お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日の記憶
2007年 07月 05日 (木) 22:09 | 編集
映画 『明日の記憶』が
テレビで放送されたそうです。

私は去年、映画館に観に行ったのですが
きっかけは母との会話でした。

「通所リハで、スタッフがしゃべってたの。
 みんな観に行くって言っていたの。
 面白いのかな?」


母はこの度、この映画の
若年性アルツハイマーの症状を見て
色々考えたそうです。

「わかるよ、あの人の気持ち」
「私もなんで自分の名前が言えないのか、訳がわからなかったよ」
「一人でいると、どこにいるのか、なんでこんな所にいるのか
 分からない時があったよ」
「一人にしたらダメ。誰かがついていないと」

電話で母は雄弁でした。

「退院して少し経った時
 いきなり家族みんなの生年月日が頭に浮かんできたの。
 ビックリして、忘れないように急いでノートに書いたりしたよ。
 そういう風にあの人たちは、いきなり分からなくなったりするのかも知れない」

渡辺謙が、街中でいきなり迷子になった場面で
母は泣きそうになったそうでした。

「すごく可哀相だったよ」


私が去年観た時は
どうしても、樋口可南子(奥さん)の方に
介護をする側に、気持ちが入ってしまっていたので
母の感想は新鮮でした。

そして母が、三年前のリハビリ病棟にいた頃の
自分の気持ちをよく覚えているのにも
驚きました。

映画を観て思い出したのかも知れません。


改めて、三年前の母のSTリハビリを思い出したりしました。

そういえば、母は
テーブルも、カーテンも、コップも言えなかったなー


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
私も見ましたよー
どんな映画かわからなかったので、楽しみにしていました。
私もどちらかといえば、最初に、奥さんの立場で見ていたのですが、途中から、渡辺さんの立場で、感じながら、見ていました。

なんだか、悲しい映画でした。
母のこともそうですが、いずれ、自分もそういう風になる事もあるのかしら?と・・・。

でも、きっとあの映画は、悲しい事もたくさんあるけど、ちょっぴりでもうれしい事もあるよと言いたかったのかなぁー。
コーヒーカップに刻まれた奥さんの名前を見てそう感じました。
2007/ 07/ 07 (土) 13: 19: 56 | URL | ゆっかりん # -[ 編集 ]
>一人でいると、どこにいるのか、なんでこんな所にいるのか
>分からない時があったよ

おかあさま、そうだったんですね。(;_;)
とても不安だったのでしょうね。


>そして母が、三年前のリハビリ病棟にいた頃の
>自分の気持ちをよく覚えているのにも
>驚きました。

これ、びっくりしました。
うちの母はリハビリ病院でのこと、
びっくりするくらい覚えてないのです。
本当に人それぞれなんですね。(うーむむ)


2007/ 07/ 07 (土) 20: 28: 30 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
>ゆっかりんさん
そうですね。
悲しい映画でしたけど、それだけではない
救いのある映画でしたねv-392

とくかく母が
「可哀相ねー」
を電話で連発していたのが不思議でした。
身につまされたのかも知れません。
2007/ 07/ 07 (土) 21: 36: 31 | URL | wool # -[ 編集 ]
>ネコさん
リハビリ病院に転院して最初に入った病室では
とても不安だったと言っていました。
怖くて怖くて泣いていたとも。

確かに母は、転院初日は
物凄く情けない顔をしていましたv-406

私も母が、リハ病棟での事をそんなに覚えているとは
思っていなくて驚きました。
映画や最近のいろんな出来事に触発されて
思い出したんだと思います。
2007/ 07/ 07 (土) 21: 40: 47 | URL | wool # -[ 編集 ]
私は映画も原作も見ていないけど、
オットが原作を読んで・・・

泣いていた・・・v-390

文庫本になったら、原作読んでみたいなー。
テレビも見たかったんだけど
見逃しちゃった!残念。
2007/ 07/ 08 (日) 15: 39: 16 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん
そっかー。
原作も感動ものなんですねv-409

私、感動ものって苦手だから
母から話を聞かなかったら映画観なかったと思う。
だから一年経って、母と『明日の記憶』の話ができて
不思議な感じ。

ぜひぜひ原作読んでみて下さい!
2007/ 07/ 08 (日) 20: 18: 05 | URL | wool # -[ 編集 ]
お久しぶりです。これ映画館で観たかったです。
昔、ドラマでも若年性アルツの方のドラマ(確か永作博美で、若い奥さんだった)を見ていましたが、実際、妻が倒れた時は、このまましゃべることも、もう自分の名前もわかってもらえないのかと正直恐怖でした。
2007/ 07/ 08 (日) 22: 51: 04 | URL | タケノコ # -[ 編集 ]
>タケノコさん
タケノコさんだっ!
お久しぶりですーv-16

そうですね。
私もICUで横たわる母を見ながら
「最悪、寝たきりでもいい。意志の疎通ができれば…」
と思っていました。

母の意識や記憶があってこその母だと
当たり前のように思っていましたねーv-390
2007/ 07/ 09 (月) 10: 32: 38 | URL | wool # -[ 編集 ]
はじめまして
僕も見ました。
僕は作業療法士をしているのですが、とても考えさせられる内容でした。
家族や本人の世界をまじまじと見る機会と言うのはあまりありませんし…
もっとご家族の方の悩みや不安などをどうしたら少しでも軽減することが出来るのかを考えていきたいと思います。
2007/ 07/ 09 (月) 21: 22: 01 | URL | 気まぐれ # EJiDGgAk[ 編集 ]
>気まぐれさん
はじめまして。
ご訪問ありがとうございますv-345

作業療法士をされているのですね。
私の母も、入院中も現在もとてもお世話になっています。
「あの人たちのおかげで、家に帰ることができた」
とよく言っていました。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。
気まぐれさんのブログにもお邪魔させていただきますね。
2007/ 07/ 10 (火) 19: 06: 32 | URL | wool # -[ 編集 ]
母も・・見てマシたぁ。
認知症は、ドンドンわからなくなっちゃうけど、私はわかることもあるから・・やっぱり認知症じゃないのよ。って、言ってました。
だから「バーちんのは、脳梗塞の後遺症だよ」って。
どこから、どこまでが認知症なんだか・・実は最近わからなくなってきましたが、母が自分に少しでも自信がもてたんなら良しかなぁ。
ちなみに、母もリハ病院に入院してたこと・・全く憶えていません。

時々、わからなくなったことがあることが、出来なくなった事があることが、死にたくなるほど辛いって言う母だけど。。どうせなら、何もかもわからなくなった方がいいと言う母だけど・・やっぱり、憶えていて欲しいですよねぇ・・。
やっぱり、切ない映画ですね。
2007/ 07/ 10 (火) 22: 40: 50 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>久美子。さん
>どうせなら、何もかもわからなくなった方がいいと言う母だけど・・
>やっぱり、憶えていて欲しいですよねぇ・・。

そうなんです。
本人のためと、家族の思いには違いがありますよね。
でもでも、憶えていて欲しい…

バーちんさん、泣かれるんですね。
せつないですねv-409
2007/ 07/ 11 (水) 18: 46: 52 | URL | wool # -[ 編集 ]
こんいちは
お母さん、大切にしてあげてね~。親父もね・・・
2007/ 09/ 20 (木) 21: 40: 00 | URL | 行政賢二 # SRBhZ04g[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。