お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叱られて?
2007年 04月 15日 (日) 21:57 | 編集
母は基本的にヘタレなのですが、何気に強情で
昔から、娘の提案や忠告に耳を貸す事は
ほとんどありませんでした。

「私はやらない」
「いいの、このままで」

娘としては
心配しがいのない、可愛くない母親でした。

それが三年前に倒れて以来
一緒にリハビリ生活を送った七ヶ月間が強烈だったのか

「あなたの言う通り」
「もうあなたが、私のお母さんになったの」
「子供になった私は幸せ」

今では180度変わってしまいました。

確かに三年前、私は必死だったし
母の意志を無視してでも、強引にコトを進めたりもしました。

母の意志自体、聞き出すのは困難だったし
限りがある(と信じていた)回復期の間に
最大限の効果を出そうと、アドレナリンが出まくっていました。

母は父には絶対に逆らいません。
結婚以来逆らった事は一度も無いと思います。
口答えをしたことも無いと思います。

でも父は今では、母に厳しく命令したり
自分の思い通りに行動させる
といった事はあまりありません。
と言うか、母は自分の身の回りのことしかできないので
言っても仕方が無いのですが。

” 今度は私が父に代わって
  母を自分の思い通りに動かしているのかも ”

そういうつもりは微塵もありません。
母にも、私の言うコトを無条件に受け入れて欲しいとは思いません。
でも、結果的にそうなってしまっているのかも
という懸念はいつも私の頭にあります。

子供の頃から
父に逆らえない、従順で弱い(と思っていた)母がイヤでした。
王様な父がイヤでした。

だから、たとえ母が私に対してでも
従順なのはイヤなのです。
たとえ私のであっても
母が人の意志に従うのはイヤなのです。

自分の気持ちのままに生きて欲しいのです。


私に従っているのではなく
提案に耳を傾けてくれている
と思えればいいのですが

『叱られて 子が正しいと 思う日々』

こんな川柳を送って来られた日には
ちょっとヘコみます。


王様その2にはなりたくありません!


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして!
突然おじゃまして、ごめんなさい。
時々、お邪魔して読み逃げしておりました。

私は、料理とお風呂に介助が必要な一人暮らしの母がいるのです。
母は、積極的に自分の意見を言わず、本当に母自身がどう考えているのか、すごく気になってます。

つい、心配しすぎて、口出しばかりする自分を、イヤになりながら、進んでます。

何かwoolさんの気持ち、少しわかります。
ごめんなさい。ホント突然おじゃまして、余計な事かいてしまってすいません。

よければ、またお邪魔させてくださいね!

2007/ 04/ 16 (月) 10: 28: 26 | URL | ゆっかりん # -[ 編集 ]
>ゆっかりんさん
はじめまして!
ご訪問ありがとうございます。

分かってもらえますかー?
そうなんです。
自分がイヤになってくるんです。
「あなたの言う通り」
とか言われるとv-409

ゆっかりんさんのブログにもお邪魔させていただきます!
どうぞヨロシクお願いいたしますv-351
2007/ 04/ 16 (月) 11: 39: 42 | URL | wool # -[ 編集 ]
わかるっ

↑初めての事をたくさんしてみたくらい、
よ~~~~くわかる、その気持ち・・。

だから私、あんまり「ご提案」もしないかも。
「頭だけは後遺症ないんだから、自分で考えてッ!」
って言い放つ、私。
言ったそばから でも、思っても体動かないんだし、少しは手を貸したほうがいいのかな・・
とかネチネチ思うんだけど。
2007/ 04/ 16 (月) 16: 21: 08 | URL | ゼリー # JalddpaA[ 編集 ]
>ゼリーさん
初めての事をしてくれてありがとうv-354
そうか、そういう事もできるのね
このコメント欄。

>「頭だけは後遺症ないんだから、自分で考えてッ!」

私も言うんだけど、その度に
「私は頭もパーになったの」
とか言いやがるんですよ、敵は…v-412

うん。
私も「ご提案」は控えてみようかな。
おせっかいはやめようかな。
2007/ 04/ 16 (月) 23: 38: 48 | URL | wool # -[ 編集 ]
親子ですと、介護となるとその立場が逆転してしまったような関係になるわけですから、受け容れるのも難しいようですね。何でも意見したり、指示したりすると、自発性も乏しくなりそうですし・・・
妻も年上なので、本来はきびきびしていたのが、今は子どものよう。会話していても寂しく感じるときもありますね・・・
2007/ 04/ 22 (日) 20: 56: 44 | URL | タケノコ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>タケノコさん
寂しいですよね…v-409

一番辛いのは本人だと分かっていても
ついこの前までの、元気だった頃を思うと
いまだに時々涙がちょちょぎれます。

>何でも意見したり、指示したりすると、自発性も乏しく
>なりそうですし・・・

そうなんです。
それに慣れて、本人もそれでいいと思っていそうなところが
またイヤなんです!

はぁ…
手は貸したいけど、でもでも自分で考えて欲しい…v-390
2007/ 04/ 23 (月) 05: 47: 04 | URL | wool # -[ 編集 ]
わかります~
お母様の意思で好きなことをして暮らして欲しいという
気持ち、よく分かります~。

私はついあれこれ、「指導」しちゃって、後悔してます。(^^)

『叱られて 子が正しいと 思う日々』

これ多分私の母もそう思っているんだろうなぁ。(笑)
2007/ 04/ 23 (月) 10: 40: 00 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
>ネコさん
ですよねーですよねーv-409

母のやりたいように、生きて欲しい。
でもずーっとそうじゃない人生を送ってきた人には
難しいのかも…

「老いては子に従え」
というには、私たちの母は若過ぎですよね!
2007/ 04/ 23 (月) 13: 53: 51 | URL | wool # -[ 編集 ]
やっと・・woolさんとこにコメントが出キマスゥ。
なんでだか・・コメント打てない時があって・・。
パソコンにまで見放されてしまったかとガッカリしてしまってました。
ナンだか知らないですが・・次から次へとイロイロ起こって。もう~最近は、開き直って「なんとかどうせなるからいいや・・」くらいに図太くなりました。

で・・私は母に「たまには言う事を聞け~!」って感じの今です。なので怒ってばっかりの私。
ちっとも聞いてくれませーん。
それゆえ・・自分で何でもしようとして怪我するわけで。
母の場合は、障害が・・それほどってことなんでしょうね。
でも、woolさんの想いはよくわかります。
母の場合・・最終的には「いなくなった方がいい」になっちゃうとこが絶句ですが。
考えたら、やっぱり母親。いくつになっても母親なんですよねぇ。
私も捻挫しちゃったことだし・・母親として頑張ってもらうには(嫌なショートへ行くってこととか)私の言う事聞かないくらいの方がいいのかなぁ~。

でも・・怪我だけはして欲しくないですけどねぇ。
って・・自分はしちゃってるから・・流石親子でしたぁ。もって生まれた性格と、行いは・・ナカナカどうして変われませんねぇ。トホホです。
2007/ 04/ 25 (水) 15: 25: 00 | URL | 久美子。 # -[ 編集 ]
>久美子。さん
捻挫大丈夫ですかー?
確か腰も悪かったですよね。久美子。さん。
なんだか満身創痍じゃないですかv-409

>最終的には「いなくなった方がいい」になっちゃうとこが絶句ですが。

ああー、分かります。
最後にはそこに行くんですよねー。
落ち込んだ時は、母も。

「いや、誰もそんな事言ってないんだけど」
「そうならない為に、どんだけ頑張ったと思ってるんだ!」

と言わないようにするのが大変です。

お母さまの骨折。
綺麗に直りますようにv-352
2007/ 04/ 26 (木) 00: 14: 31 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。