お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤスオ…?
2007年 11月 30日 (金) 10:31 | 編集
母は時々思い出したように読書をします。

もともと本好きなのですが
倒れてからは小さい字を読むのが苦痛らしく
あまり長い時間続けては読めません。
なので

『天切り松 闇がたり 第一巻/浅田次郎』

を、もう二ヶ月くらいかけて読んでいます。

私が何年も前に読んだ小説なので、内容を忘れてしまっていて
母に尋ねると

「えーっとね、あのね…
 …こどもが家に来てね、そしてね、親分があそこに入ってるんだけど
 帰ってきたのに、またつかまるの」

まったく分かりません…

三話あたりを読み終えた時に、また内容を聞くと

「大工の棟梁の息子で…でも本当のお父さんは、なんか社長で
 それがね、息子を取り戻そうとして親分に言ったの。
 そしたらあの、あの人。ほらあの人…言うてごらん ! (分かるかー!!!)
 あの人の家の屋根から入って、アレ、アレを盗ったの。
 それで子供が…」

またさっぱり分かりませんが
” 屋根から入った… ”
辺りでなんとなく記憶のカケラがよみがえりました。

「あぁ~!あの人カッコイイよね!
 その主人公の名前、なんて言うんだっけ?お母たま?」

「う?」

「ほら、なんか色が付く名前でしょ、色が」

「黄っ!黄色!!!」

「うんうん。そうそう。
 『黄○○の△△』って呼ばれているでしょ?」

「黄色いヤスオ!!!」


ヒドイ…

本当は『 黄不動の栄治 』なのに。

誰もが振り返るような、男前の義賊なのに。

黄色い~と言われると、私はどうしても『キレンジャー』が浮かんで
男前の義賊が、カレーライスを食べている絵が浮かんでしまいます。


それ以来何度聞いても

「黄色い人」

「黄…閻魔?」

「ヤスオ?じゃなくてヨシオ?」

母は覚えられないんですね~。

でも小説を読むのは楽しいらしく

「読み出したら止まらないのよ」

と言っては、ちょっとずつちょっとずつ読んでいます。
だから、まぁいいかな。


もうすぐ読み終わりそうなので
第二巻を買ってこなくちゃと思います。

BOOKOFFに行って来よう!


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
多少なりとも本が読めるのですね、うちは失語症だから、全然読めないですね。たまに読めたり読めなかったりする単語もありますが。人の名前は家に来ているヘルパーさんもしっかり覚えられないですね、でも自分の名前と身近な家族だけはわかるみたいで、これだけは幸いです。黄色いヒトといったら、おいどんは・・・やっぱこれキレンジャーです、カレー好きの。

2007/ 12/ 01 (土) 22: 01: 40 | URL | タケノコ # vQU5PwVA[ 編集 ]
黄色い人は・・・やっぱりキレンジャーでしょう~。夕飯がカレーだったから尚更です(笑)お母さん、本が読めるんですね。うちも失語症になって本が読めなくなりました。なによりも読書が好きな人だったので、それが一番辛いようです。でもリハビリのお陰で最近は絵本にチャレンジしはじめましたよ。もう何冊も読んでます。一冊を何日もかけて読んでます。最初の頃に比べると、コツのようなものをつかめてきたみたいで少しずつ早くなってるみたいです。いつか自分の読みたい本を読める日が来ることを信じてます。
お母さんの「言ってごらん」が楽しいですね。Woolさんのツッコミも。私も夫にツッコミ入れまくってます。私がドジした時は逆に楽しそうにツッコミ入れてきます。夫婦漫才に親子漫才してマグマのガス抜きをしなければね~。
2007/ 12/ 03 (月) 02: 27: 06 | URL | ちびた # -[ 編集 ]
人の名前は本当に難関ですね。
迎えに来てくれる通所リハの人の名前を、日記に書かせるのですが、思い出せない事も多々あります…

ね、黄色い人って、ヒドいですよね。
2007/ 12/ 03 (月) 09: 51: 17 | URL | >タケノコさん # -[ 編集 ]
本はちょっとずつ本当にゆっくりなので、次に読む時に内容を忘れていて、結局最初から読んだりするので、また時間がかかるみたいです。

旦那様のお話で、母がアンパンマンの絵本も読めなかった頃を思い出しました。あれから四年近く経っています。旦那様も来年はきっと、また違う本が読めるようになってるかも知れませんよ!
2007/ 12/ 03 (月) 10: 01: 40 | URL | >ちびたさん # -[ 編集 ]
そうなんですか。Woolさんのお母さんも最初は絵本も難しかったんですね。うちは病気になってから三年と少しです。来年の今頃は、今よりも読めるようになるのかな~。楽しみになりました。「楽しくて止まらない」読書の楽しみをまた味わってほしいんです。少しずつですよね。
2007/ 12/ 05 (水) 01: 26: 15 | URL | ちびた # -[ 編集 ]
変わっていないと思っていても、年単位で考えると必ず進歩しているのではないかと思います。少なくとも母の場合はそうです。

>読書の楽しみを味わって欲しい。
本当にそうですね。
私も、母が楽しいならば、何が出来ても出来なくてもいいと思っています。
ちびたさん、ありがとうございます。
2007/ 12/ 07 (金) 09: 57: 09 | URL | >ちびたさん # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。