お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝-
2004年2月に脳卒中(脳出血) で倒れ右片麻痺になった母と私の七ヶ月間にわたる リハビリの記録と、それからの事。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変な人
2007年 01月 28日 (日) 20:00 | 編集
母は少し前から
自分でお米をとぐようになりました。

「お父さんが面倒くさがって、時々お米を炊いてくれないの
 買ってきたご飯はおいしくないから…」
という理由からでした。

お米をといで、水と一緒に内釜に入れるまでを母がやります。
内釜を電気釜に入れて、スイッチを押すのは父でした。

車椅子でキッチンへ行って
お米をとぐ時だけ、シンクによりかかって立ちます。
見ていると、立っている時がなんだか
危なっかしい気がして、ドキドキしました。


それに、父や私との約束では

” 一人の時は、絶対車椅子から離れない
  トイレも車椅子で行く ”

と決まっていたはずなのですが
父のいない昼間

「あっ!
 さっき歩いてトイレに行っちゃった…」

私との電話中につぶやかれた時には
首根っこをつかんで揺さぶってやろうかと思いました。
受話器から手を突っ込んで。

杖歩行に慣れてくるにつれて
少しの距離だと、杖の方が楽になって
時々、車椅子に乗るのを忘れてしまうそうです。

母はヘタレではあっても
決してチャレンジャーではないので
本当に、ついやってしまうのだと思います。

” 階段てすりでベリーロール ”
のとんでもない過去があるので
カラダがよじれるくらい心配です。


” 頭ごなしに反対してもな ”
” できる事が増えて喜んでいるのにな ”
” 私がご飯を炊いてあげられないしな ”
” 手もお金も出さない者が口だけ出してもな ”

引け目だらけで、強く出られない自分が
とても情けないのですが

「一人の時は、絶対歩かないように!」

とにかくもう1度、コレだけは念を押しました。


「歩いてないよね?」
「キッチンでふらついてないよね?」

ふと思い出しては、職場で身悶えしています。
母のせいで” 変な人 ”と言われそうです。

どこでもドアがあればなー


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ



スポンサーサイト
トクナガとか…
2007年 01月 22日 (月) 19:58 | 編集
母は去年くらいから、やっと
” 音楽でも聴こうかな ”
という気持ちになったようで
私に何枚かのCDを所望しました。

その中に
”徳永英明 ”
がありました。

母が徳永好きだとは、知らなかったのですが
「レディオがいいの」
と言うので
『壊れかけのRadio』
が入った初期のベスト盤を、夏に送っておきました。

CDを送るにあたって、自分でも聴いてみたわけですが…
よかったんです、これが。


大晦日に
” 徳永英明が紅白に出て『壊れかけのRadio』を歌う ”
という情報も、母が持っていました。

新聞に歌手の順番が載っていたので

「まだ?あとどれくらい?」
「次の次の次の次の次だよ」
「えー!」

などと言い合って、待つ時間も
楽しかったです。

そして、やっと徳永が登場して…

終わってからの母の感想は
「ヘンな歌い方しなくて、ふつうに歌っててよかったよ♪」

母が一番好きな、オリジナルのアレンジと歌い方で良かった。
という事でした。

私もそう思いました。
良い曲に良い声でした。
ごちそうさまでした。


私は井上陽水も好きなのですが
実は陽水も、私が子供の頃に母が好んで聴いていたのです。
そして、すっかり母より陽水マニアになった過去があります。

声や音楽の好みは遺伝するのでしょうか?

考えてみると
” 私がいいと言って、母もそれにハマる ”
という事は今まで無かったので
ちょっとなんだか、腑に落ちないというか
悔しいというか、複雑な心境です。

” 男の好みだけは、絶対に真似しないぞ ”
と、これはもう、子供の頃から何十年も心に誓っています。

誓い過ぎかも…


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ

反則技ナリ~
2007年 01月 11日 (木) 18:55 | 編集
帰って来ましたー。
今回は12日間の帰省でした。

母はとっても元気でした。
私は帰省した次の日に、耳鼻科に駆け込んだのに。

子供の頃によく中耳炎になって行っていた耳鼻科に
何十年ぶりに行ってみたのですが…
私が子供の頃に若先生だった人が、すっかりモウロクされていて
私の言う事も、あまり聞こえないようで
回りで看護婦さんたちが、通訳をしてくれました。

「注射する?」

とっても怖かったので、やめておきました。

帰ってから母に言うと
「お父さん先生は良かったけど、若先生の時は
 すごく注意が必要だったよ。昔から」

誰が見ても、私はおたふく風邪だったのに
若先生は、ペニシリン(?)だかなんだかの注射をしようとしたそうです。
だから母は、あわてて退却したそうでした。
ウン十年前に。

母よー。
だったら行く前に教えておくれ~


前回の帰省は一週間でした。
それくらいの日数だと、慌ただしさが勝って
あまりなんとも思わないのですが
今回のように、ちょっと滞在が長めだと
…帰り辛くてたまりません。

私が帰る二日くらい前から、母はなんとなく挙動不審になり
前の日や当日はもうあきらかに” あやしい人 ”になります。

そして今回は、バイバイの時に
初めて泣かれました。
母が家に戻ってからは、私に対しては泣かれていなかったのですが。
(弟その二が帰るときは、毎回泣いていました。心配で!)

母も自分で言っていますが
今でも薄皮を剥がすように、ほんのちょっとずつ
頭の方はクリアになり続けているようです。

だから今回初めて、私が帰る時に泣いたのかなーと。

三年前のお正月。
元気な母と最後に過ごした日。
私が実家からこちらに帰る時、母は物凄く淋しそうでした。
そして母は、挙動不審でした。
やっと三年前の母に近づいたのかなー。

去年は思わなかったことを思うようになったとか
気にならなかった事が気になるようになったとか
前は怖くなかった事が怖くできなくなったとか

母にとっては、色々苦労はあるみたいですが
きっと良い事だと思うので、歓迎です。

でも、帰り際に泣くのは反則だー!
もっと前に想像して泣いとけー!!!


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
あけましておめでとうございます
2007年 01月 02日 (火) 14:09 | 編集
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

西日本のこちらは、わりと暖かいお正月です。
元旦の昨日はお天気も良くて
母を散歩に連れ出しました。

” 毎日歩かないと体がなまるよ ! ”
と今日も午前中に連れ出したので
今は…母はお昼寝中です…

"弟その二"はもう帰ってしまったのですが
今年は初めてお土産を買って来ました。
実は"弟その二"は、携帯で連絡は取れるものの住所不定だったのですが
去年の夏からは、以前のアパートに帰っているらしく
数年ぶりに居所が掴めました。

母はその事を聞き出すと
早速"弟その二"に年賀状を書きました。弟に内緒で。
” 着いたらメールを下さいね ”
と書いてありました。

信用していないんですね~。
ま、今までが今までですから
気持ちは良く分かりますけれど。

弟たちと母のやりとりを間近で見るたび
母親と息子の関係の不思議さを、思い知ります。
息子であり恋人なんですね。


お蔭様で、穏やかなお正月を過ごしております。

母がお昼寝から起きたら
父と母と、水神様に初詣に行こうと思います。
それから母と二人で、近くのデパートの初売りにも。
スーパー牛歩なので、リハビリの一環ですが
それなりに楽しんでこようと思います。

行って来まーす!!!


↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
copyright (C) お母たまと私 -母と娘の脳卒中リハビリ日記 外伝- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。