お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐるぐる
2007年 10月 03日 (水) 12:28 | 編集
十年前に祖母が亡くなってから
父と母は、二人きりで暮してきました。
三年前に七ヶ月間、私がいた時期を除いては。

二人暮らしのルールが出来上がっているわけです。

母が倒れてからの三年間にしても
母が家事をほとんどできないなら、できないなりの
夫婦二人の生活があるわけです。

『仕事が見つかり、一人暮らしを始めるまで』

の期間限定の三人暮らしとはいえ
ルールや暗黙の了解事項が分からない私が入っていくのは
なかなか難しいものがあります。

なんせ二十年のブランクがあります。


この三年、一年に二度の割合で実家に帰っていましたが
帰る度に母は頭がクリアになって
病人の顔では無くなり
元の母に戻りつつあります。

私はずっと、それを良いことだとしか考えていませんでした。

でも

『元の母に戻る』

ということは

『元々の、後ろ向きの性格が、母の殆どを占めてしまう』

ということでもあるわけです。


倒れる前の母を私はあまり良く思っていません。

『あんな後ろ向きの性格だから倒れたんだ。自業自得だ』

『一回死んで生まれ変わったようなものだから
            同じ事を繰り返さないように』

と日々私は、母に考え方や行動パターンの改善を求めてしまいます。


それが、夫婦の関係にも波紋を呼ぶのです。


母のことを気に掛けながら
決して再発しないように願いながら
母の生活に口を出さないでいられる方法があるのかどうか

只今、迷走中です。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
なかなか難しいものですよね…
僕の祖母も脳卒中を患っているのですが、家族となるとまた私的感情が入ってきちゃってv-388

患者さんに対応するほど冷静に考えられず、感情が先走っちゃったり。
家族ってホント難しいもんだと思いますv-393
2007/ 10/ 03 (水) 23: 14: 07 | URL | 気まぐれ # Rc3R3JXM[ 編集 ]
元の性格
前に一回だけコメントした ちびたです。三年前に夫が脳出血になり失語症の後遺症があります。
元の性格が戻ってくるの分かります。うちの場合は、とにかく心配性というか先のことまで考えるタイプで、しかも最悪のパターンをシミュレーションするという念の入りようです~。病前の彼にとって、それは苦痛なことではなく むしろそこまで考え抜いて安心して行動していく人だったのだな、と病気後に再認識しました。今の彼は、心配性やシミュレーション部分は戻ってきてるのですが、失語症のため自分で電話をしたり交渉したりという肝心の行動に移す部分が出来ないのです。私に指示するしかないのですが自分で出来ないのは、かなり もどかしいようです。せっかちな彼とノンビリな私。彼に急かされ私もイラついてしまうことがあります。そして「あー、自分で出来たらいいのに」と彼がブルーモードになってしまうのです~。なにやら自分の愚痴ばっかりになってしまいました・・・。20年のブランクの後の ご両親との同居はペースがつかめるまで何かと大変ですね。ご両親も自分達のペースを守りながらもWoolさんを頼りにされるでしょうし~。笑いと息抜きが大切だな~と私は思ってます。Woolさんは引越して環境が変わってしまって、息抜き出来る場所ありますか?考えが、ぐるぐるしてしまった時には息抜きへ避難!そしてリフレッシュ出来るといいですね!
2007/ 10/ 04 (木) 02: 30: 52 | URL | ちびた # -[ 編集 ]
>気まぐれさん
母のリハビリ責任者の方も
そう言って私を慰めて下さいましたv-409
「家族に対しては私も冷静にはなれません。だから大丈夫ですよ」と。

冷静に対応して下さる専門家の方のお力って
大事だなーと今でも思います。
なので母が週に三回、通所リハに通っているのは
精神的にも母の助けになっているんだと思います。

気まぐれさん、ありがとうございますv-343
2007/ 10/ 04 (木) 10: 08: 57 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ちびたさん
>元の性格が戻ってくるの分かります

ね。本当にそのまま戻ってくるんですよねー。
大病したからって、しんどいリハビリを何年も続けているからって、人の性格って変わらないんですね~v-406
でも、旦那様もさぞやもどかしいでしょうね。
最悪のパターンをシミュレーションして、その解決をご自分でできないなんて…

ちびたさんの御苦労、お察しします。
旦那様のまんま望むようになんて、できないですよね。

私はよく図書館に避難しますv-392
それに、煮詰まった時には、何故かタイミング良く
友人が誘ってくれるので、助かっています。
ありがとうございます。ちびたさんv-343
2007/ 10/ 04 (木) 11: 13: 22 | URL | wool # -[ 編集 ]
>母に考え方や行動パターンの改善を求めてしまいます。

ぎゃー。同感です。

もう煮詰まる煮詰まる。

良くしよう

と思えば思うほど深みにはまりました。
最近やっと放任主義に自分自身を改造できつつあります。
相手(母)を変えようというのが無理だと悟ってきたので(笑)

怪我や命にかかわらないことはなるべく見ないようにしてます。でも時々、つい見て、口にしちゃうけど・・・。


2007/ 10/ 04 (木) 12: 41: 29 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
>ネコさん
放任主義を目指したかったのですが
同居歴が短いもので、まだ悟れないようです…v-409

みなさんのブログを拝見して、色々心構えをして
帰ってきたつもりだったのですが
毎日見ていると、中々難しいですー。
ホント、相手を変えるのは不可能ですねv-16

2007/ 10/ 04 (木) 20: 29: 39 | URL | wool # -[ 編集 ]
気晴らしの場所や息抜き出来る友達って大切ですよね!私も一人でお茶を飲みに行ったり、友達と喋りまくったりカラオケで阿久悠祭りしたりしてます!煮詰まる時は煮詰まるんですけどね。親子に夫婦、冷静になったり理想どおりには なかなかいきませんです。人も変えられないし自分も変えられない~。私は根っからの面倒くさがりなので面倒なことは彼の担当だったのです。今は「ひ~っ、面倒くさ~」とぼやきながら、でも一緒に出来ることは彼にも協力してもらってます。元の性格の良い部分をなんとか活かすコツをつかみたいですよね~。マイナスオーラ出されるとイラッとしてしまう自分も上手にコントロール出来たらなぁ。試行錯誤ですよね。皆で、ぐるぐるしながらも頑張りましょうね~。
2007/ 10/ 05 (金) 12: 55: 12 | URL | ちびた # -[ 編集 ]
はじめまして
何度かこちらのブログにうかがって勉強させていただいてましたが、
はじめてコメントさせていただきます。

うちの父は小心者というかストレスをためやすい性格で、ストレスが溜まりすぎて胃に穴が開いて近くの動脈まで破裂したことがあります。そんな父に「気が弱いから、どんどんいろんな病気になるのよー!」と怒鳴っちゃったことが・・・
私も介護している伯母たちに性格の改善を求めてましたが、最近はイライラして自分がつぶれるのも嫌だから、しょうがないかーと流してます。でも、近い関係だと、見て見ぬ振りするのって難しいですよね。
これからも介護のヒントをいただいて頑張っていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。
2007/ 10/ 06 (土) 09: 44: 52 | URL | ☆YURI☆ # O41WykgA[ 編集 ]
「元の母に戻る」

この言葉 私にもズシンと来ます。
元に戻るのは嬉しいはずなのに
私も もし、今の義母がドンドン回復して 麻痺は残っても頭がクリアになって元に戻ったら?
今みたいに会いに行けるかどうか・・・

疑問です。

本当に 障害と人間関係って 難しいですよね
2007/ 10/ 07 (日) 00: 54: 48 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
>ちびたさん
>マイナスオーラ出されるとイラッとしてしまう自分も
>上手にコントロール出来たらなぁ

マイナスオーラはねぇ…
優しく、プラスになるようにしてあげられればいいんですけど
なかなかうまくいかないですね。

なんとか、がんばりましょうv-407

2007/ 10/ 07 (日) 20: 26: 40 | URL | wool # -[ 編集 ]
>☆YURI☆さん
はじめまして!

人を変えることは不可能だと分かっていても
どうにかならないかと、思ってしまうんですよね。
これも、愛ゆえだと思っているのですが…

伯母様お二人の介護とは、大変ですね。
YURIさんのblogにもおじゃまさせて頂きます。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたしますv-344
2007/ 10/ 07 (日) 20: 43: 25 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ウルルさん
障害は残って、性格はそのままなんて…
そんな事になったらどうしましょうv-406

そうか、ウルルさんの『元のお義母さま』の場合も
なかなか複雑ですよね。
うーん…

母が、以前と同じような精神状態にならなくて済むように
穏やかに明るく暮せるように
私が近くにいる事で、何か出来ないかなと
試行錯誤しています。
2007/ 10/ 07 (日) 20: 52: 54 | URL | wool # -[ 編集 ]
ご既知の通り、義父と同居中ですが、余計に難しいですねえ。しゃべってくれないから、ホントわかりません。実の親子ならあうんの呼吸で出来ることも少しはあるかと。。。私も実家を離れてかなり経つので、戻って暮らすとなると、実の親でも多分割ってはいるのは難しいだろうと思います。親は年を取って性格も行動パターンも固まってますし、我々もそれなりに大人になっていますしね。
2007/ 10/ 08 (月) 21: 35: 59 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
60代の親は、もう生活スタイルを変えるのは難しいんですよね。
それに、夫婦の間に波風を立てるのは避けたいし…

二十年のブランクは大きいですよね。
ここで子供時代を過ごした事を、もうあまり思い出せないですから。

自分で決めて選んだ事とは言え、時々後悔しないでもありません。
うーん。でも負けないぞーv-412
2007/ 10/ 09 (火) 09: 10: 27 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。