お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
権利って何さ!
2007年 05月 03日 (木) 22:52 | 編集
母の年の離れた姉は、関東に住んでいます。
私の伯母です。
伯父は10年ほど前に亡くなっているので、一人暮しです。

この伯母は、母が倒れて手術をするとなった時

「当日の朝に、母に手術の事を伝えるつもりだし
 色々と混乱するかも知れない。
 終わったらすぐに連絡するので
 悪いけれど、当日は病院に来るのは遠慮して欲しい」

私たち家族が、母の兄弟に伝えると

「この際言っておきたい事がある。
 私は、たった一人の妹が大変な手術をするという立場でココにいる。
 その私になんて事を言うんだ。
 私にはココ(病院)にいる権利がある。
 私にそんな事をいう権利は誰にも無い」

とナースステーションの前で、私に噛み付いた人です。
他の兄弟(私の伯父たち)は
父や私の意志を尊重してくれました。

なにがなんでも来る、と言い張るので
好きにさせておいたところ、手術当日
母の一時間半の手術中、個室の待合室で

「私の姑も同じ脳出血だった」
「もう痴呆も進んでいて、ムダかもしれないと言われたが
 思い切って手術をした」
「手術後、少しの間正気に戻った時期があった」
「それからすぐ亡くなったけど」

という、いったい何が言いたいのか
訳がわからない話を、父と私に始めました。

母の手術が心配で、いい加減テンパッていたのと
これ以上伯母の変な話を聞きたくないのとで
私は待合室を逃げ出しました。

手術後も、それほど大事な妹なら
さぞかし面倒をみてくれるのだろうと思いきや

「ココは周りにロクに御飯を食べる所も無いから、もう帰るわ」
「いつ来ても、○○ちゃん(私)や△△さん(父)がいるから
 つまらないわ」

不思議な事を言いたい放題でした。


母と伯母は、決して仲の良い姉妹ではありませんでした。

伯父が生きている時、自分が仕事をしている時
自分がこちらで楽しく生活している時は
妹の家になど行きませんでした。
自分が一人になって(子供はいません)
年を取って、相手にしてくれる人がいなくなってから

『自分の好きな時に』
せっせと、行き始めました。

そんな伯母が、母が倒れる前と変わらず
今でも私の実家に年に何度も遊びに行きます。
文字通り『遊びに』行くのです。

『体が不自由になった妹の手助けをしに』
行くのではないのです。
相変わらず『お客さま』としてなのです。

元々そういう人なので、仕方が無いと思っていました。
私が何を言ってもきっと

「私たち姉妹の間のこと」
「姉としての権利」

でしょうから。


でも

「伯母さんは やはり 
 自分のために来てるんだね
 伯母さんの言葉に泣いた私が
 弱いんです」

こんなメールが母から届いたから
ちょっと、居ても立ってもいられません。
聞いても母は教えてくれません。

「私はもう大丈夫です」

というメールが二日後にあったきりで。


さあ、どうしたもんかな…

↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
そうそう・・・
そうなんだよね。兄弟と言っても、難しいよね。
家は、父の兄弟がそんな感じです。

父と祖母が亡くなってから、叔父が来て泊まる事が何度もあったけど、母にすると、迷惑だったみたいです。

あの年代の人達って、本人の気持ちじゃなく、自分が満足したいから、お見舞いするってあるよね。

父の姉が、時々、母の所に来て↑(母にとって、いやな事を言うらしい・・)同じような事あるみたい。
娘としては、そっとして欲しい気持ちが・・・・。
後のフォローが、結構大変(心配)です。
(鬱々するんじゃないかって・・・)
2007/ 05/ 04 (金) 15: 28: 29 | URL | たっくん # -[ 編集 ]
>たっくんさん
たっくんさん。こんばんは。
はじめましてかな?

>自分が満足したいから、お見舞いする

伯母は本当にそうなんです。
大げさじゃなくて、実の妹の病気もイベントの一つなんです。

兄弟姉妹や私(姪)には、何を言ってもいいと思っているみたいで
時々ギョッとする事があります。

たっくんさんの叔父様もそうですか…
どこにでもいるんですねv-409
2007/ 05/ 05 (土) 00: 10: 04 | URL | wool # -[ 編集 ]
同じような思い、妻入院中も今もしているので、言わせて下さい!
見舞い、看病ではなくて、「物見遊山」ですよね、はっきりいって。面会謝絶といって私と義父、義妹しか許可されていないといってもくるし。。。今も義妹もヘルパーの仕事始めたくせに、うちにきても何の介助もしません。親戚だってしかり。ただ様子見にきているとしか思えませんね。正直、妻も私も昼寝の時間だったり。
そして、亡くなれば(縁起でもないこと申し訳ありません)きっと姉づらをされるのです。。。
でも、それでも妹(お母様)からみれば姉だったり・・・不思議なものですね。




2007/ 05/ 05 (土) 22: 35: 06 | URL | タケノコ # vQU5PwVA[ 編集 ]
兄弟・姉妹…
って、不思議な関係だなぁ…
最近は特に思うようになったね。。

実際はもう家族ではない。。
もと家族で、今はたんなる親類。
ふだんから行き来の有った兄弟以外は、そうなのかもです。

親が元気な内は“家族”で“兄弟”なんでしょうが、残念ながら亡くなった後は違うようですね。

それに、それぞれの性格や価値観によってもいろいろだし。。

お母様にかけて上げられる、フォローの言葉、何か見つかると良いですね。
2007/ 05/ 06 (日) 05: 57: 05 | URL | カズP # H6hNXAII[ 編集 ]
>タケノコさん
そうだ!
以前にタケノコさんとは、そんなコメントのやりとりをした記憶があります。
まだ私がリハビリ記録を書いていた頃に。

>見舞い、看病ではなくて、「物見遊山」ですよね

そう!そうなんです!
本当にその通り!!!
そしてそれは殆ど親戚でした。うちの場合。

タケノコさんのご親戚も、勝手に来られるんですね。
うちの伯母や変な親戚と同じです。
どーして
「まず、行っていいかどうか確認する」
「何かほしいモノ(してほしい事)が無いか聞く」
とかっていう普通の事ができないでしょうね。
これは、友人や普通のお宅を尋ねる際も同じ事ですよね。

義妹さん、ヘルパーのお仕事を始められたんですね。
でも全くお手伝いされないんですね…v-402

2007/ 05/ 07 (月) 11: 10: 12 | URL | wool # -[ 編集 ]
>カズPさん
>不思議な関係

カズPさんは思い知っておられますよね!
私も自身の弟二人の事や、こうやって母の兄弟姉妹の事を思う時、なんとも言えない気分になります。

私も弟二人は、家族じゃないですね。
そう感じたことは、家を離れてからは無いと思います。

本当に不思議…
家族じゃないのに、親しくないのに、好きでもないのに
何かとしがらみだけは残っていて。

伯母は考え無しに、何でも口に出すので
母も私も時々泣きたくなるんです。
ホント、どうしようかなv-409
2007/ 05/ 07 (月) 11: 23: 02 | URL | wool # -[ 編集 ]
せめて母に姉妹兄弟がいたら・・・・

と思ったこともありましたが、
それはそれで、いろいろ凹むことがあるのですね。うむぅ。

伯母さんの言葉に泣いた私が弱いんです

(ToT)(ToT)

お母様、大丈夫でしょうか?
2007/ 05/ 10 (木) 00: 22: 20 | URL | ネコ # -[ 編集 ]
>ネコさん
ありがとうございます!
母はもうすっかり元気ですv-392

何を言われたのか聞いてはいませんが、仕方が無いです。
母も姉妹の間のことと思っているので。

私自身は弟二人がいて良かったか悪かったか
よく分かりません。
今のところは、いない方が良かった…に傾いていますがv-393
どう思ったとしても、現状は変わらないので
「いてくれて良かった!幸せだ!」
と思えるようにしていきたいと思っています。
2007/ 05/ 10 (木) 11: 40: 03 | URL | wool # -[ 編集 ]
もの悲しいね
兄弟・姉妹かぁ

一人一人はそれぞれに生活があって自分の人生を生きている人間なんだろうけど、
この世をいくら探しても 血を分けた兄弟はその人しかいないのに 悲しいね(;_;)

これってやっぱ親の育て方にもよるのかなぁ
私の育て方は間違ってないだろうか
将来、娘達は仲良くいってくれるかしら
二人しかいない姉妹だから、困ったときは力を合わせて欲しいと願うよ
2007/ 05/ 11 (金) 19: 52: 08 | URL | ウルル # L1ch7n1I[ 編集 ]
>ウルルさん
私も悲しいです…v-409
世の中には仲の良い兄弟や姉妹やゴマンといるのに
って思います。

でもきっと、血を分けた兄弟姉妹だからこそ
起こる不仲や悲劇もあるんだと思います。
嫉妬や妬みや不満が出やすいんだろうな…

ウルル家は大丈夫!
ウルルさんの一生懸命な姿を見て育っておられるから
きっとv-344
2007/ 05/ 12 (土) 13: 47: 08 | URL | wool # -[ 編集 ]
>母はもうすっかり元気です

(*^_^*)ああ、それなら良かった。
woolさんがいるから、お母さん、すぐ元気になれたのかもしれないですねっ♪

母娘の絆は強いなぁ~

と他の方の介護ブログを見てもしみじみ思います。(^^)
2007/ 05/ 13 (日) 19: 15: 49 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
>ネコさん
ご心配ありがとうございます。
はい。もうすっかり大丈夫ですv-351

>母娘の絆は強いなぁ~

そうなのかなーv-405
エヘヘヘ。
でも、母と娘って特別ですよね。
良くも悪くも。
2007/ 05/ 14 (月) 11: 34: 58 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。