お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪獣みたい
2006年 03月 07日 (火) 10:01 | 編集
口から食事もできるようにはなりましたが
母は相変わらずほとんど声が出せません。

"あいうえお"を言わせようとすると
"だ~でぃどぅ~でぇ~どぉうおぅ~"

まるで地の底から這い出てきた怪獣の唸り声です。
あまりの悪声に私が笑うと、母も声を出さずに顔だけで笑います。
私を娘だと認識し、その娘が笑うから母も笑うのです。

「声も聞けない、姿形も変わってしまったけどこの人は私のお母さんなんだ
 世界のどこにも、この人以外にお母さんはいないんだ」

私は生まれて初めて、強くそう思いました。


ランキングに参加しています。


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。