お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一生つづくよ
2007年 10月 19日 (金) 11:23 | 編集
以前にも書いたかと思うのですが
母は私としか外出しません。

去年のお彼岸の日に " 習い事その1 " のお友達と出かけたのが
ただ一つの例外です。

なので、母が倒れてからの三年間で、母が通所リハや通院以外で外出したのは
10回も無いと思います。
私が年に2回しか帰省できなかったためです。


母が私以外の人と出かけないのは

『 車の乗り降りや、トイレの不安 』

からだと思っていました。

でもこの一年くらいと、私がこちらに帰ってきてからの母の様子で
もっと大きなハードルがあることが分かってきました。

『 障害者になってしまった自分を見られたくない 』

その気持ちは、私にもよーく分かります。
最初に近所を散歩した時は、ドキドキしたでしょうし
最初にデパートに行った日は、母は挙動不審でした。

でも、母は大抵明るく振舞っていたし
「頑張らなきゃね」
と常に言っていたし
それほど気にしている風には、見えませんでした。


先月、親戚の叔母さんと三人で、デパートのレストランへ行きました。

母は良く笑い、とても楽しそうで
いつもよりもリラックスして見えました。
いつもなら、すぐに疲れて帰りたがるのに、ウィンドウショッピングもしました。

でも先日、私と二人でショッピングセンターに出掛けた時は
レストランに入っても、なんとなく落ち付きがありません。
顔も少々強張っていました。

レストラン以外の場所では、母はそれほど緊張しないのです。
書店では、母は私と別行動を取ります。
一時間でも二時間でも。

でも、絶対にレジで清算はしません。
できないはずは無いのに、必ず私が合流するまで待っています。

『 自分の喋る声を、人に聞かれるのが嫌 』

なのだと思います。

手足の自由が利かず、車椅子に乗っているというのは
それに比べれば大した事ではないのでしょう。
車椅子の人は年齢問わず、最近はあちこちで見かけるようになりましたし。

私と二人だけだと不安なのもあると思います。
味方が一人しかいないから…


母の、レストランなどでの緊張は
最近の方が強まっているように思います。

「この時間だと、知ってる人に会いそう…」

などと言うようになりました。

これも、頭がクリアになってきたせいなのでしょう。
見栄やプライドが、戻ってきたのでしょう。


私もエラそうなことは言えません。
母と出掛ける時は、テンションを上げていると思います。
無意識に。

『 暗いイメージや不運な気配が、微塵もしないように 』

そして

『 いつも二人きりじゃなくて
  一緒に出かけてくれる兄弟や姉妹がいたらな~夫がいたらな~ 』

と思います。


母も私も、心から、いろんな事が受け入れられるようになるまで
きっと続くのだと思います。
多かれ少なかれ。

この課題は一生モノです。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
私も・・・
大丈夫、woolさんもお母さんも、これから少しずつ、受け入れる事できますよー。

できるだけ、普通でありたいという思い。
私も持ってます。
私も子供がいない事、とか・・・ありましたもん。

周りと違う自分の状況って、受け入れるのに時間かかるような気がします。


段々とその事を受け入れる自分になるのには、やはり時間がかかるものですよね。

母も、お弁当(配食サービス)とか、ヘルパーさんとか、頼むのを拒否してます。
近所の人の目が、とても気になるみたいです。

この事も、これから少しずつ状況が変わって、母が受け入れてくれたらなぁと思ってます。

受け入れてくれる事が、良い事なのか、悩みはつきないんだけどねぇー。難しいねぇ。


2007/ 10/ 19 (金) 12: 18: 29 | URL | ゆっかりん # -[ 編集 ]
『暗いイメージや不運な空気が微塵もしないように』

あー!これ、わかるなー!!
私もそれだけは、すっごく意識する。普段から。
外出するときだけじゃなくて、
家に介護保険関係の人が来るときもね。
だからかえって
「自分を磨かなきゃ!」って気持ちが大きくなったりするよ。

ウチはね、病気した年に書いた年賀状に、
リハビリ頑張ってるハハの写真を載せたの。
もちろんハハの分の年賀状ね。
そしたら、ある一人の人がお見舞いに来て
「私だったら絶対あんな写真載せるなんて出来ない」
って言われたんだー。
それって、私とハハにしてみれば
晴天の霹靂のご意見だったの(笑)
でも、フツーそう思うのかもしれないなーって思った。
ハハの世代だったら特に。

2007/ 10/ 20 (土) 13: 42: 49 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
うん。すごくわかるなー。お母さんの気持ち。
私も母を見ていて感じるのは同じことだわ。
外へ行きたいけれど、人から「障害者」として見られるのはイヤ。とくに知人には。
近所の人なんて、私から見ても明らかに哀れな目で見る人いるもんね。そういう人には私だって会いたくないけどしかたない。外に出れば会ってしまう。そういう目で見る人の気持ちを変えてやろうなんてことまでは私は考えてないから。
だからせめて、なるべく知っている人に会いそうにない場所へ出かけるのだ~v-217
手抜きかな(^_^;)
2007/ 10/ 20 (土) 21: 56: 32 | URL | カニー # mQop/nM.[ 編集 ]
woolさん、いつも私のブログにコメントして下さり、ありがとうございます。
私も、お母様のお気持ちが少し分かるような気がします。
私は今でこそ、杖を使えば、家の近辺だけなら歩けるようになりましたが、
歩けない頃は、「知っている人に会いたくない」と思ってしまって、閉じこもり気味の日々があったように思います。
今は、歩けるようになった事はもちろんありますが、
「声をかけて下さる方がいる事は幸せなんだ」、と思えるようになって、自分から外に出るようになりました。
一人一人で事情は違いますが、自分の障害をきちんと「受容」できるまでは時間がかかりますし、辛いですよね。
お母様が少しずつでも受け入れられますように、私も影から応援しています。

2007/ 10/ 21 (日) 13: 56: 05 | URL | もみじ # -[ 編集 ]
うちの妻も声に出しては言いませんが、このようなことを多少気にしているのかもと思います。幸い持ち前の明るさでカバーしているような気もしますが、お母さんの気持ちもわかるような気がします、そしてwoolさんの
一緒に出掛けてくれるヒトという気持ちも。
2007/ 10/ 21 (日) 17: 37: 01 | URL | タケノコ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>ゆっかりんさん
>母も、お弁当(配食サービス)とか、ヘルパーさんとか、頼むのを拒否してます。

ゆっかりんさんのお母さまも!?
うちの両親も、他人を絶対に家に入れません。
ヘルパーなんてとんでも無いそうです…

時間を掛ければ受け入れられるものなのかどうか
まだ私にも分かりません。

ゆっかりんさん。ありがとうございますv-343
2007/ 10/ 21 (日) 20: 41: 48 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ゼリーさん
わかってくれますか~友よ~v-406
もうね、私のは無意識なの。
気が付いたら『超ハツラツと』してるの。出先で。
わざとらしいくらいに。そんで
「おかしい。いつもと違う。私血圧が上がってそうだ…」
って自分で思うの。

一々意識したり、『ハツラツと』して見えようがどう見えようが
そんな事考えなくなったら、受け入れた事になるのかな。
っていうか、普段から家でも『ハツラツと』してろよv-17
って事よね。

写真入年賀状ってスゴイね。
う~ん。うちの母もしないと思うな~。
でも、普段会えない人には喜んでもらえるよね、きっと。
2007/ 10/ 21 (日) 20: 53: 29 | URL | wool # -[ 編集 ]
<カニーさん
カニーさ~んv-345
お母さまもそう?
そうですよね。

なんだか最近『母は障害者なんだな』って普通に感じるんです。
まあ母も、周りの反応が気になり始めたってことは
良いことなんだわと思う事にしてます。

近所の人は…難しいですね。
隣人は選べないですからv-404
2007/ 10/ 21 (日) 21: 15: 44 | URL | wool # -[ 編集 ]
>もみじさん
>「声をかけて下さる方がいる事は幸せなんだ」

素晴らしいv-405
お若いのに!!!
私は、そう思える時もあれば、思えない時も…
母はあまり思えて無いと思うんですよね。

もみじさん。
ありがとうございます。
ヨロシクお願いしますv-352
2007/ 10/ 21 (日) 21: 26: 48 | URL | wool # -[ 編集 ]
>タケノコさん
そうなんです。
うちの母も、ファンキーさで克服してたりするのかな~
なんてちょっと思ってたんですよね。

タケノコさんも、いつも奥様とお二人ですよね。
やっぱりね、時々私も味方が欲しくなるというか…
別に周りは全員敵じゃないんだけど…

ありがとうございます。タケノコさんv-351
2007/ 10/ 21 (日) 21: 32: 51 | URL | wool # -[ 編集 ]
こんにちわ。
母と・・平気で散歩や買い物に行けるようになるまで、私も結構かかりました。
母の方は・・実はまだ嫌だなぁって思ってるのが伝わってきます。でも、外は気持ちいいし・・って、そっちの方が強いかなぁ。完全に、一人では外に出れなくなってしまった母だから、外に出れれば気持ち良いのがわかってるから・・狭い部屋に父と篭っているよりは、お日様にあたって骨も丈夫になるしぃ。って、いろいろ想いはあるみたいです。

私ね、スッピンで外に出るなんてトンデモナカッタの。
それが・・最近は化粧する時間が惜しくて、平気で素顔さらしてます。
そんな感じ?!(違うカナァ~・・)
いつのまにか、気にならなくなっちゃうのかもしんないです。
実際、会いたくないナァって人は・・今もいますが。

私も・・一緒に車椅子を押してくれる人、ほしぃ~って、昨日も思いました。
それは・・私が突然トイレに行きたくなったからぁ。
母を置いて行くわけにもいかず・・真っ青冷や汗でしたぁ。
2007/ 10/ 22 (月) 12: 51: 05 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>久美子。さん
あはははv-407
私はスッピンは割と平気なんですよー。
ボロ隠しに帽子着用ですけど。

母も「色んな所に出かけた方がいい」
と自分では分かっているんです。
だからちょっとイヤでもついて来てくれるんです。
それがなんとも不憫で…v-409

トイレはヤバイですよね。
母と出掛けるようになってから、私、早便(?)になりましたv-16
2007/ 10/ 22 (月) 15: 45: 36 | URL | wool # -[ 編集 ]
テンションねぇ  私もそうだわ
まず、介助に行くぞ!ってところで上がるでしょ?
で、両親とかの前に行くと益々元気な自分が居る。
なんかねぇ 介護するって意識は 一種の興奮剤?スポーツ選手がたまに使って問題になるあの薬?みたいな?
アドレナリンが一気に増えるのかなぁ(^^;)
で、1人になるとどっとその反動で疲れる。ハハハ

車椅子での外出・・・
確かに最初は人目が気になるよね。それはどうしようもない事
じぃくらいに年期がはいると全然気にしなくなるのだろうけど(笑)
でも、人に迷惑かけるから。とは未だに思ってるね
そう思わせてしまう世の中なんだよねぇ 悲しいことに

堂々としていればいいんだよ!と言っても心はそう簡単なものじゃない
姉も 外ではやっぱり手袋してるわ(指が無いから)
家族の前だけでは手袋はずしてね。と話してるよ
ありのままの姿で もっと自信もてばいいんだから って

いつか、じぃみたいになれるといいね
きっとなれるよ。 でもって旅行とか行ってぇ
うんとこれから楽しいことを増やしていってね!
2007/ 10/ 25 (木) 01: 33: 13 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
>ウルルさん
ウルルさ~んv-409

テンション、無意識なんですよね。
で、やっぱり家に帰るとドッと疲れて…
母もやっぱり疲れてて…

そう!
人の迷惑になるとやっぱり思うみたい。
レストランで車椅子を畳んで置く場所とか。
そして、私にもそう思うみたいで。

沢山外出して慣れるしか無いのかなーって思ってます。
そして、ウルルさんみたいに、母と旅行してみたいな~ってv-344
2007/ 10/ 25 (木) 19: 20: 59 | URL | wool # -[ 編集 ]
こんばんは。はじめまして。
時々こちらを覗かせていただいておりました。

うちの父も春に脳出血で倒れ、先日退院したばかりです。
「障害者になる」と分かった当初は本人も家族もかなりショックを受けました。
順応が早い母や娘たちは今は全然平気ですが(笑)、父は外出を避けています。
せっかく退院したのに家にしかいません。
理由はやはり周りに迷惑がかかるから・・
トイレで看護士さんを呼ぶ回数にも気を使っていたから、性格なのかもしれませんが(^_^;)

今は一応杖で歩けるため、近所だけはリハビリのため歩き回っています。
(本当は外出は車椅子なのに言うこと聞かない・・)
もう少し慣れてきたらお店にも行かせないといけないですね。
この状態がずっと続くんだから、慣れないと。
普通にならないと。
2007/ 10/ 26 (金) 22: 24: 21 | URL | yuzu # -[ 編集 ]
>yuzuさん
yuzuさん、はじめまして!
コメントありがとうございますv-343

お父様は杖である程度お歩きになれるみたいなので
歩きたくて仕方が無いんじゃないかな~と思います。
早く良くなりたくて良くなりたくて。
男の人の方が、力ずくでも歩けますしね。

母が最初に外出したのは、いつだったかな~?
確か、退院から一年とちょっと経ったお正月だと思います。
もう退院してから丸三年経ちますが、めったに外出しませんよ。
体より気持ちの問題が大きいようですv-406

ホントにこの病気は時間がかかるのだな~と、つくづく感じます。なんにしても全てが年単位です。ビックリです。
お父様もそのうち、書店に行きたいなとか外食したいなとか
思われるかも知れません。
気を長くしてあげて下さいね。

これからもヨロシクお願いいたしますv-352
2007/ 10/ 27 (土) 10: 46: 17 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。