お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラブラ
2006年 03月 17日 (金) 23:12 | 編集
麻痺した右手右足は左側に比べると、腫れていて色も赤黒く変色していました。
おまけにピクリとも動きません。
右肩は脱臼して、触ってみると骨との境が段々になっていました。
麻痺して腕を動かす事ができないと、こうなるのは普通の事だと言われました。

脳出血や脳梗塞で腕が麻痺すると、腕が肘から内側に曲がって
固まってしまう患者さんが多いらしいのですが(「拘縮(こうしゅく)」と言うそうです)
母は逆にダランとしたままで、指先まで完全に弛緩した状態でした。

今となってみれば、脱臼くらいなんて事無いと思えるのですが
その当時は、これからリハビリをしていく上でこれが障害になったらどうしよう。
麻痺していてよく分からないだけで、本当はすごく痛いんじゃないだろうか。
と心配でたまりませんでした。

「三角巾で吊ってもいいですよ」
看護婦さんにそう言われ、売店で買った三角巾でどうにかこうにか
母の右腕を吊ってみました。
小学校の家庭科の時間以来でした、三角巾なんて。
脱臼のためには三角巾はほとんど役に立ちませんでしたが
トイレに座る時、右手がブラブラして股の間にすっぽりハマってしまうのは
防げるようになりました。毎回ちょっと可笑しかったのです。

母は現在も右肩は脱臼したままですし、右手は未だにピクリともしません
三角巾をしていないので、時々トイレで邪魔になるそうです。

ランキングに参加しています。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
お願い
ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にてあなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?
2006/ 03/ 18 (土) 05: 53: 11 | URL | BlogStation69 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。