お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳内モルヒネ
2006年 03月 10日 (金) 18:10 | 編集
母が倒れたと聞いた瞬間から、私はほとんど熟睡することができませんでした。

最初の三日くらいは文字通り一睡もできず
その後も随分長い間、寝付きが悪くて夜中に何度も目覚めました。
食事も普段の半分くらいしか喉を通りません。
眼の下にクマを作り、体重も一週間で3kg落ちました。
不思議な事に、それでも体は動くのです。気力もあります。

自分でも不思議でした。
毎日泣いていたけれど落ち込んでいたわけでは無いのです。
どちらかというと今まで経験した事がない位、ハイになっている状態でした。
所謂"脳内モルヒネ"が出ている状態なのだなと思いました。

完全に正常に戻るまで半年以上かかったと思います。
それまでは徐々に減ってはいったものの
どこか自分の感覚が、現実から離れている気がしていました。
新しく私の現実となった病院や田舎や母のことは大丈夫なのですが
それ以前の私の現実、私の住んでいた街や仕事や友人など
見なれた風景が以前とは違って見えていたのです。
何か一枚透明な壁が、私と周囲との間にはさまっているように感じていました。


ランキングに参加しています。



スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
早速きました
遊びに来ましたが、この時間になると目が複視になって3重くらいになり読めないので明日またゆっくりと拝見します。取り急ぎ御挨拶まで
PS僕もリンクに追加しましたのでヨロシク^^
2006/ 03/ 10 (金) 22: 07: 54 | URL | ポムピム # -[ 編集 ]
>ポムピムさん
コメントありがとうございます。
ブログ初心者ですがよろしくお願いいたします。
HPも読ませていただきたいと思います。
それでは。
2006/ 03/ 11 (土) 12: 35: 31 | URL | wool # -[ 編集 ]
私も同じ体験しました
私も妻が倒れてからは眠れない日々が続きました。
倒れた日のこと、救急車での搬送、救命救急での治療などが頭をよぎり、
目が覚めるのでした。
毎日通い、意識のない妻に声をかけ、汚れた洗濯物を持ち帰って洗って、
疲れているのに、それでも食事は自分でずっと作ったり・・・・
そう毎朝通っている電車の車窓からの風景や同じ駅、同じ車内のいつも見慣れた顔が
なんかコンタクトに膜でもかかっているかのような雰囲気が続きました。
同じような体験をされた方がいるんだって思いました。


2006/ 03/ 11 (土) 17: 24: 46 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
やはり私だけではなかったのですね。すごく不思議な感覚でした。
私は7ヶ月間べったり田舎に帰っていたのですが、その間二回ほどこちらに帰りました。
二回とも数日だったのですが、何か地に足がついていないような、目の前の風景が映画でも見ているようというか。とにかく生まれて初めての体験でした。
とりあえず健康な私の脳の中でも、何か普通ではない状態が続いていたのだなと思います。
2006/ 03/ 11 (土) 21: 46: 57 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。