」と。いい人だけに「ゴメンサナイ」と言う事です…
2006/ 03/ 20 (月) 23: 42: 00 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。