お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名前なんて
2008年 01月 23日 (水) 10:38 | 編集
うちは山の上です。
住宅街だけれども、近くに林があったりします。

子供の頃には、庭をイタチが横切ったこともあります。
夜の道路脇でキラリと光る目があり
タヌキだったこともあります。

昔と比べると、格段に家が増え
林も木々も減ってしまったけど
庭にはいろんな鳥が来てくれます。

「あっ!ヒヨが来てる!」

「スズメとケンカしてる!」
「スズメを追い払って!」

「メジロが来たー!!!」

母は硝子越しに庭を見て、いろんな事を言います。
でも私には、どれが何やらさっぱり分かりません。
どの鳥もスズメに見えます。

草木もそうです。

家の南に陣取っている大きな木が
『 榎 (えのき) 』だったなんて、この間まで知りませんでした。
大昔に死んだ、お祖父ちゃんが植えた木だって言うのに。

母の友人の家の塀の上から出ている
黄色い匂いの強い花が
『 黄梅 』 だという事も知らなかった。
初めて聞いた名前だった。

「ほら、あの…ピンクの花……言うてごらん !!! 」

庭の花の名前を、母が思い出せず
私に聞いても、私は答えられません。


「私達の親世代がいなくなっちゃうと
 いろんな事が分からなくなっちゃうね」

数年前、鎌倉のお寺巡りをした時
立派な木や綺麗に咲いている花を見ながら
友人と話した事があります。

あの頃は、自分の母親がこんな事になるなんて
夢にも思わずに喋っていました。


18で故郷を離れて、何十年も寄りつかなかったのだから。
元々自然には興味が無いんだから。
私達の世代はみんなこんなもの。

そう頭では思っているのですが
母の世代と私達の世代の、知識の大きなギャップに
戸惑う事が多い毎日です。

やっぱり長生きしてもらわなきゃ。


ゼリーさんの日記に触発されて
書いてしまいました。


<訂正ー!>
今日25日(金)
『 黄梅 』 が 『 蝋梅 (ろうばい) 』 だった事が発覚!!!


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
スポンサーサイト
名付けました
2008年 01月 04日 (金) 19:24 | 編集
あけましておめでとうございます!

全国的に寒~いお正月でしたが
みなさまお風邪など引かれていませんか?

我が家では、誰も風邪引かず、寝込まず、食あたらず
無事にお正月を迎えることができました。
ありがたいです。

弟その2も、三日間だけですが帰って来て
母も喜んでいました。
若い人がいるっていいな、とちょっと思いました。
なんとなく空気が違います。

寒いお正月だったので、初詣だけは行ったものの
あとは家にこもって過ごしたのですが
気分転換もできず、私はちょっと悶々としていて
ふと、母のピクリともしない右手をいじってみました。

椅子やベッドに腰掛けている時
母の右手は一応、膝の上の置いておくのですが
時間が経つと、滑って、股の間に入ってしまうのです。
手首までスッポリと。

女性として、それはちょっとどうなの、と思い
股の間から引っ張り出すのですが、やはりいつしかスッポリと…


『 マタスキー 』 と名付けることにしました。

母の右手を。

朝起きて、マタスキーに挨拶し
マタスキーにいってらっしゃいをし
帰ってきたら、寒かったねお帰りと言い
夜は、おやすみを言って寝ます。
マタスキー(母の右手)に。


えー、こんな母と娘ですが
今年もどうぞよろしくお願い致します。


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。