お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
煩悩
2006年 03月 11日 (土) 12:21 | 編集
やっと車椅子への乗り移りができるようになると(もちろん全面介助)
一日一回リハビリルームへ行くようになりました。
最初は、台の上に寝て左足と左手を動かしたりするだけです。

救急病院のリハビリルームなので、いろんな患者さんがいました。
バイク事故の若者や、手の筋を痛めた小学生の男の子。
足のリハビリのために通院して来ているお年寄り。
もちろん脳卒中と思われる患者さんも沢山いました。

母と同じ片麻痺の患者さんでも、母のように頭を丸坊主にした人はいませんでした。
それを見ては
「ああ、あの人は出血や梗塞が軽かったのかも知れない」
左麻痺の患者さんを見ては
「あの人は左麻痺だから母と違ってベラベラ普通に喋れている」
(言語中枢は左脳にあるため。左脳が損なわれると右麻痺になります)
バーの間を歩いている患者さんを見ては
「あの人はどれくらいで歩けるようになったのだろう」

私には子供がいませんが
子供の成長や学校の成績を、よその子と比べて一喜一憂する親の気持ちは
こんなものなのかも知れないなと思いました。

初めて母以外の脳卒中の患者さんを見て
私は煩悩の塊になってしまいました。


ランキングに参加しています。


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
偉そうにごめんなさいデス
僕もICU時代に意識がなかったときはPT、OTがICUに来てくれていましたが、意識を取り戻してからはストレッチャーで行くようになり、ICUから脳神経外科に移るくらいの特は車椅子で行くように成りました。まだ自分の状況は飲み込めなかったけど。数ヶ月が過ぎリハビリ病棟に移ってからは自分の事も認識が出来て、いつも他の患者のからだの状態と自分の状態を比べていました。悔しかったのは整形でリハビリ病棟に来ている人はいつかは普通の体になるのに、俺は・・・・。という事でした。でも半年ガ近づくと脳神経外科の患者を車椅子で運んでいる看護婦さんがぼくを見て運んでいる患者に、「あの人も昔はあなたと同じ様な感じだったけどあんなに元気になったんだよ、あなたも頑張って」といっているのを聞いてとっても嬉しかったのを思い出します。僕の場合はある程度時間が解決してくれた事も本当です。お母さんはもちろん娘さんも頑張って下さい。僕も歩けるようになった事が不思議だそうですので。長々とすいませんm(__)m
2006/ 03/ 11 (土) 17: 07: 54 | URL | ポムピム # -[ 編集 ]
これまた同じです。
そう妻と同じように経管栄養のチューブを鼻から入れたままの方、同時期にリハビリ病院に移ってきたおばちゃんなんかが良くなっていくなか、妻のリハがなかなか進まず(水頭症の再発、シャントトラブルのせいが大きかったのですが)・・・うらやましかったり、悔しかったり。あんなばあちゃんが歩けて、うちの妻はまだ歩けないとか思った日々もありました。
隣の患者さんやお食事の際の同テーブルのおばあちゃんたちにはずいぶん世話になりました。
2006/ 03/ 11 (土) 17: 28: 56 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>ポムピム
そうですね。事故や手足のケガももちろん不幸ですが
「あの人達はいつか治る。もしも治らなくても義足や義手がある。
 でも脳がやられたらもうどうしようもないんだ」
と私も恨めしく思って見ていました。
母は今はなんとか、家の中は杖で"超スロー"になら歩けます。
外ではまだかなり難しいですが。
ありがとうございます。
2006/ 03/ 11 (土) 21: 57: 51 | URL | wool # -[ 編集 ]
>タケノコさん
私の母は60でしたので、救急病院でもリハビリ病院でも若い若いと言われました。
70代80代の患者さんが多かったからです。
「あんなおばあさん達と一緒にされたらたまらない」と
私も最初は酷いことを思っていました。
タケノコさんの奥様はもっとずっと若くていらっしゃるので
その気持ちはひとしおでしたでしょう。
2006/ 03/ 11 (土) 22: 06: 49 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。