お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケイタイの余波
2007年 02月 26日 (月) 15:04 | 編集
母が回復期リハビリ病棟に入院中
近くの病室に、二十代後半の女性が入院していました。

大学病院で、てんかんの手術を二度に分けて行い
二度目の手術から目を覚ましたら
右片麻痺になっていた、との事でした。

母が入院中、十代、二十代、三十代の患者さんが
それぞれ一人ずついたので
彼女は若い方から二番目でした。
毎日朝から晩まで病棟にいる私と
なんとなく仲良くなりました。
最後の二ヶ月間くらいでしたが。

右手は握れるけれど、一本ずつ開くのはちょっと難しい。
でもPCのキーボードをたたく練習ができる。
杖無しでもスタスタ歩けるけれど
ちょっと右足を引き摺る。
構音障害は無し。

母からすると、まるで雲の上のお仲間でした。

退院し自宅に帰って、二年以上たった今では
外から見たぶんには、ほぼ分からない程度に
回復しているのではないかと思います。
私がこちらに戻ってから、母には
ケイタイで毎日午前中に、私に電話かメールをするように
お願いしてありました。
ある日、母が言いました。

「“ 彼女 ”さんが、ケイタイを持って行って、ずーっと返してくれなかったの」

昨日、彼女が母の病室にやってきて

「ちょっとケイタイ貸して」

と言って出て行ったキリ、半日返してくれなかったそうでした。
そして、これは今回が始めてではないという事でした。

ケイタイの持ち込みは原則禁止だったので
母は表向きはナイショで持っていました。
STの先生にだけは話して、STの時間に
メールの作成方法などを教えてもらったりしたそうでした。

でも彼女は若いからか、特別待遇で
ケイタイどころかPCまでも、堂々と持ち込んでいました。
通信用のカードで、インターネットもやっていました。

母は自分で “ 返して ” “ もう貸さない ”
なんて言えません。

私は母に、STの先生に相談するよう伝えました。
STの先生は二十代の女性で
彼女も最初の頃、先生のリハビリを受けていました。

「ケイタイはお父さんが家に持って帰ったから、もう無いの」

STの先生の助言を受けて
またケイタイを借りに来た彼女に、母はそう言い
この問題は解決しました。

その後私がDoCoMoに請求した『料金明細内訳』によると
ゲームやHP閲覧などで、¥3,500ほど使われていました。
母は私への電話とメール以外、何も出来ません。

「ケイタイを使い過ぎて
 旦那さんに使用を制限されたか、取り上げられたのかも知れないね」

私は母に言いました。
彼女に使われた金額も、¥800くらいだと。
私は何万円も使用されていなくてホッとしたのですが
母はそれでも泣いていました。

「娘がせっかくケイタイを買ってくれたのに
 私の頭がパーだから、人にいっぱい使われて…」

「いっぱいじゃないから ! ちょっとだから !!
 それにケイタイ買うときも、色々オプション付けたらタダだったの !!!」

シクシク泣き続ける母に
“ もうケイタイ使わない。私にはムリ ”
と言わせない為に必死で慰めました。

お蔭様で、今でもその時の『らくらくホン』を
母はちゃんと使っています。

母の入院中、ただ一度
“ 悪意 ” とまではいかなくても
“ どうしてっ!? ”と思った出来事でした。

“ 私といろんな事をおしゃべりしたのに ”
“ 母とも仲良くしてくれていたのに ”
“ いろんな思いがあるのだろうけれど ”
“ 頭の手術をして、障害が残ったのだから
  今現在、完全に冷静ではないのは分かっているけれど “

実害は大したこと無かったのですが
私がいなくなってから、母が一人になってから
こういう事が起こってしまった。
母が自分を責めて泣いてしまった。
そのことがとても残念でした。


六ヶ月通った、リハビリ病棟のことを思い出す時
彼女の事も一緒に思い出します。

もう三十代になっている彼女。
旦那様と元気に暮しているといいなと思います。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
二十代という若さでの、後遺症はお辛いだろうと思います。しかも女性ですから。。。元気になられて、ブログとかされているといいな。前向きに生きていらっしゃることを願うばかりですね。ただ、ヒトの携帯を借りるのはどうかと。お互い患者さんなので、責めるわけもいきませんしね。入院中、PCとか出来ないのは確かに辛いだろうな・・・なんとかならないものでしょうかね。妻の大学病院では最近定められた場所でのケータイがOKになていました。




2007/ 02/ 26 (月) 22: 38: 05 | URL | タケノコ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>タケノコさん
そうですね。
ブログでも書いているといいなー。
働けなくなった事を、とても残念がっていた彼女なので。

自分で携帯もPCも持っていて、バリバリに使いこなしているのに、その上で人の携帯を使うというのは
やはり料金の事以外考えられなかったので
ちょっと凹みました。
母によくしてくれていると思っていたのでv-409
2007/ 02/ 26 (月) 23: 22: 49 | URL | wool # -[ 編集 ]
>「娘がせっかくケイタイを買ってくれたのに
> 私の頭がパーだから、人にいっぱい使われて…」

ここで涙が出ました。
ウチの母も「お母さん、頭がおかしくなった」 てよく言います。(T_T)

'彼女'さん、もしかしたら病気がそうさせていたのかもしれないけど・・。
3500円で済んでよかったけど、でも気持ちがぐるぐるしちゃいますよね。
お母様も悲しかっただろうなぁ。
2007/ 02/ 27 (火) 10: 56: 06 | URL | ネコ # r13xZNus[ 編集 ]
>ネコさん
モチロン、病気が影響していたのは確実だと思います。
普通ではあり得ないことですから。
患者同士のこういうトラブルは、私が知らなかっただけで
どこにでもあるのかも知れません。

>ウチの母も「お母さん、頭がおかしくなった」 てよく言います。(T_T)

ネコさんお母さまもですか。
コレ嫌ですよね。
そして泣かれると、もうどうしようも無い…
2007/ 02/ 28 (水) 01: 15: 28 | URL | wool # -[ 編集 ]
病院て、入院患者でも携帯もPCも禁止なんだ~
知らなかった。
その若さで携帯も持てないんじゃツライだろうけど、ちょっと後味悪い思い出かな~

その彼女さんと仲良くなったってことは、woolさんも同じくらいの歳なんだ?・・・v-17 v-433
2007/ 02/ 28 (水) 23: 00: 17 | URL | カニー # mQop/nM.[ 編集 ]
>カニーさん
ケイタイもPCも電波の関係でダメみたいでした。
だからPCもインターネットに繋がないならいいと。
でも、何故か彼女は堂々と繋いでいたし
ケイタイも廊下でガンガン使っていました。

そう…
後味が悪いんです。
病気のせいだとは分かっていてもv-390

>その彼女さんと仲良くなったってことは、woolさんも
>同じくらいの歳なんだ?

残念ながら、違いまーす。
うえ~んv-406
2007/ 03/ 01 (木) 00: 37: 55 | URL | wool # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。